なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
アイデア発想術

アプリをつくるのに、実際いくらかかるのか?

Crew:温めていたアイデアをもとに、本格的なアプリ開発に踏み切る瞬間は、イン... 記事を読む

記憶力=暗記力ではない。伝えたいことを相手の「記憶」に残す4つのポイント

「記憶」という言葉を耳にすると、もしかしたらそれだけで「暗記」を思い浮かべるかもしれません。しかし、それは記憶という機能のほんの一部にすぎないのだと主張するのは、『記憶力が

「WIN-WIN」など目指さない? 相手を納得させる「バリュークリエイト交渉術」とは?

『なぜあの人が話すと納得してしまうのか? ―価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』(大森健巳著、きずな出版)の著者は、伝説のマーケティングコンサルタントであるジェイ・

1日10分の「じぶん会議」を習慣化して、思考を整理しよう

今回紹介するのは、『1日10分 「じぶん会議」のすすめ』(鈴木進介著、WAVE出版)。 記事を読む

「あがり症」でも緊張せずに話すための超基本テクニック

『明日から会社で使える説明力』(ひえだともあき著、秀和システム)の著者は、あがり症や緊張しやすい人のためのスピーチ練習会「キンスピ」代表を務める人物。かつては自分自身が、極

いきなりパワーポイントを立ち上げてはいけない? 「資料作成」で気をつけなければいけないこと

「資料作成は総合格闘技」だと主張するのは、『できる人が絶対やらない資料のつくり方』(清水久三子著、日本実業出版社)の著者。外資系コンサルティングファームで、コンサルタントと

商品に対する考えを一新する、聡明なハーバード大学教授の発想

人がものを買うのは「欲しい、あるいは必要だから」という考えは、部分的にしか正しくない――と言うのは、ベストセラー『イノベーションのジレンマ 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』

「論理コトバ」を使って学びなおしをすれば、数学についての苦手意識が減っていくかも

今回紹介するのは、『「伝わらない」がなくなる 数学的に考える力をつける本』(深沢真太郎著、講談社)。 記事を読む

「スベること」は怖くない? TVリポーターが明かすコミュニケーションのコツ

『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』(鈴木あきえ著、かんき出版)の著... 記事を読む

科学が教える、学習や創造に最適な時間とは

革新的な思考を導くハックやトリックやヒントがたくさんありますが、結局のところ「タイミングがすべて」だと、『The Power of When』の著者で睡眠ドクターのMich

クリエイティブな人が自分の作品になかなか満足しない理由

Inc.:実業界のリーダーやアーティストがインタビューで何か特定のプロジェクト... 記事を読む

最初のアイデ&#

富士通が開催するアイデアソン『あしたラボUNIVERSITY』の優勝アイデアをレポート。自動運転ベビーカーからスタートしたアイデアですが、優勝したときにはまったく別の形にな

「スヌーズ」を押すのは負け? パワフルに1日をスタートするための「モーニングメソッド」とは

『朝時間が自分に革命をおこす 人生を変えるモーニングメソッド』(ハル・エルロッド著、鹿田昌美訳、大和書房)の著者は、劇的な体験の持ち主です。なにしろ20歳のとき飲酒運転のト

自分は「なんのために働きたいのか」は、上司にこそ知ってもらうべき

今日紹介する本は、『1割の「できる人」が大切にしている仕事の「基本」』(中尾ゆ... 記事を読む

コンテンツは人と人をつなげるもの:クリエイティブ塾 Vol. 9 「BuzzFeed Japan」創

ライフハッカー[日本版]編集長の米田智彦が主宰する「クリエイティブ塾」は、編集... 記事を読む

「ヒップホップ」と「読書」の共通点とは? 読書習慣を定着させるために大切なこと

手前味噌ながら、きょうは僕の新刊をご紹介させてください。『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(印南敦史著、大和書房)がそれ。 記事を読む

「文春砲」はなぜ生まれる? 週刊文春編集長が明かす、企画と発想のポイント

今回紹介するのは『「週刊文春」編集長の仕事術』(新谷 学著、ダイヤモンド社』です。 記事を読む

心理学者が教えるプレゼンを成功させる12のヒント

世の中の4人のうち3人が、人前で話すことを怖いと感じています。ありがたいことに、心理学者たちが、プレゼンを成功させる簡単なコツを教えてくれています。 記事

メールの返信は一言でOK。エグゼクティブたちの時間の使い方とは?

『年収10倍アップの時間術』(永田美保子著、クロスメディア・パブリッシング)の著者は、20年以上にわたって東京にある外資系企業・合弁企業・日系企業で役員担当秘書として仕事を

夜9時をすぎたらタクシーで帰るべき? 仕事を捗らせる「逆説」の思考法

『9時を過ぎたらタクシーで帰ろう。―一流の人だけが知っている「逆説」の思考法』(中山マコト著、きずな出版)とは、ずいぶん思い切ったタイトルです。「そんなこと、できるはずがな

飛ばし読みをしてもOK? 「ゼロ秒勉強術」で効率化を実現しよう

『ゼロ秒勉強術〜最短で受かる! 世界一シンプルな試験合格法』(宇都出雅巳著、大和書房)の著者によれば、「ゼロ秒」というフレーズには4つの意味が込められているのだそうです。

ティム・クックが経営において重要視する「レーザー・フォーカス」(laser focus)とは?

世界の一流人たちの成功の秘訣は、当たり前のことを当たり前のように積み上げていくこと。これは、『世界の一流36人「仕事の基本」』(戸塚隆将著、講談社)の著者の言葉です。グロー

「こち亀」の両さんから学ぶビジネスのヒント

2016年9月、人気マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下「こち亀」)の40年にわたる長期連載が終了しました。きょうご紹介する『「こち亀」の両さんのビジネスをマーケテ

「Google Keep」でプロジェクトを手軽に管理しよう

MakeUseOf:プロジェクト管理ツールに関しては、有力な選択肢がいくつもあ... 記事を読む

孫正義が実践する「高速PDCA」とは?

『孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA―――終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術』(三木雄信著、ダイヤモンド社)の著者は、ソフトバンク社長室長と

Googleを成功に導いた「10x」という考え方

きょうご紹介したいのは、『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法』(ピョートル・フェリークス・グジバチ著、SBクリエ

問題に直面したら、まずは自分に問いかける。人生をも左右する「自問力」とは?

人は自分自身と対話し、いい結論を出すことによって、どんな悩みも解決することができる。つまり、私たちの人生は、すべて自問自答に左右されている。そう主張するのは、『人生の悩みが

勉強よりも練習を。「仕事の英語」を学ぶための心構え

今回紹介するのは、『仕事の英語 いますぐ話すためのアクション123』(河野木綿子著、すばる舎)。 記事を読む

苦手意識を捨てよう。電話応対のコツとマナーとは?

『仕事の基本とマナーで面白いほど評価が上がる本』(澤野 弘監修、井手奈津子著、あさ出版)は、ビジネスに関するさまざまな基本をわかりやすく示す「ビジネスベーシック『超解』シリ

知らず知らずのうちに間違っている可能性のある「語彙」3選

『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』(山口謠司著、ワニブックス)の著者は、それこそがなによりも重要だと感じているのだそうです。 記事を読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑