なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
ソフトウェア, 動画,

現代のレコーディング現場に欠かせないピッチ補正ソフト「Auto-Tune」を作った数学の天才に迫る

歌手が録音した歌で少し音程がズレた部分を、後からコンピューターで補正するソフトウェア「Auto-Tune」(オートチューン)は、あらゆる意味で現代の音楽産業にはなくてはならないものとなっています。このソフトウェアを開発したアンディ・ヒルデブランド氏は音楽畑を進んできた人ではなく、

より多機能化した「Firefox 56」リリース、すぐネットで共有できる「スクリーンショットを撮る」

Windows・Mac・Linux・Android向けの「Firefox 56」がリリースされました。拡張機能や他のソフトウェアを導入しなくてもスクリーンショットが撮れる「Firefox Screenshots」機能や、見ているページ・コンテンツを簡単に他の端末との間で共有できる

Firefoxが爆速化する「Firefox Quantum」ベータ版リリース、メモリの消費量も減りC

Mozillaは2016年からFirefoxを爆速化させる次世代ウェブエンジン「Project Quantum」に取り掛かっていましたが、その成果として「Firefox Quantum」と呼ばれる高速ブラウザのベータ版をリリースしています。Firefox Quantumは1年前の

ビル・ゲイツが「当時に戻れるならCtrl+Alt+Deleteは1キーで操作できるようにする」と発言

「Ctrl+Alt+Delete」の3つのキーの組合わせは、コンピューターを再起動したりタスクマネージャーを呼び出したりする時に使われるものです。この3つのキーについて、Microsoftの共同設立者であるビル・ゲイツ氏が3つのキーの組み合わせは「失敗だった」と2013年にコメン

「Google Chrome 61」正式版リリース、JavaScriptモジュールとWebUSBのサ

Googleがウェブブラウザ・Google Chromeの最新安定版「61.0.3163.79」をリリースしました。最新版のChromeでは、JavaScriptモジュールとWebUSBのサポートが追加され、22件のセキュリティ修正も行われています。続きを読む...

VRコンテンツ開発に役立つデザイン・コードセットをまとめたGoogleの「Daydream Elem

Google I/O 2017の中で発表された「Daydream Elements」は、VR用の基本的なベストプラクティスや再利用可能なコードなどをまとめたセットで、すべての人が優れたVRコンテンツを開発できるように設計されたものです。そんなDaydream Elementsで使

「ディープラーニング」や「ニューラルネットワーク」をできるだけ簡単かつわかりやすく解説するムービー

人工知能(AI)関連の話題で頻出するワード「ニューラルネットワーク」および「ディープラーニング」について、何がどのように動作しているのかを簡単かつわかりやすく解説するムービー「How Does Deep Learning Work?」がYouTube上で公開されています。続きを読

メモ用紙に指で描いた図形をすぐ3DCG化できるApple「ARKit」の恐るべき潜在能力がわかるムー

iOS 11からiPhoneのカメラで空間を認識して簡単にAR(拡張現実)を実現できる「ARKit」が導入される予定です。そんなARKitで、メモ用紙の上に指で3Dグラフィックを描くデモムービーが公開されています。続きを読む...

「Firefox 55」正式版がリリース、WebVRに対応しパフォーマンスも劇的に向上

ウェブブラウザ「Firefox 55」の正式版(デスクトップ版/PC・Mac・Linux向け)がリリースされました。今回のアップデートで、ソフトウェアをインストールすることなくウェブ上でVRコンテンツが楽しめるようになる「WebVR」が標準サポートされるようになり、大量にタブを開

「ディープラーニングとは何か?」を初心者でも分かりやすく実例を含めて解説するムービー「Introdu

画像認識、言語翻訳、人工知能などの分野で活用されている「ディープラーニング」について簡単に解説するムービー「Introduction to Deep Learning: What Is Deep Learning?」をMATLABがYouTubeで公開しています。ムービーではディ

Adobeが超絶役立つPhotoshop初心者向けのチュートリアル動画集「3, 2, 1… Phot

Photoshopはウェブデザインにおいてトップクラスの画像加工ソフトウェアであり、初心者から多くのプロフェッショナルにまで愛用されています。その機能が多岐にわたるため、専門家でも全機能を自在に使いこなすのは難しいほどなのですが、Photoshopの提供元であるAdobeが初心者

AIを現実のものとする「ディープラーニング」の歴史はどこから始まったのか?

近年急激な発展を遂げたAI(人工知能)技術はコンピューター技術の発展が欠かせないものでしたが、実は意外と思えるほど古い時代からその概念が提唱されていました。そんなAIとそれを可能にするディープラーニングの歴史をムービー「History of Deep Learning」が振り返っ

オフラインのAndroid端末同士でもデータ転送ができる「Nearby Connections AP

Androidで利用可能な、今いる場所に応じてスマホにインストールすべきアプリやウェブサイトを提示する「Nearby」の「Nearby Connections」APIをGoogleが刷新し、オフラインでも利用できるようになりました。続きを読む...

DeepMindが「前進せよ」という指令だけで自分で学んで不気味な動きで突き進むAIフィギュアのムー

人工知能を研究するGoogle傘下のDeepMindが、強化学習を用いてAIに障害物をクリアする術を自己学習させた成果を論文「Emergence of Locomotion Behaviours in Rich Environments」として発表しました。棒状のパーツからなるフ

「Google Chrome 59」正式版リリース、ヘッドレスモードやフルページ撮影、アニメーション

Googleがウェブブラウザ・Google Chromeの安定版「59.0.3071.86」をリリースしました。このバージョンでは、通常のインターフェースなしにGoogle Chromeを実行する「ヘッドレスモード」がサポートされているほか、設定画面がマテリアルデザインへ一新され

人間ではなくアルゴリズムが投資判断をする「クオンツ」がウォールストリートを支配する

金融工学はコンピューターサイエンスと結びつき、ウォール街のトレードの多くを人間ではなくコンピューターが行う時代になっています。金融の世界で主役に踊り出た、トレードを行うコンピューターのアルゴリズムを構築する「クオンツ」について、ウォール・ストリート・ジャーナルが分かりやすいムービ

ネット上の画像・ムービーから機械学習アルゴリズムが全自動で3Dモデルを作る恐るべきプロジェクト「Va

「機械学習」技術によって画像やムービーなどの大量のデータを処理して、3Dモデルを作ることが可能です。チューリッヒ工科大学の研究チームは、SNSを中心としたインターネット上に公開されている写真やムービーのデータから都市の3Dモデルを構築するというプロジェクト「VarCity」を立ち

Googleフォトが進化、自動でシェアすべき人や写真を選択&フォトブックの作成などが可能に

Google I/O 2015にて発表された「Google フォト」は2年間でユーザーに浸透し、2017年時点では毎月5億人もの人が使用、1日あたり12億もの写真やムービーがバックアップされています。このGoogle フォトが進化し、Google I/O 2017では、3つの新機

カメラに写った被写体の情報を表示して翻訳やWi-Fiパスワード認識まで可能な新機能「Google L

カメラを被写体に向けると「目の前にあるのは何か」ということを認識してユーザーに教えてくれる新機能「Google Lens」が、Google I/O 2017で発表されました。続きを読む...

ARM版Windows 10がx86版Windows 10とほぼ同じサクサク具合で快適に動くデモ公開

フルスペックのWindows 10をARMプロセッサで動かす「ARM版Windows 10」をMicrosoftが発表してから約半年が経ちましたが、アメリカ・シアトルで開催中の開発者会議「Build 2017」で、ARM版Windows 10の仕組みの解説と実機デモがビデオメッセ

子どものスマホに保存されたいかがわしい画像を検出、即座に親に通知するアプリ「Gallery Guar

子どもたちがスマートフォンでどんな画像を共有しているのかを親は知るよしもありません。わいせつ画像やセクスティングなどで子どもが被害を受けるのを防ごうという目的で、子どもが保存した画像をすべてチェックして「いかがわしい画像」「不適切な画像」を検出すると、即座に親のスマートフォンに通

画像を塗りつぶした部分に一瞬で自然な画像を補完する技術を早稲田大学の研究者が開発

早稲田大学の研究者が、ディープネットワーク(畳み込みニューラルネットワーク)を用いた画像補完技術「Globally and Locally Consistent Image Completion」を公開しました。既存の画像補完技術とはレベルの違う精度を見せつけています。続きを読む

「Google Chrome 58」はIndexedDB 2.0やフルスクリーン版プログレッシブウェ

Googleがウェブブラウザ・Google Chromeの安定版「58.0.3029.81」をリリースしました。新機能追加のほか、脆弱性修正が29件行われています。続きを読む...

Microsoft EdgeはCreators Updateによってさらに消費電力が低下、Chrom

Windows 10の大型アップデート「Creators Update」では、ウェブブラウザのMicrosoft Edgeにもいろいろな改良が施されました。もともと「消費電力が少ない」という特徴があったのですが、改良によってChromeやFirefoxとの差がさらに広がったことが

Windows 10の大型アップデート「Creators Update」で追加されたクリエイターだけ

2017年4月12日からWindows 10のメジャーアップデート「Windows 10 Creators Update」の一般配信が始まっています。大型アップデートということで、従来のWindows Updateの更新とは違い、さまざまな新機能が追加され、ますますWindows

まるで人工知能がLSDを使って「ボブの絵画教室」を見ているかのようなムービー

Googleが作成した人工知能「DeepDream」は、画像から少しでも見覚えのある物体を見つけ出し、それを再構成・出力するというものですが、作られる画像が「悪夢のようだ」と一時期話題となりました。エンジニアのアレクサンダー・リーベン氏は、そんなDeepDreamのようにAIを使

AdobeのAIと機械学習が自撮りを改造して最適化してくれる

アイコン用の写真などを撮影するために自撮りしたところ写りが悪くなってしまい何とかマシにしようと加工アプリなどを使ってみるもどんどん悪化する……という事態をなくすべく、Adobeが自撮り写真をよりよく改造する技術を研究中です。AIと機械学習を用いることで、ユーザーはスライドを動かし

社員全員が世界各地でリモートで働く「GitLab」はなぜ創業2年で160人まで規模を拡大できたのか?

Gitベースでソースコードを管理するGitHubは、ソースコードが公開されていることから企業での利用が難しいという面があります。このため、自前のサーバー環境でGitを使える「GitLab」の企業での利用が拡大しています。急成長中のGitLabですが、社員全員がバラバラのリモート環

8×8ピクセルに縮小した画像から元の画像を予想する技術をGoogle Brainが開発

ディープラーニングについて研究するGoogle Brainが、高解像度画像を8×8(64)ピクセルに変換した画像から元の画像を推測する技術「Pixel Recursive Super Resolution」を発表しました。続きを読む...

人工知能を人間の脳に融合させる「neural lace」についてイーロン・マスクが近々発表か

テスラやSpaceXを率いるイーロン・マスク氏は、人工知能(AI)が人類に与える影響について警鐘を鳴らすなど、AIに対する関心が高いことで知られています。そのマスク氏がかつて提唱した人間の脳とAIを直接結びつける「neural lace」について、新たな発表を行うことを示唆しまし
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑