なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
News

まさにコント。スマホに夢中でシンクホールに気づかず、バイクがそのまま突っ込む

Image: Gaurdian Wires/YouTube いい教訓。運転中のスマホ、やめましょう! 運転中にスマホを見ていいことなんか起こりません。スクリーンを見ていて子どもが飛び出してくるのに気づ... 続きを読む

CDを最初に発売

Photo: 小原啓樹 青春時代でした。 1960年代、70年代生まれの人たちにとって、青春時代といえば1980年代です。日本全体がイケイケドンドンな雰囲気で、経済も右肩上がり。1980年代後半はバブ... 続きを読む

実写版『攻殻機動隊』に80年代の名車が出てるゾ!

あの姿は間違いない、アイツだ! 『攻殻機動隊』シリーズの実写映画版『ゴースト・イン・ザ・シェル』はスカーレット・ヨハンソン主演で、漫画とアニメの世界観をまさしくそのまま再現しており、さらに吹き替え版... 続きを読む

ヒャッハー! ポストアポカリプティック・フェス「Junktown 2016」の様子

終末を楽しむ皆さんがおそろいです。 皆さんはリアル『マッドマックス』を堪能できるイベント、「ウェイストランド・ウイークエンド」をご存じでしょうか? カリフォルニアで開催されているイベントで、興味と憧... 続きを読む

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』テレビスポット。強き少女とダイノボットが登場!

マイケル・ベイ監督による変形ロボット映画シリーズの最新作、『トランスフォーマー/最後の騎士王』のテレビスポットが公開されました。 強い少女とかわいい/かっこいいダイノボットたちが大爆発の大爆音の中で... 続きを読む

ホンダの倒れない二輪車はまさに革命。その詳細技術に迫る

2輪なのに立ってる、どうして!? 3点で平面を決定する、というのは世の中の常識。2輪車はこいでないとバランスを崩して倒れちゃうから足をついて3点にするわけですが、なんと2輪のまま静止できる二輪車がC... 続きを読む

とことこ歩くように動く。自律走行するホンダの大型バイク「Honda Riding Assist」にL

まさに! ドリーム! モーターサイクルは運転が難しいし、危険。そんなイメージが定着してしまった今日この頃です。だから、というワケではなく、モータリゼーションの成熟などの要因もあって現在、日本でモータ... 続きを読む

BMXライダーが見せる、自転車で駆け巡る東京

エキサイティング東京! いろんな文化や流行、そして新旧の建物が混在する東京は「遊び場」としては最高なのかもしれません。今回の動画では、BMXライダーのNigel Sylvesterさんが大都市・東京... 続きを読む

「スター・ウォーズ」のスピーダー ・バイクを水上で再現!

チューブがついているのはご愛嬌。 スター・ウォーズの世界にはミレニアム・ファルコンやTIEファイターなど魅力的な乗り物が多いですが、人々がたびたび再現を試みてきたビークルといえばスピーダー・バイク。... 続きを読む

Xiaomiの電動キックスクーター「Mi Electric Scooter」で、街中スイースイ

シンプル・イズ・ベストです。 炊飯器を作ったり折りたたみ自転車を作ったりと、若干謎な進化を遂げている中国Xiaomi(シャオミ)。そんなXiaomiの最新作は、街中をスイスイっといけそうな電動キック... 続きを読む

今にも走り出しそうな緻密さ。 「Ninja H2R」の1/12スケールがタミヤから登場

川崎重工の技術の粋を集めて開発した、市販2輪車としては初となる「スーパーチャージャー」を搭載した最強のニンジャ「H2R」が、タミヤから1/12スケールでモデル化! 排気量1000cc直列4気筒から最... 続きを読む

Vespaファン待望の電動スクーターモデルが発売へ

時代はEVですから~。 あの「ローマの休日」で、オードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペックが乗り回して一躍有名になった、お洒落バイクの代名詞でもあるVespa。その古き良きデザインは、日本でも根強... 続きを読む

自動運転車のその先へ、渋滞解消にはAI信号機

限りなく広がっていく人工知能(AI)のお仕事。 自動運転車が発展、普及すれば事故は減少すると言われています。が、自動運転だろうが人が運転しようが、走る道は同じ。同じ道、同じ標識、同じ信号。次世代の交... 続きを読む

BMWの考える「バイクのミライ」 倒れず、事故らず、目でコントロール可能

ファイナルファンタジーにでてきそう。 いつでも僕らバイク好きの心を熱くしてくれる、コンセプトモデル。実現可能かはともかく、いつ見てもワクワクしてしまいます。BMWが公開した「100年後のバイク」のコ... 続きを読む

映画「スター・トレック BEYOND」ジャスティン・リン監督にインタビュー! 家族の時間=スタートレ

まさかの車はあんまり好きじゃない発言……!? 「ショーン・オブ・ザ・デッド」や「ホット・ファズ」のサイモン・ペッグが出演だけでなく脚本も手がける人気SF映画シリーズの最新作「スター・トレック BEY... 続きを読む

戦車もアリ!元Top Gear 3人組の新番組「The Grand Tour」トレーラー公開

いやいや、やりすぎでしょ… 大人気自動車番組「Top Gear」で司会をつとめていたジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、ジェームズ・メイらによる新番組「The Grand Tour」。A... 続きを読む

まるで「K.I.T.T.」? 相棒にまたがり、会話をしながら共に成長しよう。人工知能がカワサキのバイ

ぜひともお声は野島昭生さんでお願いしたく。 川崎重工がモーターサイクルに学習型AIを搭載、ライダーと音声でコミュニケーションをとりながら共に成長していくモデルの開発に着手したそうです。 話しかけると... 続きを読む

世界最速にかけた情熱をこの目で感じよう。川崎重工の創立120周年記念展が開催

世界最速の歴史がここに集結! 10月15日。それは川崎重工(カワサキ)こと、川崎重工業の誕生日。しかも今年で御年120年となるそうです。おめでとうございます! 「テクノロジーの頂点へ」をフィロ... 続きを読む

ハーレーからマーベル公式のスーパーヒーロー・カスタムバイクが登場

ヒーロー気分で乗り回したい。 バイクメーカーのハーレー・ダビッドソンがマーベルのアメコミヒーローたちをイメージしたカスタムバイクを制作し話題となっています。 こちらはHarleyDavidsonAu... 続きを読む

ぴょこぴょこ。カモシカみたいにどこでも走るバイク

こういう気張らないスタイルって好き。 世の中には高性能なオフロードバイクやトライアルバイクはいろいろありますが、もっと難しく考えないで自然を楽しみたい。そんな用途にピッタリなのが、極太タイヤを履いた... 続きを読む

夜見る夢は、まだ叶えていない夢。世界の絶景をマウンテンバイクで体験する

Juicy Studiosとプロ・バイカーのMike Hopkinsさんが制作したこちらのビデオ、自転車好きでなくても楽しめる感動の記録になっています。 山奥の小屋でひとり眠る男性のモノローグからビ... 続きを読む

Uber、今度はタイでバイクのタクシーサービス「UberMOTO」始動

その国にあった乗り物の形。 車の渋滞がとんでもないエリアでは、二輪車=バイクで移動した方が速いこともあるでしょう。そもそも、主要交通手段が車ではなくバイクというエリアもあるでしょう。そういう地域では... 続きを読む

バイクとスマホのイイ関係。指先で操作するスマートグローブ

指先すりすりでスマホからカメラまでコントロール。 バイクでの悩みの種は、スマートフォンが操作しにくいこと。ライディング中の操作はもちろんダメですが、分厚いグローブをはめたままでは停車中の操作もままな... 続きを読む

フォースを乗りこなせ。ウラルがSWコラボしたサイドカー、その名も「Dark Force」

ダークカラーの迫力がスゴイ。 レトロな風貌のサイドカーを生産することでバイク乗りから愛される、ロシアのバイクメーカー「ウラル」。そんなウラルから、スター・ウォーズとのコラボサイドカー「Dark Fo... 続きを読む

今年のニャマハ発動機はヤバイ! 2輪メーカーなのに、まさかの…

今年はヤマハイヤー。 今回の東京モーターショー2015で注目なのはヤマハ発動機ですよ。なにせ2輪メーカーなのに、プレスカンファレンスでアンヴェールしたものが、 3輪車。 4輪車。 そしてバイクロボだ... 続きを読む

アラフォー歓喜。129kgで195馬力なNSR500レプリカ「MMX 500」

ロスマンズカラーに、涙が...。 モーターサイクル全盛期の80's、そして環境問題が強く問われるようになった90's&ゼロ年代冒頭。この時代を駆け抜けたモーターサイクルの1台がホンダNSR500です... 続きを読む

センサー類もすべて内蔵、より安全なエアバッグ付きバイク用ジャケット

二輪愛好家の皆さまに朗報です。 風を切って駆け抜ける感覚が最高に気持ちいい、バイク。しかし如何せん、生身をさらけ出すことによる危険が常につきまとうものでした。 しかし、この度開発されたこのライダース... 続きを読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑