なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
ソフトウェア, ハードウェア, 動画,

自分でプログラムできるArduino/Scratch互換のスマートウォッチ「watchX」

スケジュール管理やヘルスケアなど多用途に使えるスマートウォッチですが、自分に必要なアプリが登場するのを待つ必要があります。しかし、Arduinoベースのスマートウォッチプラットフォーム「watchX」では、自分が欲しい機能があるならば、それを開発してスマートウォッチに搭載すること

シャッターを押すだけでアニメーションGIFを作成してその場で確認できるカメラ「Instagif Ne

コンパクトデジカメやスマートフォンが普及する前は、写真を撮るといえばフィルムをカメラに装填して撮影して現像に出して……というプロセスを踏んでいたものですが、撮ったその場で写真を確認できる「インスタントカメラ」は、驚きをもって世間に迎えられ、中でもポラロイド社のカメラはインスタント

初心者でもロボットの形や動きをペーパークラフトのように簡単に作れる「Robogami」

3Dプリンターでパターンを出力し、ペーパークラフトのように組み立てていくことで、低コスト・短時間で作成できるロボット「Robogami」が公開されました。Robogamiはソフトウェアを使って「動き」や「形」を選ぶだけでデザインでき、速度や安定さに特化した形にすることも可能で、専

MicrosoftのMRヘッドセット「HoloLens」にディープラーニング用のコプロセッサが内蔵さ

Microsoftが開発するMixed Reality(MR)ヘッドセット「HoloLens」に、ディープラーニング処理専用のチップが搭載されることが明らかになりました。続きを読む...

Intelが激安1万円以下のUSB型ディープラーニング用端末「Movidius Neural Com

IntelがUSB接続タイプのスティック型ディープニューラルネットワーク処理用アクセラレータ「Movidius Neural Compute Stick」を発表しました。画像処理やAI技術をクラウドではなくローカル環境で手軽に開発できることが期待されています。続きを読む...

無料で3次元VR空間内に入って3DCGモデルを引っ張ったりくっつけたりしてVRコンテンツを作れるGo

Oculus RiftやPlayStation VRなどが次々と登場し、バーチャルリアリティ(VR)の世界が誰にも身近なものになってきていますが、実際にそのVRワールドを作るためには本格的な機材だけでなくさまざまな知識とスキルが必要になるもの。そんな状況を一変させ、誰でも簡単に3

DJI製ドローンのジオフェンス機能を無効化するハードウェアとソフトウェアをロシアのハッカーが作製

DJI製のドローンには、空港や政府機関などの飛行禁止区域にドローンが入り込んでしまわないためのGPS機能「ジオフェンス」や高度・速度制限などの安全機能が搭載されているのですが、この機能をバイパスしてしまうハードウェアおよびソフトウェアのModをロシアのハッカー企業が開発しています

本当に動くミニチュアサイズの「Apple II」の作り方

Appleが1977年に発表したモデル「Apple II」は、現代に続く「パーソナルコンピューター」の元祖として広く認識されており、歴史的にも非常に重要なコンピューターとされています。そんなApple IIを手のひらサイズのミニチュアにしてしまい、さらに実際に動作するエミュレータ

Googleのスマートホワイトボード「Jamboard」がついに発売、どんなことができるのかが一発で

Googleのクラウド対応のデジタルホワイトボード「Jamboard」が発売されました。従前の発表通り、MicrosoftのSuraface Hub(55インチモデル)を45%も下回る激安価格で手に入ります。続きを読む...

Microsoftがピクセル単位で焦点変更してフルカラー・ホログラムを合成できるメガネタイプの接眼デ

映画の世界でよく登場する立体映像技術のホログラムは、ディスプレイに変わる近未来の映像装置として開発が進んでいます。Microsoft研究所が発表した、メガネ型のレンズ付き端末を通すことで、ホログラフィーを出力できる技術「Holographic Near-Eye Displays」

日本発売が決定したGoogleの対話型AI「Google Assistant」搭載スピーカー型端末「

Googleが開発者会議「Google I/O 2017」で、Google Assistant対応のスピーカー型端末「Google Home」の販売国の拡大を発表し、日本でも2017年内に発売されることが明らかになりました。そして、Google Homeにも、通話機能など新機能が

GoogleがHTC Vive&Lenovoと共同でスマホもPCも不要なワイヤレスの独立型VRヘッド

GoogleがHTC ViveおよびLenovoとパートナーシップを組み、PCやスマートフォンの接続が不要なケーブルレスのスタンドアロン型VRヘッドセットを発売することが決定しました。これら2種類のVRヘッドセットは、Google I/O 2017で発表された新しいVRヘッドセッ

Amazonが音声アシスタントAlexa内蔵の激安4Kテレビ「Amazon Fire TV Edit

Amazonが55インチで649.99ドル(約7万3000円)の激安4Kスマートテレビ「Amazon Fire TV Edition」を突如として発表しました。注目すべき点はFire TV Editionが音声アシスタント「Alexa」をサポートすること。家庭内のあらゆるスマート

ドローンを1万1500回もわざとクラッシュさせてAIに飛び方を教えるという荒技を研究者らが実施

「ドローンを使ったシミュレーションと現実の間に大きな溝があるのは、研究者らがドローンのクラッシュを恐れているからだ!」ということで、カーネギーメロン大学(CMU)の研究者らがドローンを1万1500回もわざとクラッシュさせ、その録画映像データを人工知能に機械学習させることで、ドロー

Microsoftが薄型・軽量・スタイリッシュで安価なノートPC「Surface Laptop」を発

Microsoftが教育向けイベントでスタイリッシュなノートPC「Surface Laptop」を発表しました。軽量版の「Windows 10 S」を搭載するSurface Laptopは安価なモデルも用意されており、AppleのMacbookシリーズの強力なライバルになりそうで

Microsoftが軽量版Windowsの「Windows 10 S」とChromebook対抗の教

Microsoftがかねてから噂されていた軽量版のWindows「Windows 10 S」を発表しました。教育向けイベントで発表されたWindows 10 Sには、189ドル(約2万円)からという安価なノートPCが各社から用意されており、GoogleのChromebookに対抗

Microsoftの「HoloLens(ホロレンズ)」で初音ミクと現実世界でデートする強者が登場

二次元世界のアニメや漫画のキャラクターと「あんなことやこんなことをしたい」と妄想することはあっても、実際にそれを実現するために最新のテクノロジーやプログラミングの技術などを駆使してあの手この手で方法を模索したことがあるという人は少ないはず。しかし、開発者のあるしおうねさんは現実世

ごみをのせるとAIが自動識別して分別してくれるRaspberry Pi搭載の自作リサイクルロボット「

ごみの分別は人間でも間違うことがあるほどややこしいもので、「これって何ごみなんだろう……?」と迷ってしまった経験は誰にでもあるはず。そんな面倒なごみの分別を人工知能が自動的に行ってくれるという、便利な分別システムを自作した人が現れました。続きを読む...

レゴ・Raspberry Pi・電子ペーパーで往年の名機「Macintosh Classic」を復活

Appleが1990年に発表した「Macintosh Classic」をレゴブロック・Raspberry Pi・電子ペーパーの3つを駆使して現代によみがえらせた猛者が登場しています。続きを読む...

3Dプリンターの造形速度を30%高めフィラメント使用量を30%削減できる新たな出力アルゴリズム「Mi

既存の3Dプリンターの材料を変えることなく、造形スピードを30%アップさせ、フィラメント使用量を30%も削減できる出力アルゴリズム「MinFill」を3DプリンターメーカーのMakerBotが開発しました。無料の3Dプリントソフト「MakerBot Print」のバージョン2.0

「人工知能や機械学習で進化する技術と人間はどう付き合えば良いか」をGEのソフトウェア開発部門トップが

機械学習などのソフトウェア技術によって、従来とは比較にならないほどの学習ペースで人工知能(AI)技術が進化しています、ゼネラル・エレクトリック(GE)のソフトウェア研究部門担当副社長のコリン・パリス氏がPCMagのインタビューで、AIの進化によって人間の仕事がどう変わるのかについ

Amazonの音声アシスタント「Alexa」をハックして作った「骸骨アシスタント」

Amazonの音声アシスタント「Alexa」は、スピーカー型端末「Amazon Echo」に搭載されており、スピーカーに話しかけるとAlexaがあれこれ応答してくれる仕組みです。そんなAmazon Echoに反応する骸骨をDIYすることで、話しかけると骸骨がカタカタ動きながら返答

Googleとリーバイスが共同開発するスマートジャケットの価格&発売時期が判明、端末の内容も明らかに

ジーンズメーカー大手であるLevi's(リーバイス)とGoogleのATAPチームが共同開発しているスマートジャケット「Levi's Commuter Trucker Jacket」の発売時期と価格がSXSW 2017で明らかにされました。「Levi's Commuter Tru

Windows 98マシンは2017年現在でもまだ現役で使うことはできるのか?

1998年に登場したWindows 98およびその改良版のWindows 98 Second Editionは、当時としては卓越したマルチメディア性能や安定性の高さなどが評価され、Windowsにおける名作OSの一つと数えられています。そんなWindows 98は誕生からほぼ20

Amazon Dash Buttonのようにポチっとするだけで反トランプな人権団体に寄付できる装置が

メキシコとの国境に壁を作り、特定の国家からの入国制限を行う姿勢を見せるトランプ大統領の政策には、アメリカ内外で賛否両論の声があがっています。そんな中、Amazonが提供しているワンプッシュで商品が購入できるハードウェア「Amazon Dash Button」と同じように、ボタンを

Googleが「Android Wear 2.0」をついに正式発表、対応モデルはLGから2機種が2月

かねてより2017年初頭にリリースと予測されていたGoogleのスマートウォッチOS初の大型アップデート「Android Wear 2.0」が正式に発表されました。また、これにあわせて登場すると予測されていたAndroid Wear 2.0スマートウォッチが、リーク情報通りLGか

Amazonの音声認識「Alexa」は世界のIoTを席巻し「スマートフォンの次」のプラットフォームの

Amazonが販売するスピーカー型の音声アシスタント端末「Amazon Echo」は、Amazonのハードウェア史上最大のヒット作になりました。しかし、本当の大ヒットはEchoではなくその中身である音声認識機能「Alexa」によってこれからもたらされるのであって、Alexaを武器

Amazon EchoやGoogle Homeなどのホームアシスタントに自律走行機能と愛嬌をプラスし

Amazonの「Amazon Echo」やGoogleの「Google Home」のようなホームロボットに、自由に動ける足と個性豊かで愛らしい性格を追加したようなホームロボットが「Kuri」です。続きを読む...

ARMベースのプロセッサSnapdragonで動くフル機能のWindows 10登場、Win32アプ

中国・深センで開催されているMicrosoftの開発者会議「WinHEC Shenzhen 2016」で、MicrosoftはARMベースのプロセッサ「Qualcomm Snapdragon」で動くWindows 10を発表しました。スマートフォン・タブレットで使われているSoC

YouTubeのVR研究所にVRポルノの進化を待ち続ける人気司会者が突撃して最新のVR体験をするムー

Oculus Rift、HTC Vive、PlayStation VRなど、本格的なVRヘッドセットが登場してVRコンテンツ市場が盛り上がりをみせています。360度動画などVRコンテンツの開発を行うYouTubeのVR Labに、アメリカの人気司会者でVRポルノに関心が高いコナン
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑