なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
Amazon

自撮りは飛ばす時代になるのだろうか? スマホサイズのセルフィードローンがついに登場

Image: Amazon 自撮り棒は過去のものへ? なっていくのでしょうか。以前の記事でもレポートした、自撮り用小型ドローン『AirSelfie(エアーセルフィー)』がついに発売間近となり、Amaz... 続きを読む

DJIの小型ドローン「Spark」レビュー:200g超えに納得できる、守備範囲が広いパワフルな1台

Photo: 武者良太 ただし買うなら、悪いことはいいません。Spark Fly More コンボ一択です。 ハンズフリーセルフィーを実現しようとしているDJIから出た小型ドローン「Spark」。同社... 続きを読む

心停止の救急患者を助けるなら、救急車よりドローンのほうが早い

Image: Es sarawuth/Shutterstock.comイメージ画像 ドローンvs救急車。 時限爆弾のように1秒が大きな差を生むことになる心停止。生存率を高める1番の方法はとにかく早くA... 続きを読む

新型「Spark」でDJIが小型ドローン界に参入。ジェスチャーで操作できるパームコントロールがスゴか

image: 武者良太 ウチのMavic Pro、ちょっと色あせたような。そんな思いを隠しきれません。 ちょうど先日、海外でお披露目された小型ドローンの「Spark」。今回DJI JAPANでも発表会... 続きを読む

300gの空飛ぶデジカメ。DJIから新小型ドローン「Spark」が離陸します

image: DJI Store 重量は300g、日本の規制重量は200g。残念だけど、室内でも飛ばしやすいと考えればいい? 予告どおり、DJIから新型ドローン「Spark」が発表されました。見たと... 続きを読む

DJIの新ドローン「Spark」、日本時間5月25日(木)0:30に発表か! #SeizeTheMo

DJI:http://live.dji.com/ a littleでBIGGERですか。ですね。 DJIが新製品の気配を匂わせるティザーサイトを公開しました。ニューヨーク時間で5月24日(水)の11:... 続きを読む

水中ドローン「PowerRay」が日本上陸。海のなか丸見えで魚釣りしてみたくない?

The future of drones isn't in the skies. It's in the ocean.(ドローンの未来は空じゃない。海にある) これは米Gizmodoのエディター、A... 続きを読む

紙飛行機を折ったあの頃の夢「これに乗って自由に空を飛び回りたい」が現実に!? アタマを振って右に左に

しかもカメラ付き! 空への憧れを持ったことはありませんか。コックピットから自由な空を眺めつつ右に左にコントロールできたらなーと、脳裏にパイロット姿の自分を思い浮かべながら、紙飛行機を飛ばしませんでし... 続きを読む

もしドローンに雷が落ちたらどうなる?

意外な結果に。 空をふわふわと漂うドローン。普通は晴れた日に飛ばしますが、操縦中に急に曇ってきて、さらに雷に打たれるなんてこともある…かもしれません。そんな悪夢を、Tom Scottさんが実験室にて... 続きを読む

空飛ぶ1億画素の目。中判デジカメを舞わせるDJI×ハッセルブラッド

ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田か。それともスタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディか。最強タッグと呼ぶにふさわしいプロダクツです。 カメラメーカー ハッセルブラッドの株主であるDJIは、2016年7月... 続きを読む

空を飛びたいなら「Mavic Pro」と「DJI Goggles」で疑似プレイ

ヘッドトラッキングで、機体のヨーとカメラのチルトをコントロールできると! ドローン用ヘッドマウントディスプレイ「DJI Goggles」が登場しました。Mavic Proのカメラが捕らえた映像をワイ... 続きを読む

飛ばないMavic Proはただの...ではなくビデオカメラになる手持ちリグ

地上でも活躍する機体になるとは。 DJI各製品やGoProのアクセサリーを作っているPolarProから、カメラ付きドローンの存在意義を疑わないといけないアクセサリーが登場です。KARMA...じゃ... 続きを読む

映像が浮く、そして飛ぶ。世界初の「球体浮遊ドローンディスプレイ」登場間近

未来感、すごいことになっています。 自身に映像を投影するデバイスを浮遊させる。なんて聞くと、CGアニメーションや近未来SFの世界的な発想ですが、はやくもそんな試みが現実のものになろうとしています。N... 続きを読む

空中撮影だけじゃない? 手持ちでドローン撮影した映像もわるくない

これだけ走っても、この通り。 ブレの少ないスムーズな映像が撮れる撮影機材のステディカムは、しっかりとしたものなら数十万円とお値段もご立派。それならば、と型破りでゲリラ的な映像制作に挑んだのは、ブラジ... 続きを読む

監視カメラ大国イギリス、警察が「ドローンカメラ部隊」導入を検討中

視線を感じて振り返れば…ドローンカメラ! なんてね。 イギリスは監視カメラ社会が非常にすすんでいます。カメラの存在については良いところ、悪いところ、賛否両論あるでしょうが、そんななか検討されているの... 続きを読む

「いまのドローンはスマホ黎明期と似ている」ドローンパイロット・高宮悠太郎インタビュー

iPhoneの登場から今年で10年。 今やスマートフォンが当たり前の時代となりました。それと同時にデジタルネイティブならぬ「スマホネイティブ」が社会で活躍し始めています。スマートフォンはどのように生... 続きを読む

アイデアは斬新、でもちょっと残念。スマホと一体化するポケットサイズのセルフィードローン「AirSel

つぎに期待。 クラウドファンディングサイトKickstarterで約6900万円(約574,500ユーロ)を集めたポケットサイズのセルフィードローン「AirSelfie」。昨年末にギズモード ・ジャ... 続きを読む

ついに雨具界にイノベーションが。傘を持ってくれるドローンが開発中

両手に大荷物の時は本当にありがたいかも。 雨具ってあんまり進化していない気がするんですよ。世の中には車、飛行機、宇宙ロケット、インターネットなんてものが次々に登場しているのに、雨具は何百年も前から傘... 続きを読む

ついに雨具界にイノベーションが。傘を持ってくれるドローンが開発中

両手に大荷物の時は本当にありがたいかも。 雨具ってあんまり進化していない気がするんですよ。世の中には車、飛行機、宇宙ロケット、インターネットなんてものが次々に登場しているのに、雨具は何百年も前から傘... 続きを読む

トラはドローンがお好き

どうやら"いわくつき動画"だったみたいです。 雪のなかを走りまわるアムールトラの空中撮影を試みてドローンを飛ばしたのは、中国の国営テレビCCTV(中国中央電視台)。 一方で、突然現れたナゾの飛行物体... 続きを読む

未開拓のフロンティア、海底の神秘に挑むロボットコンテスト迫る!

火星への移住など、宇宙開発の夢が膨らむ一方で、私たちが暮らす地球の海底は、ほとんど手付かずの神秘の世界にとどまっていました。自律的な水中探査技術の飛躍的な進化により、ようやくこの未開拓のフロンティア... 続きを読む

UPSの新ドローン、晴れ舞台でクラッシュしかける…。ドローン配達の実用化はまだまだ先?

緊張しちゃったのかな? AmazonやFedEx、DHLといった配送会社がこぞって開発を進めているのが無人配送ドローンです。荷物が空を飛んで届けられるなんて夢がありますよね。しかしこれまで公開されて... 続きを読む

ドローン撮影のダム放流シーンがまるでブラックホール

操縦ミスしたら終わり。 ダムに過剰に水がたまらないように、必要に応じて行なわれるのが放流作業。堰を切るとの言葉通り、どぉぉぉぉおおおお!っと水が溢れる様子は、ものすごい迫力です。ダムって、横から滝の... 続きを読む

大丈夫? 空中で火を噴くドローン、中国で高圧送電線の周囲に飛来運用中

そのうち治安維持に用いられたり? 一昔前であれば、ドローンという言葉さえ知らない人も多かったのに、すっかり世界各地で普及してきました。しかし、単なる趣味の領域を超え、やや心配になってしまう用い方も広... 続きを読む

世界中でハチが激減。そこで、ドローンに受粉させてみました

とつぜんですが、世界中のハチが激減しているそうです。 IPBES(国連機関の生物多様性及び生態系サービスに関する政府間プラットフォーム)が発表した最近の調査によると、人間の食べ物のうち、ハチ、チョウ... 続きを読む

今すぐ始めたい!圧巻のプロ技術を魅せる超高速ドローンレース動画

TRON×クィディッチ⁉︎ 超高速ドローンレーシング。 ドローンを操作したことがありますか? ラジコンに慣れている人はすぐに操れるかもしれませんが、初めて操作する人にはちょっと難しい。でもどんな世界... 続きを読む

期待を裏切らないドバイ。7月から自律飛行ドローンが人を運びます

1人乗り、荷物込みで117kgまで。 ギズモード読者の皆様なら、ドバイと聞けば「お、また何か破茶目茶なことしたかな」と自然と期待してしまうのではないでしょうか? これまでもドローンレース世界大会開催... 続きを読む

ドローンでミッドナイトランディングを実現する電飾つき離発着用マット

足元から、抜かりなし? 夜間飛行の許可を取ったとしても、クルマのヘッドライトや撮影用照明機材で離着陸場を照らさないとならないんですけどね。 ドローンの練習用に、そろそろドローン用のエプロン(離発着用... 続きを読む

PTSDで苦しむマイクロソフト元社員、インターネットの闇が生んだ悲惨な業務

世界中の生活基盤、ビジネスの中心になりつつあるインターネットは同時に、性的行為から暴力まであらゆる過激なコンテンツの温床となっている。すでにFacebookなど大手プラットフォームは、ユーザーが投稿し... 続きを読む

LEGO、空を飛ぶ。ミニサイズのレゴドローン発進

以前紹介したモデルよりも小さくて可愛い! 限られた室内空間でも自由に飛ばせるサイズ、アンダー200グラムゆえに屋外でも(気流の影響はハンパなく受けるでしょうが)フライトが楽しめるドローンのキットが「... 続きを読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑