なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
ミリタリー系

「死の鳥」「成層圏の要塞」と呼ばれたB-52にどれだけの武器が搭載できるのか

こんなのが飛んできたらと思うと…。 アメリカ軍の巨大爆撃機として知られる、B-52。1952年の初飛行から今なお現役で飛び続ける、異例の長期運用機です。 全長約48m、翼を入れた全幅は約56mにもな... 続きを読む

ナチス時代の暗号機、ネットオークションに出品されて10ポンドで落札される

誰かのゴミは誰かの宝。 英国立コンピュータ博物館は、まさにその「お宝」をオークションサイトeBayで偶然発見しました。ナチス・ドイツの暗号機がオークションに出されていて、たった10ポンド(約1,60... 続きを読む

4400万円もするF-35専用のヘルメットをハンズオン。もちろんただ高級なだけじゃない

終末映画に出てきそうな外観ですが…。 湯水のようにお金を使うためだけに作られたとも批判される次世代戦闘機、F-35ですが、もうすぐ戦闘態勢に入ることが発表されました。今回米空軍のパイロットが米Giz... 続きを読む

米軍、核兵器の運用にいまだにフロッピーディスクを使っていた

さすがにもうやめるってよ(来年だけど)。 アメリカ会計検査院(GAO)が発表した文書によると、アメリカ国防総省(ペンタゴン)やその他重要施設では、核兵器の重要書類なども、いまだにフロッピーディスクを... 続きを読む

HPの新しいノートPC、そのイメージは「戦場の中のスマートな紳士」

タフでなければ生き抜けない…。 現代のビジネスシーンは、まさに戦場。矢継ぎ早に送信されるメール、容赦なく降りかかってくる無数の情報、刻々と更新されるスケジュール…。 そのような過酷な状況においてもサ... 続きを読む

2020年代の戦場ではジェット戦闘機やドローンがレーザー発射してます

兵器もどんどん未来になっていきます。 アメリカ空軍のチーフ科学者であるGreg Zacharias博士がWarriorのインタビュー記事において、2023年までにドローンやジェット戦闘機にレーザー兵... 続きを読む

ロシア軍機がアメリカ駆逐艦にスレッスレの異常接近飛行した瞬間

ロシアさん、悪意ありまくりです。 アメリカ海軍が、国際水域上で「ロシア軍機に繰り返し異常接近飛行をしかけられた」との報告をしました。しかも2度も異常接近されたとのこと。米ミサイル駆逐艦「ドナルド・ク... 続きを読む

YouTubeのDIYビデオがますます過激に。テルミット反応で自作ロケットランチャーが作られる

DIYビデオってどんどん過激になってませんか...? 世界には色んなDIYコミュニティがありますよね。武器だったりレゴだったり映画コスチュームだったり。 Colin FurzeさんのYouTube... 続きを読む

護身に最適? スマホのようなハンドガン

賛否両論になりそう。 上の画像は、ミネソタ州のIdeal Conceal社が開発した「スマートフォン形状に変形する二連式ハンドガン」。38口径弾が発射可能なこのハンドガンはグリップを折ればトリガーが... 続きを読む

おそロシア。戦車を改造した消防車の勇姿を見よ

正直、乗りたい。 戦車と消防車。男の子の好きなこの2つの乗り物を合体させてしまおうという贅沢な発想がコレ。このロシアで製造された戦車を改造して作った消防車は力強い無限軌道を採用し、すでに顧客からも受... 続きを読む

アメリカ海兵隊、動くターゲットの射撃訓練を導入。かかしが古着をまとって揺れ動く

これ以外に動かす方法なかったの? アメリカ海兵隊では動くターゲットを撃つという項目がこれまで無かったそうです。そこで毎年行なわれる射撃訓練の中に、ライフルによる動くターゲットの射撃が含まれることに... 続きを読む

北極海のブ厚い氷を割って浮上するロサンゼルス級原子力潜水艦

上部のセイルが、にょきっと。まるで映画のワンシーンです。 普段は海の中を泳いでいる潜水艦。時には強引にでも海面に浮上しなければならないということでしょうか。ロサンゼルス級原子力潜水艦・ハートフォード... 続きを読む

オスプレイの後継機か。電動、垂直離着陸、さらに後進も可能な新型飛行機のコンセプト

とにかく形が印象的。 DARPA(米国防高等研究計画局)は先日、まったく新しい電動垂直離着陸型飛行機のコンセプト映像を公開しました。 「X-Plane」と名付けられたこちら。開発は米国のAurora... 続きを読む

アメリカのステルス爆撃機B-2の貴重な飛行映像

超レアなステルス爆撃機の、さらに貴重な飛行映像です! 航空宇宙/軍事企業ノースロップ・グラマンが、ステルス戦略爆撃機「B-2 スピリット」の動画を投稿しています。なにがそんなに貴重かって、B-2は全... 続きを読む

DARPA、最高時速72キロの自律飛行ドローンを開発。当然軍事目的です

四つ足ロボット、足つきヘリコプター、触覚を持つ義手、と幅広い研究で我々テックギークたちを驚かせてくれるDARPAことアメリカ国防高等研究計画局。今回はなんと最高時速72kmで飛ぶクアッドコプターのテ... 続きを読む

米海軍、レールガンを2年以内に配備か?

レールガン、もう小説やアニメの話じゃないのです。 アメリカ海軍はレールガンを艦艇に搭載することを計画しているのですが、その計画が2年以内になると海外メディアが報じています。 このレールガンは、電磁誘... 続きを読む

垂直離着陸機の歴史を見てみると、変な奴らがいっぱいで微笑ましい限りです(動画あり)

えっ? これB級SF映画じゃないの? 本物? 垂直離着陸機ってかっこいいですよね。ハリアーとかF-35が空中で静止するのなんて、最新テクノロジーが可能にする「静と動の極致!」という感じで鼻血が出ます... 続きを読む

推力13,000kgfのジェットエンジンが放つ光。高速飛行を支えるパワー

リアルな物ってやっぱり美しい。 写真に捉えられているのはゼネラル・エレクトリック社が開発した航空機用アフターバーナー付ターボファンエンジン「F110-GE-129」。最大で約13,000kgfの推力... 続きを読む

忍者(イタリア人)がF-35の初大西洋横断に成功

開発は順調? 2016年2月5日、AL-1と呼ばれる第5世代戦闘機F-35Aは、コールサイン「ニンジャ」のジャンマルコ少佐と共に、海外生産モデルの同機として初の大西洋横断飛行に成功したようです。 2... 続きを読む

戦艦が爆破され、浸水、沈没する様子を捉えた動画

メキシコ海軍の戦艦が爆発と共にメキシコのロサリト沖に沈没! その一部始終をGoProが捉えています。とはいっても、これは人工岩礁を作るために沈められたもので、敵艦に撃沈されたとかいうわけではありませ... 続きを読む

防弾製品メーカー製作のボバ・フェット風ボディアーマー

銀河の賞金稼ぎが地上の銃撃戦士になった、ボバ・フェット風ボディアーマーの「AR500」が販売されるようです。 続きはこちら ... 続きを読む

F-16がまっすぐ垂直な写真が美しい

地平線を尻目に垂直に宇宙を見上げるF-16ファイティング・ファルコン。広大な自然と戦闘機が調和し、まるで時空が静止したかのような神聖な雰囲気をも醸し出しす写真です。 翼の下に並んだ武器をこちら側にさ... 続きを読む

一台16億円もするドローンの墜落を止められない米軍

ドローンのパイロットが足りていないアメリカ空軍ですが、もしかしたらパイロット不足問題は自然に解消するかもしれません。というのも、米空軍のドローンには墜落が続いているんです。 Washington P... 続きを読む

まさに攻殻機動隊。脳でコンピューターを操る埋め込み装置が開発中

人の精神が肉体から開放される…? 自分の脳をコンピューターに直結し、ネットワークの世界を自由自歳に飛び回る…SFの世界では定番のネタですが、ギークとしては否が応でもテンションの上がってしまう設定で... 続きを読む

雪を乗り越えマシンガンをぶっ放す! ロシアで発展した武装スノーモービルの華麗なる歴史...

この記事は2011年1月8日に掲載したものです。 これなくしては現代のロシアの繁栄はなかったとも...。 大雪で交通が麻痺した大変な正月休みだったという人も多かったかもしれませんが、国土の大半が厳し... 続きを読む

ロシアのロボティック戦闘車両「URAN-9」は、ラジコン操作で完全無人。国際市場で販売予定

戦場から兵士がいなくなる…? UAV(無人航空機)による偵察や対地攻撃は今や一般的なものとなりましたが、無人デバイスによるオペレーションは空だけにとどまりません。上の動画は、ロシアのロステックが開発... 続きを読む

米海軍と海自の艦隊写真に御来迎が

「大きな軍艦や航空機が写る海軍の写真も好きだし、雲や水分と光が奏でる大気圏内の写真も大好き」という人にはたまらない写真です。 昨年11月に行われた米海軍と海上自衛隊による年次演習(AE 16)で撮影... 続きを読む

ISISは「ジハード大学」研究所で自爆テロ用リモート運転車を開発している

手作り感があるだけに禍々しいのは、そこに人の悪意を感じるからでしょうか。 イスラム国(ISIS)はシリアのラッカにあるとされる「ジハード大学( 'Jihadi University' )」の兵器研究... 続きを読む

45億年前のギベオン隕石からハンドガンM1911が!

流星刀ならぬ流星銃? 米高級拳銃メーカーCABOT GUNSが、45億年前に地球に落下したギベオン隕石を素材としたM1911の2丁セットの製作を発表しました。 CABOT GUNSは以前も隕石を使用... 続きを読む

完成したばかりの米ミサイル駆逐艦が着水するまでをタイムラプス動画で

アメリカ最大の軍用の造船会社、Huntington Ingalls IndustriesのIngalls Shipbuilding部門が今月完成させたのは、同社にとって30隻目のアーレイ・バーク級ミ... 続きを読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑