なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
ハードウェア, サイエンス, メモ,

中国が宇宙人発見を目指す世界最大の望遠鏡、責任者を募集するも応募者ゼロ

地球外生命体を探索すべく建設された中国の世界最大の電波望遠鏡「FAST」(Five-hundred-meter Aperture Spherical radio Telescope:500メートル開口球面電波望遠鏡)が完成して、稼働開始の段階に入っています。中国は実際にその設備を

塩を活用して電力を蓄える施設を作るプロジェクト「Malta」をGoogleの兄弟企業「X」が進行中

風力や太陽光を使った再生可能なクリーンエナジーは環境汚染や地球温暖化に立ち向かう方法の1つとされていますが、発電量が一定でないために安定した電力源として活用できないという問題が存在しています。そんな問題を解決するために、Googleと同じくAlphabetを親会社とする企業の1つ

ロシアが打ち上げた「人工の星」は太陽光を反射して金星よりもまぶしく光るが天文学に悪影響を与えるとの懸

2017年7月14日、カザフスタンのバイコヌール基地から1基の人工衛星が打ち上げられました。ロシアの研究者たちによって開発された、宇宙空間で帆を広げて太陽光を反射するという人工衛星なのですが、科学者の中から宇宙観測に悪影響が及ぶと危惧する声が挙がり、物議を醸しています。続きを読む

ジェットエンジンで大気に穴を開ける「バーチャル煙突」で大気汚染を解消することはできるのか?

世界各地で発生している大都市周辺の大気汚染は深刻さを増しており、中国やインドで発生する汚染物質「PM2.5」の異常とも言える濃度の高さがニュースになることも珍しいことではありません。そんな中、インドではジェットエンジンを使って汚染物質を大気中にとどめている「大気のふた」を破り、汚

大型ハドロン衝突型加速器のアップデートでCERNを悩ませる「負の遺産」とは?

欧州原子核研究機構(CERN)が誇る世界最大級の衝突型円形加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」は、宇宙の始まりである「ビッグバン」や「暗黒物質(ダークマター)」の解明など、数々の難問を解決する装置として期待されています。しかし、大型ハドロン衝突型加速器の性能を高めようとア

電子タバコが「禁煙補助薬」として正式に認可、病院から処方へ

液体フレーバーを蒸気化して水蒸気を吸引するという電子タバコは、タバコよりも有害性が約95%低いことがイギリスの保健省の調査により判明し、禁煙支援ツールとしても注目を集めていました。その電子タバコがついに禁煙補助としてイギリス政府から正式に認可を受け、禁煙治療中の患者に処方すること

GPSを使った距離測定が誤差から逃れられない理由が数式で証明される

人工衛星からの電波を受診して地上での位置を特定する衛星測位システム、いわゆるGPSを使っていると、時には誤差が生じることに気がつくこともあります。また、ジョギング用アプリや移動ログアプリで実際に移動した距離を計測してみると、実際よりも長い距離が表示されることもあるのですが、その背
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑