なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
サイエンス

まるで「第二の月」のように地球を回る天体の素性が明らかにされる

2016年に発見されていた天体「2016 HO3」の素性が明らかになりました。この天体はまるで月のように地球の周りを回っている「ナンチャッテの月」ともいえるものだったのですが、表面の組成や自転周期などが判明したことで人工物ではない「小惑星」であることが確認されました。続きを読む.

呼吸で心拍変動(HRV)をコントロールするとストレスに強くなる

脈と脈の間隔が短くなったり長くなったりすることを心拍変動といい、緊張状態など心拍数が多い状態だと心拍変動は少なく、逆にリラックスしている状態だと多くなります。心拍変動が多い状態だと運動のパフォーマンスが上がるほか、ストレスにも強くなると言われていますが、ウェアラブル端末の登場によ

呼吸で心拍変動(HRV)をコントロールするとストレスに強くなる

脈と脈の間隔が短くなったり長くなったりすることを心拍変動といい、緊張状態など心拍数が多い状態だと心拍変動は少なく、逆にリラックスしている状態だと多くなります。心拍変動が多い状態だと運動のパフォーマンスが上がるほか、ストレスにも強くなると言われていますが、ウェアラブル端末の登場によ

マインドフルネスや瞑想は科学的根拠が著しく乏しい

マインドフルネスはGoogleでも実践されており、「ストレスを軽減させる」「疾病のリスクが減る」と言われています。過去や未来ではなく、その時点での「自分の置かれた状況」「感情」「呼吸」に集中するというマインドフルネスは、近年の研究によって健康上の利益があることが示されていますが、

6万年前の石器時代から人は一か所に定住していたことが明らかに

南アフリカにあるヨハネスブルグ大学のPaloma de la Pena博士とウィットウォーターズランド大学のLyn Wadley博士が公表した研究の中で、約5万8000年前の石器時代に人間が一か所に定住するようになったことが示唆されています。続きを読む...

科学教育から気候変動・進化・地球の年齢など基礎的事実の項目が排除される事態が発生

論理的な考え方が求められる科学教育において最も重要なのは全ての基礎となる科学的な事実のデータであることは間違いありませんが、それらの項目が学校で使われる教科書から排除されかねない事態がアメリカのニューメキシコ州で起こっています。続きを読む...

「睡眠時間が7時間未満だと早死にしやすい」と断言する睡眠研究の権威による「いかに眠るべきか」のアドバ

より良い睡眠がより良い生活をもたらすのは自明の理ですが、どうすれば質の高い睡眠を得られるのかは、さまざまな意見や手法があり、どれを実行すべきか迷ってしまうものです。睡眠研究の第一人者であるカリフォルニア大学バークレー校のマシュー・ウォーカー教授が、「いかに睡眠を取るべきか?」につ

「我々はコンピューターのシミュレーションの中で生きているわけではない」と研究者

我々人間が生きる現実世界は実はシミュレーションに過ぎないというのが「シミュレーション仮説」で、テスラやSpaceXのイーロン・マスク氏などもこの概念に賛同しているのですが、新たに「我々はコンピューターのシミュレーションの中で生きているわけではない」と研究者が主張する論文が発表され

2017年のノーベル生理学・医学賞は体内時計を生み出す遺伝子機構を発見したアメリカ人科学者が受賞

日本人科学者による3年連続受賞も期待されていたノーベル生理学・医学賞が発表され、生きものに備わっている体内時計を生み出す遺伝子とたんぱく質による機構を発見した3人のアメリカ人科学者へと贈られることになりました。続きを読む...

ドバイの砂漠に火星の居住空間をシミュレートする都市を建造する一大計画「マーズ・サイエンス・シティ・プ

人類が進める火星探査・移住計画を後押しすべく、アラブ首長国連邦がドバイの砂漠地帯にドームですっぽり覆われた火星シミュレーション都市を建設する計画を明らかにしました。続きを読む...

ブラックホール合体で時空が揺れる重力波の検出を確認、3つの検出器による初の立体的な位置特定を実現

アメリカの重力波望遠鏡「LIGO」と、イタリアのピサ近郊に設置されている重力波望遠鏡「VIRGO」のチームは共同で、ブラックホールの合体によって時空が揺れる重力波を検出したと発表しました。続きを読む...

AIに常識を叩き込むために「Wikipediaを読ませる」と研究者

「机を食べる」や「コップを告発する」といった人間では常識的にあり得ないと考えてしまうような行動をとってしまう人工知能(AI)に常識を叩き込むため、研究者は「AIにWikipediaを読ませている」ことが明らかになっています。続きを読む...

脳は「時間」や「タイミング」をどのようにして認識しているのか?

人間は意識しなくとも常に時間をカウントしており、だからこそ「気まずい沈黙」や「おやつの時間」を認識することができます。しかし、脳がどのようにして時間を認識しているのかは、まだまだ解明されていない点が残っている状態です。一方で脳スキャンを行ったこれまでの研究から、脳の複数の灰白質が

将来アルツハイマー病にかかる人を脳のMRIスキャン画像から機械学習アルゴリズムで判別可能に

機械学習を使った画像解析技術を用いて将来、アルツハイマー病にかかるリスクの高い人を見抜くことができるアルゴリズムの開発にイタリアの科学者が成功しました。この手法による診断は、非侵襲的かつ安価に出来る上に、他の脳疾患への活用も期待されています。続きを読む...

なぜ睡眠不足でも「うつ」になりにくい人がいるのか?

睡眠とうつ病の間には関連性があると過去に行われた研究で報告されていますが、たとえ睡眠不足の状態であってもうつ症状が出にくい人が存在するのも事実。では、なぜ同じ睡眠不足の状態であってもうつ症状が出やすい人と出にくい人がいるのか?ということが、約1100人の脳をスキャンした研究によっ

制御不能状態の中国の宇宙ステーション「天宮1号」は2018年1月前後に「地球のどこか」に落ちると予測

中国が運用してきた宇宙ステーション試験機「天宮1号」が、2018年1月の前後1カ月の範囲内に地球の大気圏に突入するという最新の予測が発表されました。天宮1号は2016年に中国政府によって「制御不能」が公表されて以来、徐々に高度を落としてきており、その最終落下地点はまだ「予測できな

「0(ゼロ)」をインド人が発明した時期が定説よりも前だと放射性炭素年代測定で判明

「数学史上、最大のブレークスルー」だと言われ、その意義が高く評価される「0(ゼロ)」の発明に関して、インド人が0(ゼロ)を発明した年代が定説よりも数百年も早かったことが明らかになりました。続きを読む...

空気の泡に覆われた鉄球が水に沈むと水の抵抗が激減することを科学者が実証

水を張ったプールの中に鉄の玉を落とした時、普通は水の抵抗の力を受けることで鉄球は一気に沈まず、ある程度の速度で底へと落ちていきます。しかし、ある研究チームが行った研究では、特殊な表面処理を施した鉄球を一定の条件の下で水の中に落とすと、鉄球が泡のような空気の層に包まれることで、水の

あなたと友人は遺伝子的に似ている、なぜか?

誰にでも気の置けない友人がいるものですが、仲良くなるきっかけはさまざまです。しかし、人間は無意識のうちに「自分と遺伝的に似た人」を友人に選ぶことで、生き残ってきた可能性が指摘されています。続きを読む...

「隠れ心臓発作」を知らずに経験している人は驚くほどに多い

心臓発作はドラマの中で、登場人物が胸を手で押さえ、苦しそうな表情を浮かべながら膝をつく……という劇的な様子で描かれます。もちろん、実際の心臓発作でもこのような状況は起こり得ますが、一方で本人が気づかないうちに心臓発作を起こしていることも。静かに起こる心臓発作の症状がどのようなもの

マリファナは周期性おう吐症を引き起こす可能性がある

多くの国や地域で禁止されながらも、医療品として使われ出しているマリファナ。これまでマリファナの使用は法律で禁止されていたため研究が進んでおらず、効能についてもまだはっきりとした科学的見解が出ていないのですが、「マリファナによって周期性おう吐症が引き起こされる」という可能性が浮上し

「女性は男性よりも感情を表に出す」という特徴は本当なのか?

日本に限らず、世界の多くの国では「男性よりも女性のほうが感情を表情などによく表す」と言われているといいます。ヘタをすれば安易なステレオタイプに陥ってしまいそうなこの捉え方ですが、広範囲に行われた調査からは、なかなか興味深い結果が明らかになったようです。続きを読む...

ジカウイルスで最悪の脳腫瘍の癌細胞だけを殺す癌ウイルス療法が開発される

ジカ熱の原因ウイルスで妊婦が感染すると新生児が小頭症を患う危険性があるということで知られる「ジカウイルス」を、増殖メカニズムから治療が難しく最悪の癌の一種として恐れられる「膠芽腫」の細胞だけを狙って殺す癌ウイルス療法に活用することにアメリカの研究者が成功しました。続きを読む...

重力レンズの分析にニューラルネットワークを導入、作業は従来の1000万倍高速化

アメリカ合衆国エネルギー省所有のSLAC国立加速器研究所とスタンフォード大学の研究者が、世界で初めてニューラルネットワークを用いた重力レンズのゆがみ分析法を公開し、従来の方法よりも1000万倍も高速に分析を行えることを示しました。続きを読む...

15世紀に韓国で観察された超新星爆発の謎が21世紀に解明される

約600年前に韓国で空に輝く星が発見されました。この光はしばらくすると消えてしまいましたが、韓国の天文学者が謎の星として記録を残していました。そんな600年前の謎をコンピュータを使ったデータベース解析によって現代の天文学者が解き明かすことに成功しています。続きを読む...

歩く速度によって心疾患で死亡するリスクが変化する

約42万人の中年の人々について6年間にわたりデータを取得して調査した結果、「自分の歩く速度はゆっくりである」と考えている人は、「自分の歩くペースは速い」と考えている人に比べて心疾患で亡くなるリスクが高くなることが判明しました。続きを読む...

宇宙の彼方から届く謎の電波「高速電波バースト」が繰り返し発生していることが判明して宇宙の謎がさらに深

2007年に初めて観測された宇宙から届く謎の電波フラッシュ「高速電波バースト(FRB)」は、現代の宇宙科学における謎の一つとして数えられている現象で、その原因については「中性子星から発されたものである」というものから、「地球外生命体が発している電波だ」といったものまで多岐にわたる

エクスタシーとして知られる違法薬物MDMAが「画期的治療法」としてFDAに指定される

「エクスタシー」として知られ、違法薬物として指定されるMDMAをPTSD治療に使用するという方法がアメリカ食品医薬品局(FDA)によって「ブレークスルーセラピー(画期的治療法)」に指定されました。この治療法が承認されれば、PSDやマジックマッシュルームを治療に使うという研究も、大

鳥というか…昆虫?のように垂直な壁にとまれるドローン

Image: Createk Design Lab/YouTube ブ――――ン、ピタッ! 鳥にインスピレーションを受けて開発されたSherbrooke Multimodal Autonomous D... 続きを読む

リチウムイオンバッテリーに不可欠な金属「リチウム」を塩水ではなく岩石から効率よく採掘しようという試み

スマートフォンや電気自動車に不可欠のリチウムイオンバッテリーに必要なアルカリ金属「リチウム」を高い濃度で含む火山岩を特定することにアメリカの研究者が成功しています。偏在するリチウムによる供給不安の解消への期待が高まります。続きを読む...
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑