なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
サイエンス

初期段階のがん患者から血液検査で腫瘍由来のDNAを検出する方法が誕生

初期段階のがんを血液検査で見つける新しい方法が科学者たちの手で開発されました。この血液検査は患者の血液中から腫瘍由来DNAを検出することでがんを発見するというもので、「腫瘍から排出されるDNA」と「がんのバイオマーカーと誤解される可能性のあるDNA」の違いを区別できるという点で、

笑顔の絵文字をビジネスメールで使ってもロクなことがないことが判明

Image: Emoji Island 世界の絵文字、ビジネスには歯が立たず…。 Emojiは全地球で1日60億回使われ「人類史上最速で広まってる言語」とも呼ばれる輸出品ですが、ビジネスメールで使うと... 続きを読む

怒り・悲しみ・失望など自分の「負の感情」を否定する人はうつ病などの気分障害になりやすい

フィクションの中で「私、こんなんじゃだめだ!」と自己否定から主人公が向上する展開をよく見かけますが、自分の負の感情に関しては、必ずしも自己否定が「よりよく生きる」という結果につながるわけではないようです。最新の研究で、自分の負の感情に対してジャッジを行わず、感情を受け入れる人の方

輪っかを変形させてコロコロ進むロボット

Screenshot: ギズモード・ジャパン/YouTube 超シンプル、でも大活躍の予感!? 私たちにポケットにすっぽり収まるスマートフォン。どんどんハイテクで複雑な作りになってきています。一方、ロ... 続きを読む

8月21日に大規模な日食を迎えるアメリカ。悪質な日食メガネが米Amazonで出回り払い戻し

Image: one.Wilawan / Shutterstock.com アメリカで来週8月21日に起きる皆既日食。約40年ぶりとのことで盛り上がる一方、いくら月に覆われているといえども、太陽を長時... 続きを読む

極小のロボットを「服用」して病気を治すという研究が進行中

血中を移動して正確にがん腫瘍を攻撃できるナノロボットなど、近年、ロボットを体内で移動させて病気を治療するというナノバイオテクノロジーの研究が進んでいます。そした新たに、カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者らは、人間の髪の毛の太さほどしかない極小のロボットを飲み込んで病気を治療

発見された新種は「陸上最大のメガ恐竜」だった

Image: Eden, Janine and Jim/Flickr 史上最大の陸上動物決定! アルゼンチンで4年前に発見された6体の恐竜の化石。ついに科学者たちがこの謎の化石についての調査結論を発表... 続きを読む

古代類人猿の頭蓋骨の化石が見つかったけれど...

Image: Fred Spoor 研究とは異なる見方にも注目。 1300万年前の幼い類人猿の頭蓋骨が北ケニアの地層から発見されました。ほぼ完全な状態の頭蓋骨を発見したのはニューヨーク州立大学ストーニ... 続きを読む

MITがプログラミングでトランスフォームする折り紙を発明

Image: Tangible Media Group / Vimeo, © 2012 Tangible Media Group / MIT Media Lab 布やプラスチックにも応用できます。 膨... 続きを読む

珍しい青い花は科学の力で作れるか

Image: Science Advances 自然の中に存在する「青」色は意外に珍しいものなんです。もちろん天気が良い日は空は青いですし、海だって青いですよね。でも大多数の植物や動物は青い色素を作れ... 続きを読む

南極の氷の下から新たに91もの火山を発見、世界最大級の火山地域に

南極を覆う氷床の2km下に世界最大級の火山地域があることを、スコットランド・エジンバラ大学の研究者らが明らかにしました。続きを読む...

「社会的順位」がうつ病の原因になってしまうらしい

Image: Pixabay 社会的に地位が低いと、うつ病になるかもしれないって…!? もはや現代病と言っても過言ではないくらいに、メジャーな病気となったうつ病。年々患者数は増えており、自分がうつ病を... 続きを読む

アメリカ初の有人宇宙飛行「マーキュリー計画」をネジ1本まで完全再現したVRシミュレーター

Image: STEAM 7人の宇宙飛行士、マーキュリー・セブンの気分になれる! 1959年に始まった、アメリカ初の有人宇宙飛行「マーキュリー計画」。アポロ計画の礎を築いた、歴史的な宇宙進出の第一歩... 続きを読む

安心? 不気味? MITが発表した睡眠ステージを感知できるセンサー

Image: Shichao Yue/YouTube 医療面での今後の活躍に期待! Wi-Fiの無線信号は非常に感度が高く、いまや壁の向こうの人の動きを感知したり、個人の行動や感情を追跡したりするWi... 続きを読む

ラウンドアップ除草剤の発がん性を否定するための論文作りに製造メーカー・モンサントの科学者が大きく関与

世界で最も売れていると言われる除草剤「ラウンドアップ」の主成分は発がん性を有する、とする国際機関の発表に反論するために、ラウンドアップの製造メーカーのモンサントが、独立した専門家による委員会の作成した反論目的の論文に大きく関与し、その関連性を疑われないよう隠蔽していたという実態が

ゲームだけじゃないよ。VRがトラウマセラピーに活用される

Image: Limbix VRがエンタメから医療の世界にも。 VR(仮想現実)といえば、ゲームやエンターテインメントのイメージがありますが、これからは医療の世界でも活躍していきそうです。 シリコンバ... 続きを読む

バイブがある絶滅危惧種を救う

Image: Courtesy of Donald McKnight カメは約2億1000万年前の三畳紀後期から存在する生物ですが、淡水に住む約半分の種が絶滅の危機にひんしています。それを喰いとめるに... 続きを読む

無神論者はインモラルだと見なされやすいという研究結果

最新の研究によると、無神論者はキリスト教徒、イスラム教徒、ヒンズー教徒、仏教徒よりも簡単に悪事を働いたと疑われることが明らかになりました。また、同じ無神論者ですら、何かしらの宗教徒よりも無神論者が悪事を働いたと疑うそうです。続きを読む...

柿の種、宇宙(そら)へ

Screenshot: 小暮ひさのり/亀田製菓株式会社 まさかの宇宙食化です。 地上からはるか400km。これは日本のお菓子が、光と闇と瞬きの世界へのチケットを手に入れた物語。 お菓子の名は「亀田の柿... 続きを読む

Instagramに投稿された写真から投稿者が「うつ病かどうか」を人間の医師を上回る70%の精度で判

InstagramやFacebook、TwitterなどSNSにはユーザーのプライベートな写真が多数投稿されていますが、これらを分析し、投稿者が「うつ病かどうか」を70%の精度で特定することに成功する人工知能(AI)が登場しています。調査に関わった研究者によると、うつ状態の人の写

赤ちゃんの命を守るために、無料アプリができること。胎動カウントで死産を防ぐアメリカでの取り組み

Image: Subbotina Anna / Shutterstock.com スマホアプリで救える命があります。 REFINERY29によれば、アメリカ・アイオワ州デモイン在住、エミリー・イーコフ... 続きを読む

ボストンダイナミクスの二足歩行人型ロボット、コケざまもまるで人間だった

Image: NeAr Gaming/YouTube 笑っちゃいけないですけど、鈍臭くてかわいい。 ソフトバンク傘下のロボット開発企業、ボストン・ダイナミクスによる人間型ロボットATLAS(アトラス)... 続きを読む

就活生に朗報。NASAがエイリアンハンターを募集!?

Image: NASA リアル地球防衛軍!? NASAは「惑星保安官(planetary protection officer)」を募集中です。お仕事内容は地球と宇宙の平和を守ること。お給料は1年で1... 続きを読む

約4億円の借金から逃れるために整形する女性、そして物語だけがそこから悪化する

Image: xmee/Shutterstock ローンは返すお金です。タダで湧いてくるお金じゃありません。中国の皆さん。 近年、中国では借金の問題が大きくなってきています。というのも、2014年に個... 続きを読む

地球外知的生命体に解読されるのを期待し宇宙を漂う「ボイジャーのゴールデンレコード」を搭載したボイジャ

太陽系の外惑星および太陽系外の探査を目的とするボイジャー探査機には、いつか地球外生命体が同機を発見してくれるのを期待して、人類の文化を詰め込んだ「ボイジャーのゴールデンレコード」というレコード盤が搭載されています。このボイジャー探査機の打ち上げ40周年を記念して、NASAが地球か

地球規模で海水が循環する「海洋大循環」が温暖化の影響で弱まる可能性

地球の表面積の70%をしめる海では、数百年~1000年という規模で海水が赤道付近と極地域をまたいで循環する海洋大循環と呼ばれる現象が生じています。この海流は地球が太陽から受けた熱を一緒に循環させることで、地球の気候を穏やかにさせることにも影響があると考えられているのですが、近年の

「世界最小のチップ型衛星」が衛星軌道上に送られる

Image: Zac Manchester 大きな夢に近づく、一歩。 理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士とロシアの実業家ユーリ・ミルナー氏率いる地球外知的生命体探査計画「Breakthroug... 続きを読む

あの有名な舌を出したアインシュタインの写真が1300万円超えで落札

Image: Anna Tochennikova/Shutterstock.com アインシュタインと言えば、誰もが思い浮かべるあの顔。 アインシュタインが舌を出してるあの写真が、7月27日にオークシ... 続きを読む

超クール! 低温物理でメビウスの帯を浮かびながら走り続ける超伝導体

Image: Ithaca College Physics/YouTube グルグルグルグル…永遠に見ていられますね! 帯の片側だけを180度ヒネって繋いだメビウスの帯 。表裏が地続きで帯をなぞると終... 続きを読む

海の底に恐ろしく長生きな生き物がいた。その姿は…

Image: The Chemo III project, BOEM and NOAA OER 深海の生き物は不老不死。みなとてつもなく長生きです。 水深30mの浅瀬に棲む魚は生きてもせいぜい12年が... 続きを読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑