なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
AI

AIセクハラという現代問題。反映していたのは社会が生みだす価値観だ

「AIへの性的な発言は果たしてセクハラなのだろうか?」という疑問が頭に浮かんだ。なぜならセクハラは、その対象となるものに主観性がなければなりたたないからだ。また、本記事は以下の過去記事を踏まえている。... 続きを読む

病が生むジレンマ。『ギフト 僕がきみに残せるもの』に映るのはALS患者ではなく一人の人間だ

こういう音楽が好きなんですよ、Skrillexとかmarshmelloとか。かっこいいですよね 一般社団法人WITH ALS代表の武藤将胤はそう語った。彼の背後にはスクリーンがあり、流れている音楽に合... 続きを読む

あらためて読みたいWebの音楽記事 by 柴 那典(音楽ジャーナリスト)

情報の安全圏から逸脱した記事の読み方や議論の方法を試みる人が、何の記事をどう読んでいるか、知りたい。そんな疑問からこの企画が生まれた。 自らの価値観で情報を掘り下げ記事と向き合ってきた編集やライティン... 続きを読む

あらためて読みたいWebの音楽記事 by 若林 恵(『WIRED日本版』 編集長)

情報の安全圏から逸脱した記事の読み方や議論の方法を試みる人が、何の記事をどう読んでいるか、知りたい。そんな疑問からこの企画が生まれた。 自らの価値観で情報を掘り下げ記事と向き合ってきた編集やライティン... 続きを読む

あらためて読みたいWebの音楽記事 by 照沼健太 (ライター・カメラマン・編集者)

情報の安全圏から逸脱した記事の読み方や議論の方法を試みる人が、何の記事をどう読んでいるか、知りたい。そんな疑問からこの企画が生まれた。 自らの価値観で情報を掘り下げ記事と向き合ってきた編集やライティン... 続きを読む

進化する海外のLGBT音楽 ここでも取り残される日本

海外のLGBT権利運動の高まり/日本の「LGBTブーム」 この2017年、大きく見て、欧米では性の多様性を認めることはひとつの良識として定着したと言っていいだろう。自分らしく生きることをひたすらアッパ... 続きを読む

Linkin Park チェスタӦ

7月20日に突如として事件は起こった。 世界的人気バンド、リンキン・パークのヴォーカリスト、チェスター・ベニントンの突然の自殺にまだ世界中が揺れている。それが、彼自身が個人的に敬愛し、同じく5月18日... 続きを読む

「壁」は高いほうが好きだ:『いまモリッシーを聴くということ』書評

夢はいつか冷めてしまうそういうものだ デヴィッド・ボウイが亡くなってから、デヴィッド・ボウイ再評価が始まったのはびっくりした。 パンクになっていた僕にとってデヴィッド・ボウイが終わったなと思ったのは『... 続きを読む

名盤は死んだ? ノスタルジックな「リスナーの美学」と蘇生する視聴文化

2017年、私たちはどう音楽を聴いているだろうか? 家でも外でもスマートフォンを持ち歩き、気に入った曲はアプリで瞬時に再生できる。コンテンツデータが音楽消費の実権を握った今、私はスマートフォンの画面に... 続きを読む

Sampha インタビュー:音楽がクリエイションであり続けるための自由

UK新世代の音楽を代表するシンガーでプロデューサーの一人、サンファ・シセイ(Sampha Sisay)を目の前にすると、思わず時間が過ぎるのを忘れてしまう。 それは彼のライブを見た時も、イギリス人アー... 続きを読む

ヒップホップの進化? 退化? 「一発屋芸人化」するラッパーたち



ヒップホップが生まれてから40年ほど経った。時代が変われば音楽をとりまく状況も大きく変わる。1970年代にニューヨークのブロンクスで生まれたヒップホップは、さまざまなジャンルの既存の曲からフレーズ... 続きを読む

FUZE月刊化のお知らせ 7月25日 第一弾は「音楽特集」

2010年代のデジタルカルチャーメディア『FUZE』は、2017年7月25日(火)に月刊化します。 「ウェブメディアを月刊化します」と言うと、実験的ですねという反応と、毎日記事出さないのかよ、という2... 続きを読む

殺人鬼の目には何が映っているのか?「シリアルキラー展」イベントレポート

雑居ビルのエントランスを抜けて、「建物ここで合っているのかな」と思いつつ階段を降りていくと、明らかにそれまでと違う雰囲気のフロアにたどり着いた。そこは静謐な、こぢんまりとしたギャラリーだ。 ヴァニラ画... 続きを読む

映画『20センチュリー・ウーマン』 マイク・ミルズ監督来日インタビュー

75歳のときにゲイであることをカミングアウトした自身の父親の物語を描いた『人生はビギナーズ』から6年。マイク・ミルズ監督から待望の新作が届いた。『20センチュリー・ウーマン』と題された新作のモデルは彼... 続きを読む

映画はテレビをどうするか。波紋を呼ぶラインナップでカンヌ国際映画祭が開幕

映画界に大きなうねりが起きている。今年70周年を迎えるカンヌ国際映画祭には、まさしくその潮流を象徴するようなラインナップが並んだ。 カンヌ国際映画祭は名実ともに世界で最も権威ある映画祭である。第二次世... 続きを読む

現代の先入観は検索から生まれるか?日本人ユーザーが「ググる」ステレオタイプ・マッピング

「ググる」時、必ず目に入ってくるオートコンプリート。関連ワードはグーグルが認識した話題性の高さによって、常に変化している。もしもこのネットユーザーにとって「便利な機能」が、無意識のうちに私たちの固定観... 続きを読む

オートコンプリートに現れたのは、マイアミ受刑者たちの詩だった。ポエトリーハッキングから浮かびあがる検

miami inmates are believing in the unseen(マイアミの受刑者たちは、見えないものを信じている) miami inmates are a device used ... 続きを読む

攻殻機動隊からセサミストリートまで、海外エンタメのキーワード「レプリゼンテーション(represen

本記事は"セサミストリートから攻殻機動隊まで、海外エンタメのキーワード「レプリゼンテーション」とは何か"の後編となっている。前編を読んでいない方はそちらを先に読んでほしい。 『セサミストリート』は新し... 続きを読む

攻殻機動隊からセサミストリートまで、海外エンタメのキーワード「レプリゼンテーション(represen

『攻殻機動隊』のハリウッド版リメイク『ゴースト・イン・ザ・シェル』が公開された。その主人公・草薙素子がアジア人でなく白人であるスカーレット・ヨハンソンであることがアメリカで議論を呼んでいる。 オススメ... 続きを読む

シャイア・ラブーフ、無責任と放任主義のストリートアートが伝える「縁」の本質

本来人間は、リベラルな思考だけ、あるいは保守的な態度だけで生きていけるはずはなく、独りよがりの過激な思考も、最終的には他者とのシンプルな縁の関係に吸収されていくのかもしれない。 そう思わせてくれるアー... 続きを読む

視覚的なMIDIの凄み。ネットに流れる「MIDI Art Drawing」というアプローチ

音楽は耳で楽しむもの。そんな先入観に囚われていないかい? 目で見える音楽があってもいいんじゃないのか? 空調装置のノイズからドラムパターンを構築したり、タイヤやホイールを叩いた音でリズムを作ったり、... 続きを読む

SFと少女漫画の共通点は? サンダンス映画祭と「若年層向け恋愛映画2.0」に見える「記憶」

ファッションやデザインと同じように、映画にも全世界的なトレンドがある。例えば、「ヌーヴェルヴァーグ」(※1)や「アメリカン・ニューシネマ」(※2)は、映画トレンドの最たるものだ。他にも1994年にクエ... 続きを読む

SFと少女漫画の共通点は? サンダンス映画祭と「若年層向け恋愛映画2.0」に見える「記憶」

ファッションやデザインと同じように、映画にも全世界的なトレンドがある。例えば、「ヌーヴェルヴァーグ」(※1)や「アメリカン・ニューシネマ」(※2)は、映画トレンドの最たるものだ。他にも1994年にクエ... 続きを読む

「ポスト・シェアリングエコノミー」の本質ーーブロックチェーンが企業から主導権を剥奪するか

UberやLyft、そしてAirbnbは、2000年代後半に誕生したミレニアル世代のシリコンバレー・スタートアップの中でも、過去数年で飛躍的に成長し、売上と豊富な資金を集めてきた。これらのサービスは包... 続きを読む

AIへのセクハラ発言を開発者はどう定義すべきか?

ここ数年テクノロジー企業各社が、人工知能(AI)を使ったパーソナル・アシスタントを提供し始めた。代表的なものは、アップルの「Siri」、アマゾンの「Alexa」、マイクロソフトの「Cortana」、グ... 続きを読む

「AI」は声でセクハラを助長する? 「女性秘書はロボットだから」に潜む人間の危険性

「Siri」、「Alexa」、「Cortana」、「Google Home」。我々は、人工知能(AI)に性別を与えてきた。それは声だ。アシスタントとしてユーザーの言う事を何でも聞く、これらのロボット... 続きを読む

女優クリステン・スチュワートがAI(を使った)映画制作について科学論文を共同発表するまで

女優クリステン・スチュワート(Kristen Stewart)は、サンダンス映画祭で短編映画『Come Swim』を発表し、監督・脚本家としてデビューした。このアート作品は同時に、クリステン・スチュ... 続きを読む

電子音楽とクラシックの狭間に宇宙を見る。ジェフ・ミルズ×東京フィル×バッティストーニ『クラシック体感

2017年、惑星をめぐる旅。 デトロイト・テクノの創始者ジェフ・ミルズと、指揮者アンドレア・バッティストーニ率いる東京フィルハーモ二ー交響楽団のコラボレーション・コンサート『爆クラ!presents ... 続きを読む

DV夫から子供を救いたい。YouTubeで家族の場所と自信を取り戻した母の行動力

情報は力だ。FacebookやGoogleは世界中にインターネットの力で情報を届けようとしている。もちろん、彼らにとってはビジネスの展望があるわけだが、その根本には「インターネットは平等に与えられる... 続きを読む

PTSDで苦しむマイクロソフト元社員、インターネットの闇が生んだ悲惨な業務

世界中の生活基盤、ビジネスの中心になりつつあるインターネットは同時に、性的行為から暴力まであらゆる過激なコンテンツの温床となっている。すでにFacebookなど大手プラットフォームは、ユーザーが投稿し... 続きを読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑