なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
ソフトウェア, ハードウェア, 乗り物,

「Appleは自動運転カー技術を開発中」とついにティム・クックCEOが正式に認める発言

Waymo(=Google)やUberなどのシリコンバレー企業を追うように自動運転カー技術の開発を進めていると見られていたAppleのティム・クックCEOが初めてインタビューでその事実を認める発言を行いました。続きを読む...

排ガス試験逃れの不正装置の疑いでGMが集団訴訟を起こされる、GMは真っ向否定で対決モードへ

ディーゼルエンジン車の排ガス試験をパスするために不正ソフトを搭載していたいわゆる「ディーゼルゲート」事件でフォルクスワーゲンは2兆円を超える巨額の制裁金の支払いに合意しました。アメリカの消費者が、「ゼネラルモーターズ(GM)も同じ不正システムを組み込んでいた」として、GMに対して

Googleがアウディ・ボルボとの提携を発表、次世代車に純正「Android Auto」システムが搭

自動車の車載システム「Android Auto」を開発するGoogleが、自動車メーカーのアウディ・ボルボとの提携を発表。アウディ・ボルボの次世代モデルにAndroid Auto端末が組み込まれることを明らかにし、端末デザインについても公開しました。続きを読む...

Waymoが初の一般市民を対象とした自動運転カーの走行テストを開始して参加者を募集中

Googleから独立してAlphabet傘下となった自動運転カー開発企業・Waymoが、一般市民を対象とした自動運転カーの試験サービスをアメリカ・アリゾナ州フェニックスで開始します。これまで自動運転カーに乗れたのは同社の社員あるいは契約開発者に限定されていて、一般の人が触れる機会

世界最速のマシンを作るF1チームのファクトリーで行われる最先端の技術開発競争の実態

60年以上の歴史があるモータースポーツの「Formula 1(F1)」は、ドライバー同士の競争の場であると同時に、世界最速の自動車を作る技術競争の場でもあります。テクノロジー系ニュースサイトのArs Technicaが、「Renault Sport Formula One Tea

完全自動運転カーの登場は「6カ月以内」とテスラのイーロン・マスクCEOがツイート

テスラモーターズのイーロン・マスクCEOが「完全自動運転機能の登場はいつになるのだろう?」という質問ツイートに対して、「3カ月以内かもしれない。6カ月以内は確実」と答えました。早ければ2017年前半に完全自動運転カーが登場することになりそうです。続きを読む...

15年以上の開発を経て実戦配備が決定した最新鋭ステルス戦闘機「F-35」、その苦難の歴史まとめ

2016年8月2日、アメリカ空軍は空軍仕様のステルス戦闘機「F-35A」が初期運用能力(IOC)を獲得し、実践への配備が可能になったことを発表しました。2001年にシステム開発実証の段階に入って本格的な開発が進められてきたF35の経緯は困難の連続で、システムがバグだらけで使い物に

「5年以内に自動運転カーの市販」を目指してBMW・Intel・Mobileyeが提携を発表

自動車メーカーBMWが、「自動運転カーを2021年までに市販する」という目標を掲げて、半導体大手のIntel、自動運転技術に活用されている画像解析ソフトウェア大手のMobileyeとの提携を発表しました。自動車メーカーの中で自動運転カーの市販時期を明確に打ち出した初めてのケースと

Googleが自動運転カーのテストドライバーを募集中、求められる条件と待遇は?

自動運転カーを開発中のGoogleは、すでに公道テスト走行を繰り返しており、今後、さらにテスト地域を増やして開発速度を高める計画です。そんなGoogleが、自動運転カーに乗り込んで試験走行するテストドライバーを募集中です。続きを読む...

アメリカ軍が開発する戦闘機「F-35」の制御プログラムはバグだらけで改修に多くの費用と時間がかかる見

アメリカ軍が中心となって開発を続けている戦闘機「F-35」は、高い戦闘能力だけでなく、地上から機体の状態をチェックできる高度なコンピューター制御装置によって維持管理費用を大きく削減できると期待されています。しかし、コスト削減効果が期待されるコンピューター制御装置はバグだらけで、バ

最新式のハイブリッド型「電子制御エアブレーキ」システムで100年分以上近代化する鉄道の世界

広大な大地に敷かれたレールの上を、先頭から末尾までの長さが1kmをゆうに超える列車が走る、そんなアメリカの貨物列車で使われている「エアブレーキ」が一気に近代化されようとしています。新たに開発が進められている「電子制御圧縮空気ブレーキ」は、従来型のエアブレーキとコンピューター技術を

バイドゥが自動運転カーの公道走行テストを拡大、数年後の市販化を目指す

中国の検索エンジン大手のBaidu(バイドゥ:百度)が、自社で開発している自動運転カー(セルフドライビングカー)の公道走行テストをアメリカで開始しようとしています。Baiduは2018年にも実際の市販車両を登場させることを目指しているとのことです。続きを読む...

Googleの自動運転カーは毎日480万kmを仮想空間でドライブし安全性をチェック

自動運転カーを開発するGoogleは2015年から公道走行試験をスタートさせて、実際の交通ルールに合わせて安全に走行できるかのテストを行っています。しかし、Googleは所有するデータセンターの能力をフル活用して、何と毎日300万マイル(約480万キロメートル)というとてつもない

Google自動運転カーで「ドライバーが思わずハンドルを握った」シーンの潜在的事故検証結果が公開され

自動運転カー(セルフドライビングカー)の開発を進めるGoogleは、自動運転カーが起こした事故などに関する月次レポートを提出していますが、2015年の年次レポートとして「Google Self-Driving Car Testing Report on Disengagement

自動運転カーを実現する開発ユニット「NVIDIA Drive PX 2」によるディープラーニングのデ

NVIDIAがディープラーニングを使って外界の様子をリアルタイムで認識して自動運転カー技術を開発できるユニット「NVIDIA Drive PX 2」をCES 2016に合わせて開催されたカンファレンスで発表しました。ディープラーニング技術を使ったデモを見れば、従来は数カ月かかった

伝説的ハッカーが自動運転カーをわずか1カ月で自作した件で「疑わしい」とテスラが声明を発表

世界で初めてiPhoneのSIMロックを解除するなど、数々の「功績」を上げてきた伝説的ハッカーが自動運転カーをわずか一か月で作り上げたということが話題になっていましたが、その際にも名前が挙げられていたイーロン・マスクCEO率いるテスラからは記事に対して「極めて疑わしい(extre
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑