なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
キーパーソン

ダーウィンに学ぶ「イノベーションの鉄則」4箇条

チャールズ・ダーウィンが進化のアイデアを思いついたと信じている人は多いのではないでしょうか。でも、それは間違いです。実際は、彼が登場する前から多くの人が進化について考えてい

アフリカ生まれの最上級ブランド「andu amet」に学ぶ、海外でビジネスを立ち上げる方法

巨大な市場として大きなポテンシャルを秘めるアフリカ。一般的に発展途上国というイメージがあるものの、フィンテックの分野では電子マネーの「M-PESA」や決済サービスの「Bit

若き日本人ターンテーブリストが、世界的な成功を収めるまでにやってきたこと

『BREAK!「今」を突き破る仕事論』(川内イオ著、双葉社)は、ビジネス系ニュースアプリ『News Picks』の連載「世界王者の風景」を加筆修正したもの。「絶対王者」と呼

商品に対する考えを一新する、聡明なハーバード大学教授の発想

人がものを買うのは「欲しい、あるいは必要だから」という考えは、部分的にしか正しくない――と言うのは、ベストセラー『イノベーションのジレンマ 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』

イーロン・マスクの短いツイートから学ぶリーダーシップの極意

inc.:先月(2017年3月)末、スペースX社は同社のファルコン9を再利用し... 記事を読む

非情なほど正直たれ──スティーブ・ジョブズから得た教訓

Inc.:厳しい現実の話をします。もし成功が単純だったり簡単だったりしたら、誰... 記事を読む

プロゲーマーの梅原大吾さんが1度は介護職に就き、その後ふたたびゲームの世界へと舞い戻った理由

世界各地で繰り広げられる格闘技ゲーム大会で、幾多の優勝を勝ち取ってきた、プロゲーマーの梅原大吾さん。15歳で日本一、17歳で世界一の座を獲得し、観客を魅了する圧倒的なプレイ

「スベること」は怖くない? TVリポーターが明かすコミュニケーションのコツ

『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』(鈴木あきえ著、かんき出版)の著... 記事を読む

カルロス・ゴーンがSlush Tokyoで語った4つのこと

2017年3月30日、東京ビッグサイトでSLUSH TOKYO 2017が開催されました。SLUSHは2008年からフィンランドで開催されているスタートアップの祭典です。

人口800万人の国イスラエルで起業家が育ちやすい理由

古代から文明が栄え、3つの宗教の聖地が集まる中東の国、イスラエル。日本人には馴染みの薄い国ですが、近年ビジネス面で世界中から注目されているのをご存知でしょうか? Apple

「文春砲」はなぜ生まれる? 週刊文春編集長が明かす、企画と発想のポイント

今回紹介するのは『「週刊文春」編集長の仕事術』(新谷 学著、ダイヤモンド社』です。 記事を読む

イーロン・マスクが生産性を高めるために欠かさない習慣

イーロン・マスクは、Teslaと SpaceXの最高経営責任者、SolarCityのトップとして常に大忙しです。以下、この億万長者の起業家が、自分の時間を最大限効率的に利用

南北戦争と共通している? トランプ政権の持つ特徴とは

今回紹介するのは、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争: アメリカ大統領選』(渡辺由佳里著、晶文社)。 記事を読む

ティム・クックが経営において重要視する「レーザー・フォーカス」(laser focus)とは?

世界の一流人たちの成功の秘訣は、当たり前のことを当たり前のように積み上げていくこと。これは、『世界の一流36人「仕事の基本」』(戸塚隆将著、講談社)の著者の言葉です。グロー

現在の中高生が、未来を切り拓く存在になり得る10の理由

『10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」』(藤原和博著、ダイヤモンド社)の著者は、「教育改革実践家」。 記事を読む

孫正義が実践する「高速PDCA」とは?

『孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA―――終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術』(三木雄信著、ダイヤモンド社)の著者は、ソフトバンク社長室長と

一切の電子機器を遠ざけて毎晩7、8時間睡眠を取ることが最高の時間節約術:『ハフィントン・ポスト』創設

敏腕クリエイターやビジネスパーソンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ。今回はリベラル系ニュースサイト『ハフィントン・ポスト』の創設者で、現在は新会社Thrive

「健康でありたい」という意識は世界共通。Fitbit CEOジェームズ・パーク氏インタビュー

Fitbit社のCEO及び共同創設者であるジェームズ・パーク(James Park)氏にインタビューしました。サンフランシスコ本社を訪れて見えてきたのは、健康系ウエアラブル

年老いたとしても、フラフラしてもいい。「遊行」を理解すれば気持ちも楽になる?

『遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉』(鎌田實著、清流出版)の著者は、いま68歳。ある壁にぶつかり、迷って、悩んでいるのだそうです。

常人は「仕事」で、 高潔な人は「人物」で買われる。哲学者エマソンの「仕事」に対する考え方

今回、紹介するのは、『エマソン 自分を信じ抜く100の言葉』(中島輝著、朝日新聞出版)。 記事を読む

2016年にイーロン・マスクが掲げたマスタープランの方向性

トニー・スターク(アイアンマンの主人公)のモデルになったり、人びとを熱狂させるプレゼン手腕がスティーブ・ジョブズに並び称されたりしていますが、イーロン・マスクを一言で言えば

NBAの優秀な指揮官が示した「チームファーストの精神」を浸透させる方法

Inc.:NBAゴールデンステート・ウォリアーズのクレイ・トンプソンは、30分... 記事を読む

「人生を豊かにするものに投資する」個人投資家・山口豪志さんの「投資の基準」

個人投資家の山口豪志さんは、学生時代は昆虫博士を目指していたそうです。山口さん... 記事を読む

世界最大の語学学習アプリ「Duolingo」の研究者に聞いた、外国語学習に成功する人としない人の違い

1億人以上が学ぶ世界最大の語学学習アプリ「Duolingo(デュオリンゴ)」。ビッグデータから導き出される効果的な学習プログラムに定評があり、Duolingoでの34時間の

大富豪たちの伝記から、読み解く「お金の哲学」

タイトルから想像がつくとおり、『大富豪の伝記で見つけた 1億稼ぐ50の教え』(高田晋一著、サンクチュアリ出版)のコンセプトはユニークです。ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェッ

それは、昭和の貧しい時代を生き抜く原動力。85歳の老人が明かす「和食の力」

「食文化史研究家」という肩書きには、あまりなじみがないかもしれません。しかし『ひと月1万円! 体にやさしい 昭和のシンプル食生活』(永山久夫著、CCCメディアハウス)の著者

元リッツ・カールトン日本支社長が考える、「品格」の重要性とは?

『品格を磨く』(高野登著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長として数々の実績を残してきた人物であり、ベストセラー『リッツ・カール

「何かを変える人は『ある事実』とともに生きなければならない」「自動車業界の生ける伝説」の若き起業家た

今回は「自動車業界の生ける伝説」とも呼ばれる、元ゼネラルモーターズ副会長・ボブ・ラッツ氏のインタビューをご紹介します。ラッツ氏といえば、ヒット車「シボレー・カマロ」の開発を

「考え方」を変えれば、人生が変わる。成功をつかむために意識しておくべきこと

『成功への選択』(青木仁志著、あさ出版)の著者は、長年にわたり能力開発のスペシャリストとして活動してきたという人物。これまでに34万人以上の研修に携わってきたのだそうです。

『デイリーポータルZ』の会議ではなぜ「モナカにあんこを詰める」のか? クリエイティブ塾 Vol. 7

ライフハッカー[日本版]編集長の米田智彦が主宰する「クリエイティブ塾」は、編集者としてのクリエイティブマインドを育成するワークショップです。今回のゲストは、娯楽コンテンツサ
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑