なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
ハードウェア,

Intelが第9世代Coreプロセッサー「Ice Lake」を正式登録、前倒し投入されるCPUの内容

AMD Ryzenという強力なライバルの登場で、CPUのロードマップの変更を余儀なくされているIntelが、新たに第9世代Coreプロセッサーとなるコードネーム「Ice Lake」の存在を明らかにしました。プロセスルールの微細化と機能向上を繰り返す「チック・タック」がすでに「チッ

スマートロックがアップデート失敗で解錠不可となる最悪の事態が発生

Airbnbも利用を推奨しているWi-Fi接続型のスマートロック「RemoteLock LS-6i」が、ワイヤレスで行われたファームウェアアップデートの失敗が原因で、一部のユーザーがドアのロックを解除できなくなるという問題が発生しました。続きを読む...

5年以内に世界には44兆個のカメラが存在する社会になるという予測

スマートフォンの爆発的な普及、IoT機器の登場、走り始めた自動運転カーとともに世の中に広まっているのが、それらの機器に搭載されているカメラです。ある調査によると、今から5年後の2022年には世の中に44兆個ものカメラが街中にあふれることがわかっています。続きを読む...

Intelが1ペタバイト(1000TB)のサーバー用SSD「Ruler」を発表

Intelがエンタープライズ向けのSSDを発表しました。その中に、ラックサーバー向けの1Uサイズで最大容量1PB(1000TB)を実現するケース規格「Ruler」が含まれています。続きを読む...

「AMD Ryzen Threadripper 1950X」は「Intel Core i9-7900

2017年8月10日に発売されるAMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」について、発売目前にベンチマーク結果がリークされています。ライバルであるIntelのハイエンドCPU「Core i9」を40%以上上回るという驚きの結果が出ています。続きを読む...

IntelのCore Xシリーズのフルスペック正式発表、最上位のCore i9-7980XE発売が前

Intelがハイエンドデスクトップ向けCPU「Core X」シリーズのフルスペックを発表。周波数や価格、発売時期などが明らかにされました。最上位モデルのCore i9-7980XEの登場は当初の予定よりも前倒しされるようです。続きを読む...

リチウムイオンバッテリーを使った「蓄電池市場」は一体どれぐらいの規模になっていくのか?

リチウムイオンバッテリーの価格は2012年から70%も減少した結果、リチウムイオンバッテリーなどのバッテリーを使ったエネルギー貯蔵市場が著しい成長を続けています。さらに今後のグローバルエネルギー貯蔵市場の規模は、2017年の約4ギガワットから2025年までに52ギガワットに達する

リチウムイオン電池よりも安価で安全なアルカリポリマー電池の製造プロセス開発に成功したとIonic M

スマートフォンやノートPC、電気自動車などのハイテク製品はリチウムイオンバッテリーの普及によって実現されています。しかし、リチウムイオンバッテリーにはメリットと同時に多くのデメリットもあるため、代替バッテリーの必要性が叫ばれています。アメリカのIonic Materialsが、リ

ユニクロが衣料品用の自販機を空港に設置、一体何を売るのか?

ユニクロが、衣服を売る自販機をアメリカの空港に設置しました。斬新な販売スタイルは、アメリカ市場で苦戦するテコ入れになるのか、注目が集まっています。続きを読む...

ユニクロが衣料品用の自販機を空港に設置、一体何を売るのか?

ユニクロが、衣服を売る自販機をアメリカの空港に設置しました。斬新な販売スタイルは、アメリカ市場で苦戦するテコ入れになるのか、注目が集まっています。続きを読む...

330TBもの超大容量でSSD・HDDよりコンパクトな手のひらサイズ「磁気テープカートリッジ」をソニ

SonyとIBMが1平方インチあたり201Gbの容量を持つ新しい磁気テープシステムを開発しました。理論容量は手のひらサイズの単一のカートリッジで330TBとなり、既存のSSDやHDDより大容量の記録メディアを実現しています。続きを読む...

Amazon Echoは盗聴器に改造することが可能

セキュリティ専門企業のMWR InfoSecurityによると、2015年・2016年版のAmazon Echoに設計上の脆弱性が報告されており、悪意ある攻撃者がLinux OS上でルート権限を取得しシェルにアクセスしてマルウェアをインストールすることが可能とのこと。これによって

買い物中の嫁が夫を格納しておく「ダンナ保存ポッド」が登場

女性の買い物に付き合うことに疲れてしまい、手持ち無沙汰になっている男性の姿を見かけることが多々あります。そんな男性を入れておけば、ゲームやネットをしながら有意義に時間を過ごせる「Husband Storage Pods(ダンナ保存ポッド)」が中国のショッピングモールに導入されてい

iPod nanoとiPod shuffleの製造ライン停止、およそ12年にわたる歴史に幕

iPod classicの製造中止から3年が経過した2017年になり、iPod shuffleとiPod nanoの製造も中止となることが明らかになりました。続きを読む...

USBの新仕様「USB 3.2」は対応端末ならマルチレーン動作可能で最大速度はUSB 3.1の2倍に

USB 3.0 プロモーターグループが、「USB 3.2」の仕様を発表しました。転送速度は通常のUSB 3.0よりも高速になり、最大なら10Gbps×2の転送が可能になるとのこと。USB 3.1が10Gbpsなので、単純な数字でいうと2倍の速度が出るといえます。続きを読む...

MacBook Proの一部のモデルが新型モデルに交換してもらえる

Appleはバッテリーの弱ってきた端末に向けてバッテリー交換サービスを提供していますが、4、5年前に製造された一部のMacBook Pro用の交換バッテリーが不足しており、代替策としてより新しいMacBook Proへの交換を行っていることが明らかになっています。続きを読む...

あの「Google Glass」が2年の沈黙を破って販売拡大を発表

Google Glassを早期導入するための「グラスエクスプローラープログラム」が正式に終了してから早くも2年半が経過し、Google Glassはこのまま幻の端末として記憶の彼方に消え去るのではないかと考えていた人も多いはず。しかし、Google Glassは新しい形でよみがえ

6コアのCore i7&i5がメインストリーム向けの第8世代「Coffee Lake」で登場する可能

Intelがメインストリーム向けのグラフィック機能を搭載する第8世代Coreプロセッサー「Coffee Lake」マイクロアーキテクチャ世代のCPUで、6コアのCore i7・i5をリリース予定と報じられています。コストパフォーマンスに優れるライバルAMDのRyzenシリーズに対

2017年第2四半期のPC出荷台数は11四半期連続の減少で2007年来最低の結果に

調査会社Gartnerによる2017年Q2(4月から6月)の世界全体のPC出荷台数発表から、11四半期連続の減少となり、第2四半期の結果としては2007年来で最低となった事が分かりました。続きを読む...

Oculusが激安2万円でPC不要のワイヤレスVRヘッドセットを2018年に発売

OculusがスマートフォンもハイエンドPCも不要で、ワイヤレス&スタンドアロンで動作する新型VRヘッドセットを、2018年内に発売予定であることが判明しました。続きを読む...

「Skylake-SP」世代のサーバー向けIntel Xeonが登場、「AMD EPYC」とどちらが

「Skylake-SP」マイクロアーキテクチャ世代のサーバー向けXeonをIntelが発表しました。すでに発表済みのライバルAMDの新プロセッサ「EPYC 7000」シリーズとのサーバー市場をかけた激突がいよいよ始まるということで、AnandTechが「Xeon Platinum

Intelの10コアCPU「Core i9-7900X」はたしかに高性能だが高価すぎる

IntelはハイエンドデスクトップPC向けのCPUとして「Core-X」シリーズを発表。最上位モデルには18コア/36スレッドの「Core i9-7980XE」が予定されていますが、まずは、10コア/20スレッドの「Core i9-7900X」など一部のモデルから発売されることに

体温から発電してバッテリーいらずの自家発電型デバイスが開発中

スマートフォンのような小型デバイスは年々進歩していますが、限られたバッテリーでより多くの電力を要する高速なコンピューティングを求めた結果、スマートフォンのバッテリーが炎上するという危険な状況を招いています。このようなバッテリーによる問題の解決策の1つとして考えられているのが、バッ

AMDがRyzenでIntelからそっくりそのままCPUのシェアを奪い取ったことが判明

AMDがIntelの半額以下で同等以上の性能を誇るCPU「Ryzen 7」を2017年3月2日に発売し、Intelの独壇場になっていたCPUのメインストリーム市場に切り込むことに成功しました。大きな動きが見られたCPU市場において、実際にIntelとAMDのCPUシェアはどれくら

支柱の高さだけで東京タワーと同じぐらいある「全高500メートル級」の風力発電タービンの研究が進行中

日本でも山間部や海沿いなどで見かけることが多い風力発電用の風車で、羽根の長さがなんと200メートル、支柱の高さがおよそ300メートルで、最も高い地点が500メートルにもおよぶという、世界でも類を見ない巨大さを持つ風車の研究がアメリカで進められています。続きを読む...

Intelの22コアXeonを47%も上回る高性能32コアモデル&16コアで7万円強からという激安モ

AMDのマイクロアーキテクチャ「Zen」を採用するコンシューマー向けCPU「Ryzen」シリーズは、IntelのCPUを圧倒する高いコストパフォーマンスでAMD復権を印象づけました。そのZenを使ったサーバー向けCPU「EPYC 7000」シリーズをAMDが正式に発表。AMDの業

Intelの新ハイエンドCPU「Skylake-X」はグリスバーガー状態による爆熱問題を抱えていると

AMDのRyzenシリーズに対抗するべく、IntelはハイエンドデスクトップPC(HEDT)向けに最大18コア/36スレッドの「Core i9-7980XE」を含むSkylake-XおよびKarby Lake-XシリーズをCOMPUTEX TAIPEI 2017で発表しました。そ

IntelがEdisonやGalileoなど小型の開発ボード製品を終息させることが判明

IntelはSDカードサイズのコンピューター「Edison」などの小型開発ボードを次々とリリースしてきましたが、一連のボード製品をひっそりとフェードアウトさせる予定であることが明らかになりました。続きを読む...

「Surface Laptop」を分解したところ難易度はぶっちぎり、「破損なくして分解はできない」こ

Microsoftが2017年5月に発表した薄型・軽量・スタイリッシュで安価なノートPC「Surface Laptop」を、あらゆるデバイスを分解するiFixitが分解しています。10が最も分解が容易、1が困難という10段階評価で「0」という想定外の評価を得ており、「本体に多くの

AMDのサーバー向けプロセッサー「EPYC 7000」シリーズのスペック&性能が判明

AMDが2017年5月16日に発表したデータセンター向けプロセッサーブランド「EPYC」シリーズについて、未公開のスペックと性能の情報をVideoCardz.comが入手して公開しています。続きを読む...
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑