なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
#音楽の敵、音楽の味方

2010年代、音楽で感性を育てるということ:バイブとノイズの狭間で

音楽を視覚的に聴くということはできるのだろうか。 それは、たとえばジャケットのアートワークやMVを見て楽しむとか、ライブの様子をひたすら動画にとって楽しむとかいうのではなく、単純に曲や音そのものが一種... 続きを読む

FUZE月刊化のお知らせ 7月25日 第一弾は「音楽特集」

2010年代のデジタルカルチャーメディア『FUZE』は、2017年7月25日(火)に月刊化します。 「ウェブメディアを月刊化します」と言うと、実験的ですねという反応と、毎日記事出さないのかよ、という2... 続きを読む

黒人女性をVRに。デジタル世界のジェンダーに表現で挑む女性アーティスト集団Hyphen-Labs

Hyphen-Labsは、テクノロジー分野で活動する女性アーティスト集団だ。グローバルなビジョンとユニークな見地から、どうすればアートを有意義でエモーショナルに働きかけられるかを考えている。さまざまな... 続きを読む

視覚的なMIDIの凄み。ネットに流れる「MIDI Art Drawing」というアプローチ

音楽は耳で楽しむもの。そんな先入観に囚われていないかい? 目で見える音楽があってもいいんじゃないのか? 空調装置のノイズからドラムパターンを構築したり、タイヤやホイールを叩いた音でリズムを作ったり、... 続きを読む

未来のアートを予感させる「モーションデザイン」の最前線『Motion Plus Design』

2015年にパリで開催されて以来、先進的なモーションデザイン・クリエイターたちが集まり支持されてきたイベント『Motion Plus Design』。その日本初開催が4月に決定。さまざまな領域で活動... 続きを読む

コンビニが生んだ「ネットプリント」は異色のデジタルカルチャーだ

ネットプリント。それはデジタルカルチャーにあって我々を物理世界と繋ぎ止める、鎹(かすがい)かも知れない。 セブン-イレブンが提供する「ネットプリント」は、ファイルをネット上に登録し、プリント予約番号を... 続きを読む

DJが機械に近づき、機械が音楽を知る世界:『欲望する機械(マシン・デジラント)』レポート

2月17日夜に開催されたライブ・パフォーマンス『欲望する機械(マシン・デジラント)』は、日本とフランスのメディアアートが交差するイベント「第6回 デジタル・ショック―欲望する機械―」の参加プログラムの... 続きを読む

視覚的な静寂。ネットユーザーの渇きを癒やす奇妙なインスタグラム・アートの世界

2016年半ば頃からInstagramを中心に増殖し始めたトレンド「#paintmixing」と、それが付けられたインターネットアート動画についてartsyが解説している。#paingmixingの代... 続きを読む

2017年へ:「幼年期は終わる。今こそバベルの塔を建てよう」(後編)

<< 前編はこちら 魔法の世紀に生まれた「ポスト真実」 2015年、2016年を占う上で『魔法の世紀』という本を上梓した。魔法の世紀という言葉は、マスメディア型の情報伝達系が世界を支配した20世紀を「... 続きを読む

2017年へ:「幼年期は終わる。今こそバベルの塔を建てよう」(前編)

2017年が始まった。iPhoneが発表されて1月9日で10年になる。この10年で生活をもっとも大きく変えたもの、それはスマートフォンだと思う。 初代「iPhone」は2007年1月のMacWorld... 続きを読む

「The Glass Room」私たちは皆、ガラスの部屋の中で生きている

ニューヨークのマンハッタン・ソーホー地区に現れたポップアップショップ「The Glass Room」は、近未来の病院を思わせる無機質で真っ白な内装だ。最先端のファッションが集まる場所にオープンしたショ... 続きを読む

「暗さ」を思い続けるアート、オラファー・エリアソン『Little Sun』

2016年11月7〜18日、モロッコのマラケシュで開催された国連気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22)で、国連や企業のメンバーが手にしていた、何やら可愛らしい黄色い太陽デザインのランプ。 芸... 続きを読む

「The Dictionary of Obscure Sorrows」名前のない感情を定義する辞書

たとえばドイツ語には、「他人の不幸や失敗を見聞きしたときに起こる快い感情」を表す「schadenfreude」という言葉がある。日本語でいえば「他人の不幸を蜜の味」や「ざまあみろ」、最近では「メシウマ... 続きを読む

大自然から取り出したデータが人間を侵食する ―MUTEKを揺るがしたHerman Korgenの爆音

11月の初め、小雨降る渋谷で初めて開催された「MUTEK」はカナダ・モントリオールから始まり、現在は国をまたいでメキシコやスペインでも開催されている国際的なイベントだ。 私が5年間住んだスペイン・バル... 続きを読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑