なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
ソフトウェア, サイエンス,

黄色に「レモン」茶色に「モカ」など、AIは色に抽象的な名前を付けられるのか?という実験結果

赤色に「トマト」、黄色に「レモン・シフォン」など、色には抽象的な名前が付けられることがあります。これには、見分けにくい中間色を正確に見分けられるようにするという目的と、名前によって消費者に選ばれやすくするという目的がありますが、では人工知能(AI)が人間と同じように色に対して抽象

ディープラーニングを用いて「写真の見た目の特徴」を別の写真に転送してしまう「Deep Photo S

ディープラーニングを用いてベースとなる画像に他の画像のスタイル(見た目の特徴)を付与することで、新しい画像を生成することができる「Deep Photo Style Transfer」が、ソフトウェア開発プロジェクトの共有プラットフォームであるGitHub上で公開されています。続き

ガン治療に関する医療情報を「機械学習」で整理し治療に役立てるなど「医療革命」が着々と進行中

大量のデータから反復学習してパターンを見つけ出す「機械学習」がさまざまな分野で活用され始めています。MITの研究者は、機械学習にまったく縁のない医療分野に機械学習を適用することで、治療に役立てる試みを始めています。続きを読む...

糖尿病による目の病気をGoogleのディープラーニング技術は専門医よりも正確に見抜く

ディープラーニング技術の急速な進歩によって画像認識処理の精度が非常に高まっています。Googleがディープラーニング技術を活用して、糖尿病にともなう眼疾患の早期発見において、専門医を上回る成果を見せています。続きを読む...

人間のような視覚・聴覚認識力を人工知能に与えるべくIBMとMITが研究協力すると発表

人工知能(AI)の進化はめざましく、GoogleやFacebookなどIT企業をはじめとして世界中の大学や研究機関が競うように開発しています。そんな中、IBMとMITが「現実世界の映像・音声へのAIの理解を高めること」を目的に研究協力することを発表しました。続きを読む...

ガン治療にGoogleの人工知能「DeepMind」を使用する病院が登場

IT企業により開発が進められている人工知能を医療に役立てようという動きが増えています。Googleが買収した人工知能のスタートアップ「DeepMind」は、イギリスのロンドン大学病院と提携してガン治療に同社の人工知能による機械学習を取り入れることを発表しました。続きを読む...

ジャズを自動作曲する人工知能「deepjazz」、AIが作ったジャズはこんな感じ

プログラマーのJi-Sung Kim氏が36時間のハッカソンで作り上げたという自動ジャズジェネレーターが「deepjazz」です。deepjazzはPython製のディープラーニングライブラリである「Keras」と「Theano」を使用して作り上げられた2層構造の「Long sh

人工知能について今知っておくべき10の事柄

人工知能は日々進化しており、「あと10年は先」と言われていたにもかかわらず、2016年1月についにコンピューターが囲碁でプロ棋士に勝利したと報じられました。「人工知能はなぜ人類が宇宙人と遭遇しないのかを説明する」「人工知能は人類を滅ぼす可能性がある」など、一般人の予想をはるかにこ
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑