なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
びっくりネタ

洪水に「水」で対抗…ハリケーンから家を守った方法が注目を集める

アメリカでは連続する大型ハリケーンによって、多くの家屋が洪水により破壊されました。 そんな中、「水」により洪水から自宅を守った方法が注目を集めていました。 続きを読む

ヤシガニが貝殻の代わりに『ある人工物』を使った結果「これ、完全にホラーだよ!」

日本でも沖縄や屋久島などに生息するヤシガニ。陸上の甲殻類では最大種だそうです。 名前はカニですがヤドカリの仲間で、若いうちはヤドカリのように貝殻に入って身を守ることも多いのだとか。(成体は大きすぎて合うサイズを見つけにくいそうです) 南太平洋の島で目撃されたヤシガニが、貝殻

ボーリング場で靴を借りようとしたら…店員「この日が来るのを待っていた!」と笑顔になった理由

海外のとある兄弟が、ボーリング場で「兄の靴のサイズはありますか?」と尋ねたそうです。 すると店員は満面の笑みを浮かべ、「この日が来るのを待っていました!」と興奮気味にシューズを貸してくれたそうです。 それには……ある理由がありました。 続きを読む

「26歳だけど…たった今、この真実に気づいてしまった」多くの人が知らずにいたこと

ある日、ふと何かに気づいた…なんてことが結構あるものです。 26歳にして、ある事実に気づいたとツイートしている人がいました。 それを見て、同じように気づいたという人が少なからずいたので、ご紹介します。 続きを読む

「失くした物」が思いもよらぬ場所から発見された例いろいろ

「子どもの頃のロボットのおもちゃを木の中から発見」 いくら探しても、失くした物が出てこないことってありますよね。 予想もしなかった場所から発見された、遺失物の例をご紹介します。 続きを読む

「後ろの座席から女性の足が見えているんだけど…どうすべき?」飛行機で遭遇した珍事

旅客機の座席(特にエコノミークラス)はせまく窮屈なので、少しでも楽な姿勢を取りたくなりますが、そこはやはり周囲との兼ね合いで、最低限のマナーというものがあります。 とある男性乗客が、 「後ろの席の女性の足が見えているんだけど…」と、そのときの状況を海外掲示板に紹介していました

「もうすぐ飛行機が離陸するのだけど…こんなアナウンスが聞こえてきた」不安になる写真

飛行機は運航する前に必ず整備が入り、問題がなければすぐに出発できますが、何かしら問題があると、エンジニアが修復作業を開始します。 「乗客のみなさま、テープで貼り付け次第すぐに出発します」とアナウンが入ったという、フライト直前の写真をご覧ください。 続きを読む

家を購入した夫婦が床に隠し扉を発見「宝箱が出てきた!」

家を購入した海外の夫婦。 引っ越しの整理をしていると、妻がクローゼットの床がトラップドアになっていることに気が付いたそうです。 ドキドキしながら開いてみると……箱が出てきました。 続きを読む

これは怖い…手荷物チェックのときの盗みの手口に注意

空港などのセキュリティポイントでは、こうしたX線装置に手荷物を通すのは一般的です。 受けとり場所でチェック済みの荷物を待つのですが、検査に引っかかったわけでもないのに、荷物が永遠に出てこないことがあるのです。 その恐るべき理由と決定的瞬間を、カメラがとらえていました。 続き

嵐で「回転ドア」が荒ぶって止まらない…超高速で回り続ける(動画)

トルコ・イスタンブールで激しい嵐に見舞われ、建物入口の回転ドアが、見たこともない速度で回り続けました。 動画をご覧ください。 続きを読む

「トランポリンよ、さようならー」強風で宇宙船のように飛んで行く瞬間が激写される

トランポリンは風に弱く、ときどき飛ばされることがありますが、アメリカ・アリゾナ州のこの庭にあるのは本格的な大きなタイプ。 いくら強風でもさすがに……と思っていたら、まるで宇宙船のように飛んでしまったそうです。 続きを読む

ベラルーシ人「真夏の車内にヨーグルトを放置してはならないと学んだ…絶対にだ!」想像を超えるトラブル

炎天下の車内は想像以上に熱くなるため、物を放置するとトラブルの元です。 東欧の国ベラルーシの首都ミンスクで、 「二度と車内にヨーグルトを放置しない!」と心に誓った人がいました。 なぜならある日、車を運転しようと近づいたら……。 続きを読む

「デルタ航空のナッツを食べようとしたら…期待したものと違った!」驚きの中身がこちら

こちらはデルタ航空が配付しているという、スナックの小袋。 “Lightly salted peanuts”は、 「うすしお味のピーナッツ」を意味しています。 食べようと開けてみたら、期待とはずいぶん違うものが出てきたそうです。その中身をご覧ください。 続きを読む

「マナーの悪い車が横断歩道をふさいでる…」→歩行者たちの行動が人気を呼ぶ

こちらは中米ホンジュラスの交差点。 マナーの悪い車が、横断歩道をふさいでしまっています。 それに対して歩行者たちの取った行動が、とても刺激的だと海外サイトで人気を呼んでいました。 続きを読む

「今どきの隠しカメラは…こんなことになってるの!?」絶対に気づけないと海外で話題に

カメラの小型・高性能化はどんどん進んでいますが、今どきの隠しカメラ事情はどうなっているのでしょうか。 「さすがにこの隠しカメラには気付けない!」と、海外掲示板で話題になっていたカメラをご覧ください。 続きを読む

日本の自由研究が海外で話題に「ボールペンを1本使い切るまでに描けるスマイルの数…2万9249個」

「ボールペンを1本使い切るまでに、いくつのスマイルを描けるのか?」 素朴な疑問だけど膨大な作業を必要とするテーマに、ボールペン画クリエイターの佐藤明日香さん(@satowasuka)が挑戦した結果、2万9249個であることが判明したそうです。 8月3日時点でツイッターには3

「これは不安に思うべき!? それともテキサス州なら当然だって言うの?」ドキドキする1枚

道路は多くの人が行き交うところなので、ユニークな車や人を見かけることがありますが、アメリカで変わっているレベルを超えた人が目撃されました。 テキサス州の道路上で撮影された1枚をご覧ください。 続きを読む

無力化のしかたに注目…ナイフを振りかざす男をスペイン警察が取り押さえる

スペイン国境の検問所にナイフを手にした男が現れ、現地の警官が取り押さえる事件が発生しました。 そのとき男を無力化させた手法が、合理的で手慣れていると話題となっていました。 続きを読む

「孔雀を連れてニューヨークの地下鉄に乗ってる人がいた、さらに驚くことに…」シュールな現場の写真

日本の電車に動物を連れている人はあまり見かけませんが、ニューヨーク地下鉄ではペットをバッグに入れて持ち込む人が珍しくないようです。 しかし犬や猫ならともかく、なんとクジャクを連れている人が目撃されました。 続きを読む

20歳のフィンランド人女性「Instagramの写真を信じてはいけない理由がこれよ…」自らモデルにな

まるで一般人とモデルのような違いがある左右の女性ですが、同一人物です。フィンランド人の女性Sara Puhtoさん(20歳)の写真だそうです。 加工やフィルタの類はしておらず、アングルやポーズの違いでしかありません。 彼女は「InstagramなどのSNSに掲載されている写

とんでもない名前に変更したイギリスの19歳「祖母が口を利いてくれません…」

イギリスは正式に改名しやすい国として知られていますが、ロンドン在住の青年が、2008年にとてもファンタスティックな名前に変更しました。 そのインパクトは絶大で、10年近くが経過した今も海外掲示板で取り上げられ話題となっていました。 それほどの名前とはいったい……。 続きを読

「遊園地で彼女がスマホを落としちゃった…」→その瞬間が激写される

アメリカ・オハイオ州の遊園地で遊んでいた女性が、スマホを落としてしまったそうです。 広い遊園地のこと、見つけるのは困難だと思っていたら……、偶然にもその瞬間が激写されていました。 写真をご覧ください。 続きを読む

「もしGoogleの撮影車が目の前を走っていたらどうする?」→バイク乗りの男がした行動がこちら

Googleストリートビューの景色写真は、こうしたGoogleの車が巡回して撮影しています。 近くを走行していたら、高い確率で自分がストリートビューに掲載されることになるのですが……。 バイクに乗っていた男性は驚きの行動を起こしました。 続きを読む

イギリスで車がフェンスに激突…「なんて幸運なんだ」と救急隊員を驚かせる

イギリス南部のハンプシャー州で、10代の若者が運転する車が事故を起こし、木製のフェンスがフロントガラスを貫通しました。 写真を見てもわかるとおり、運転手はひとたまりもないと思われたのですが……。 なんとかすり傷しか負っていませんでした。 駆けつけた救急隊員もびっくりの、車

「盾の壁」と呼ばれる軍隊のテクニックを使うと…小さな子どもたちでも大人に勝てる

10名ほどの子どもたちと向かい合う、2名の成人男性。 数では勝る子どもたちですが、大の大人に本気で押されたら、とても支え切れるようには思えません。 しかし「シールド・ウォール」(盾の壁)と呼ばれる軍隊のテクニックを使うと、驚くほど簡単に抑え込めるとのことです。 続きを読む

「よくネットでATMのフェイクを見るので、ためしに揺らしてみたら…おーまいがっ!?」驚きの結果に

海外のATMには、カード挿入口の上にこっそり偽物(ATMスキマー)が付けられ、利用者のカード情報が盗まれるケースが多発しています。 インターネット上でも、よく写真付きで手口が紹介されているのですが、とある海外の人物が、ためしに利用先で確認してみたところ……。 「なんてこった

アメリカ人「庭にいたら塀に突然大きな穴が開いた!」驚愕の理由

とあるアメリカ人が自宅の庭でタバコを吸っていたところ、塀にぽっかりと大穴が開いてびっくりしたそうです。 いったい何がどうなると、こんなことが起きるのでしょうか。 続きを読む

「車を運転する男の腕が…よく見るとおかしい」思わず2度見してしまう写真

こちらは海外で目撃された車。 一見変わったことはなさそうなのに、よく見ると驚くべき事実に気が付いたそうです。 なぜならば……。 続きを読む

「ここで悪いことが起きたに違いない…」気になるコンクリートの痕跡

海外の人物がコンクリート舗装された道を歩いていると、「ある痕跡」が残されていることに気づきました。 「ここで……悪いことが起きたようだ」と題された写真をご覧ください。 続きを読む

外国人「日本では魚までロボットになっているのか…クレイジーなほどリアルだ」

日本のホテルに泊まった外国人客が、「日本では魚までロボット化してるのか!」と驚いていました。 本物と見間違えるほどのリアルな動きをご覧ください。 続きを読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑