なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
アート, メモ,

「遺跡の落書き」と「SNSの投稿」における共通点と相違点とは?

紀元79年にヴェスビオ火山の大噴火によって埋没したポンペイは18世紀半ばになって初めて発掘されました。発掘された遺跡からはたくさんの壁画が発見され、特に男女の交わりを描いた壁画が多く出土した娼婦の館などが有名で、壁画は当時のポンペイにおける人々の暮らしをうかがい知ることができる貴

「ネフェルティティの胸像」をKinectでスキャンして盗み出すことは不可能だと専門家らが指摘

2人組のアーティストがベルリン新美術館へKinectを隠して持ち込み、「ネフェルティティの胸像」を3Dスキャン、そのスキャンデータを公開するという“事件”が起きました。しかしこのデータに対して、「Kinectでは胸像の完璧なコピーを作ることはできず、公開されているスキャンデータは

ロックが禁止されていたソ連で「退廃的音楽」を入手するための「骨レコード」とは?

1945年から1989年まで44年間にわたって続いた冷戦当時、ソビエト連邦では西欧由来の音楽や芸術が「退廃的」「堕落した文化」として扱われ、音楽レコードや芸術品の輸入が全面的に禁止されていました。そんな中でも「スティリャーガ」と呼ばれた10代の若者によるサブカルチャー集団の間では

日本の税徴収に使われた200年前の古地図「近江国絵図」をスタンフォード大学がデジタル化

日本の大学や地図制作会社が日本の古地図をデジタル化して公開することがありますが、なんとアメリカのスタンフォード大学が1837年に作られたという古地図「近江国絵図」をデジタル化しました。日本の税徴収に使われた近江国絵図をどのようにしてデジタル化したのか、スタンフォード大学はデジタル

創造性はひらめきではなく「積み重ねた失敗」から生みだされる

優れた芸術作品や工業製品に触れると、「一体どのような天才のひらめきから生まれたのだろうか?」と考えてしまうものですが、「創造性は失敗によって生み出される」ことを指し示す数多くの例があります。高い品質を生み出すためには多くの失敗は不可欠であり、質を追うならば失敗を受け入れる必要があ

楽器の王様「ピアノ」を完璧に調律することが実は理論的に不可能なわけとは

クラシック音楽からポップ/ロック音楽まで幅広いジャンルで取り入れられているピアノは楽器の王様ともいわれ、18世紀に誕生して以来、多くの人々を魅了してきました。美しい音色と響き、そして豊かな表現力を持ち「完全無欠」とも思えるピアノですが、実は完璧に響き合う調律は原理的に不可能である
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑