なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
セキュリティ

偽のオンラインストアを使ってマネーロンダリングする驚愕の手法が明らかに

ロンドンで家庭用品を提供するふりをした偽のオンラインストアにより構成されるネットワークが、インターネット賭博の支払い用窓口として使われてきたことがロイターの調査により明らかになっています。続きを読む...

「送信」ボタンを押す前に内容を取得している悪質な入力フォームが発見される

名前・メールアドレス・電話番号などを入力するフォームはオンライン上では珍しくない存在ですが、その中に、入力した情報を「送信」ボタンを押すよりも前の段階で取得しているものが少なからず存在していることが明らかになりました。続きを読む...

ネットワークカメラの映像をのぞき見るソフトが3000円で売られている

自分が家にいない間に不審者が侵入していないか、あるいは留守番中のお年寄りや子ども、ペットは問題なく過ごしているかなど、セキュリティ目的でネットワークカメラを設置している人は少なくありません。しかし、ネットワークカメラに侵入して映像をのぞき見ることができるソフトウェアがわずか300

Instagramの有名人アカウントのコメント経由でボットネットを指揮統制するという恐るべき仕組み

ウォータリングホール攻撃は、ターゲットが訪問する可能性が高いウェブサイトを危険にさらし、改ざんしたウェブサイト経由でターゲットを攻撃するという手法です。政府・公務員・外交官などをターゲットに長年サイバー攻撃を仕掛けてきたサイバースパイグループの「Turla」も、ウォータリングホー

ロシアの情報機関がアメリカの地方自治体職員122名にサイバー攻撃を仕掛けていたことがNSA機密文書か

アメリカのネットメディア・The Interceptが入手した国家安全保障局(NSA)のトップシークレット文書によって、ロシアの連邦軍参謀本部情報総局(GRU)がアメリカの電子投票用紙のメーカーに対してスパイ行為を行って従業員のアカウントに侵入し、そこから得た情報をもとに122人

Windows XPでランサムウェア「WannaCry」の被害が少なかった一因は「ブルースクリーン・

2017年5月に世界的に広がり話題となったランサムウェア「WannaCrypt(WannaCry)」について、Windows XP環境ではいち早く研究者が暗号化解除ツール「Wannakey」を公開するという対応が取られました。その過程で、Windows XP環境ではそもそもWan

ランサムウェアからWindows PCを守る10の方法

インターネットを用いる限りサイバー攻撃を受けるリスクは少なからず存在するもの。ランサムウェアを使った攻撃はサイバー攻撃全体の50%以上を占めていることが判明していますが、このランサムウェアから自分のWindows搭載PCを守るのに役立つ10個の方法をIT関連ニュースサイトのTec

ランサムウェア「WannaCry」に感染したWindows XPの暗号解読に研究者が成功、解除ツール

2017年5月初旬に見つかって世界中で猛威をふるっていることがわかっているランサムウェア「WannaCry」には20万人以上が感染していると言われています。ランサムウェアに感染するとPC内のファイルが暗号化されてしまい、戻すために「身代金」を要求してくるのですが、Windows

11歳の少年がテディベアをハッキングして「オモチャが武器になる危険性」を語る

テキサス州オースティンの学校に通う11歳の少年ルーベン・ポールくんは、オランダで開催されたサイバーセキュリティ関連の会議に参加して、数百人の聴衆を驚かせました。ポールくんが行ったのはインターネットとつながるテディベアのハッキングで、これを通してモノのインターネット(IoT)端末の

サイバー攻撃の被害は「ランサムウェア」が50%以上

「偽Windows Update発動→アップデート失敗→偽公式サポートへ電話」のフルコンボで金銭を要求したり、部屋の温度を極寒に固定して身代金を要求するなど、攻撃したデバイスの機能を制限し、解除するために身代金を要求するマルウェアの1種は「ランサムウェア」と呼ばれます。そんなラン

ロシア政府の管理下にある通信事業者が金融サービスのインターネットトラフィックをハイジャック

ロシア政府の管理下にある通信事業者・Rostelecomが、MastercardやVISAなどの金融サービスのインターネットトラフィックをハイジャックした可能性が指摘されています。インターネットトラフィックをハイジャックしたというRostelecomの目的は一体どこにあるのかを、

Appleデバイス間でメッセージを共有したくない時の設定方法

Apple製品をいくつもお持ちの人は、すべてのデバイスでApple IDを使ってサインインしているのではないでしょうか。 記事を読む

VPNについて知っておきたい4つの誤解

インターネットサービスプロバイダー(ISP)はユーザーのデータを売りたがっていて、仮想プライベートネットワーク(VPN)はそれを阻止するのにうってつけの方法です。とはいえ、

緊急警報システムがハッキングを受け土曜深夜に市内156カ所で緊急警報が鳴り響く

アメリカ・テキサス州のダラスに設置されている緊急警報サイレンが何者かによってハッキングされ、土曜の午前0時30分から1時20分まで、市内のいたるところで156個のサイレンが鳴り響くという事件が発生していたことがわかりました。続きを読む...

「2億件のiCloudアカウントを工場出荷状態にリセットされたくなければ身代金を払え」とハッカーがA

ハッカーグループ「Turkish Crime Family」が、何らかの手段で多くのユーザーのiCloudアカウントをハックし、工場出荷状態にリセットできる状態であると声明を発表しました。グループはAppleに対して「身代金」を要求しており、2017年4月7日までに支払われないと

ネットショッピングで絶対やってはいけない3つのこと

日々拡大しているウェブ通販。モノに限らず、旅行ツアーの予約やゲームのプレイ権なども「商品」として、オンラインで時間を選ばず購入できるようになりました。  一方、こういったオ

鍵をなくしたときに真っ先に探すべき場所は?

鍵などの紛失物を探す際には、「見つけるのが難しそうな場所」から探しはじめるほうが良いそうです。 記事を読む

最新レポート:サイバー犯罪者は必ずしも高度で最新の攻撃手段を使わない

Ciscoがこのほど、10回目の「年次サイバーセキュリティ・レポート2017 年版」を発表しました。報告内容のいくつかは、すべての企業の所有者、経営者、従業員にとって憂慮す

「プライバシー」をしっかり守りたい人のためのiPhone使用ガイド

プライバシーは重要な問題です。広告主や政府、企業など、以前にも増して誰もが私たちの個人情報を暴こうとしているように思えます。しかし幸いにも、iPhoneにいくつかの対策を施

100万件以上のGoogle・Yahooアカウントのパスワードがダークウェブ上で販売されている

Gmail・Hotmail・Yahoo!などから2億7200万件のメールアドレスとパスワードが流出したり、Yahooから過去最大級となる5億人分ものユーザー情報が流出したり、ロシア最大のSNSであるVKから1億件分のパスワードが暗号化されずに平文で流出したり、日本でもJTBから7

Facebookでマルウェアの感染を防ぐために気をつけること

プラットフォームが巨大になればなるほど、犯罪者に狙われやすくなります。Macにマルウェアが少ないのも、Windowsほどメジャーではないからです。すわなち、できるだけ大勢に

パスワードの使い回しや大文字小文字が混在しているかなどをチェックするお節介過ぎるパスワードチェッカー

「2016年によく使われたパスワードトップ25」を見るとわかる通り、数字の羅列や単純な単語をパスワードにしている人は多いもの。こういった簡単なパスワードでなくても、複数のサービスで同じパスワードを使い回していると、ひとつのアカウント情報が漏れたことから芋づる式に不正アクセスにあう

サイトの「HTTPS化」が世界的に進んで大きなターニングポイントを迎える

通信の内容を暗号化することでセキュアなインターネット通信を実現するHTTPSへの対応が全世界的に進められています。セキュリティ関連の専門家であるトロイ・ハント氏はこの状況について、変化の動きが急激に大きくなるティッピングポイントに達したと指摘しています。続きを読む...

Yahooがまたもやハッキングされていたことが発覚

Yahoo.com(Yahoo)は2016年9月に自社のデータベースから5億人以上のユーザアカウント情報が盗まれていたことを発表、同年12月には別件としてさらに10億人分のユーザーアカウント情報が盗まれていたことを発表しました。過去に2件の大規模ハッキングを受けていたことを明かし

Macをターゲットにした「マクロウイルス」が登場、Wordの自動化マクロを用いて個人情報を盗む

10年以上前に猛威を振るった「マクロウイルス」ですが、なんと2017年になってAppleのmacOSを狙ったマクロウイルスが発見されています。続きを読む...

米国事情:生体認証で、チケット、財布、パスポートを持ち歩かなくてよい未来がやってくる

米国の最新テクノロジー事情。空港の身分確認を、生体認証によって高速化するサービスがしのぎを削っています。 記事を読む

素人でも安全なサイトを一目で見分けるには。SSLの基礎知識

公衆Wi-Fiなど不特定多数が接続するネットワークでも、通信の秘密を守れる技術がSSLです。一般のユーザーがSSL通信をチェックする方法と、サイトの運営者がお手軽に自分のサ

絶対に入れておきたい「無料アンチウイルスソフト」10選【2017年版】

MakeUseOf:もう耳にタコができるほど聞いたとは思いますが、、アンチウィ... 記事を読む

223件もの脆弱性をトレンドマイクロの製品に見つけたと専門家が指摘

2人のセキュリティ専門家がトレンドマイクロの製品を調べて、半年の間に11の製品について223件の脆弱性を見つけていたことが分かりました。このうち194件は、ユーザーの操作によらずリモートでコードを実行可能な、重大な脆弱性だとのこと。続きを読む...

ハッカーは恐ろしいほど簡単にICカードを複製可能、特殊デバイスを使えば遠距離攻撃も可能

入退室の管理や流通における物品の経路追跡など、さまざまな分野で使用されているRFIDタグ(ICカード)ですが、ハッカーからすればいとも簡単にコピーを作れてしまいます。ビジネスやIT関連のニュースを扱うBusiness Insiderが、実際にハッカーにRFIDカードのコピーを作成
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑