なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
乗り物

駅を20秒早く発車したと鉄道会社がお詫びを出したところBBCのニュースに

走って駅の階段を上り下りしてホームにたどり着いたら目の前で扉が閉まった……というのは少なからずあることですが、先日、つくばエクスプレスで列車が定刻よりも「20秒」早く出発(早発)するミスが発生。これについて、公式サイトにお詫びが掲載されたところ、BBCで扱われる事態になっています

車体そのものに充電することでバッテリーが不要のスーパーEV「テルツォ・ミッレニオ」をランボルギーニと

イタリアのスーパーカーメーカー・ランボルギーニと、世界最先端の名門校の1つであるマサチューセッツ工科大学(MIT)がコラボレーションした電動スーパーカーのコンセプトモデル「テルツォ・ミッレニオ」が発表されました。日本語で「第三の千年紀」を意味する名前がつけられたこのモデルは、カー

モーターで飛ぶ電気小型旅客機が2022年までの飛行を目指して開発中

ボーイング系のベンチャーキャピタル「HorizonX」とアメリカの格安航空会社・JetBlue傘下の「JetBlue Technology Ventures」が支援するスタートアップ「Zunum Aero」が今後の事業展開計画を更新し、2022年までに電気モーターを用いた近距離用

インドの車は乗り物ではなく武器、10年で150万人が死亡したインドの交通事情は何が悪いのか?

インドでは3分間に1人、1時間に17人のペースで、交通事故を理由に人が死亡しており、この10年で交通事故の死者は150万人に上ります。道路利用者の80%が「危険を感じる」という最悪の交通状態を打破するため、NPO・NGO団体やテクノロジー企業が協力して改善の試みを行っています。続

Hyperloop Oneが超高速次世代交通システム「ハイパーループ」の建設候補地10カ所を発表、2

空気を抜いて真空に近い状態にしたチューブ状の線路の中を時速1000km以上という超高速で走る次世代交通システム「Hyperloop(ハイパーループ)」開発する2つの企業のひとつ、Hyperloop Oneが将来の建設予定ルートを発表しました。同社では2016年から1年かけて候補地

ヘリコプターと比べて速度も航続距離も2倍のティルトローター機「Bell V-280 Valor」の実

アメリカ陸軍の次世代ティルトローター機「Bell V-280 Valor(バロー)」が、ベルヘリコプターのアマリロ組立センターにいるところを撮影されました。続きを読む...

中国がHyperloopを超える最高時速4000kmの「高速飛行列車」を計画

2017年8月30日に湖北省武漢市で開催された第3回中国国際商用航空宇宙首脳会議の中で、 中国航天科工集団公司(CASIC)が「高速飛行列車」を計画していることを明らかにしました。現在計画が進められているイーロン・マスク氏の「Hyperloop(ハイパーループ)」は時速1000k

「電力不要で半永久的に飛び続けるAIドローン」をマイクロソフトが研究中

Image: Microsoft 鷹や鷲といった猛禽類は、生態系の一つの頂点に君臨する空の覇者たち。彼らは獲物をとらえるために、最小限の力で長時間飛行し続けます。現在マイクロソフトは、猛禽類たちの飛び... 続きを読む

Apple、自動運転車はギブアップの方針。自律システム開発に注力するため

Image: Gizmodo US 「自律システムはAIの母である」そう語ったのはApple(アップル)のティム・クックCEO。先日行われた四半期決算報告にて、CEO自らがすでに進行中の自律システム巨... 続きを読む

一部の自転車乗りが街中でブレーキを持たない自転車に乗る理由

自転車の前後輪にブレーキを付けずに公道で走行することは違反行為であるうえに、止まりきれずに衝突することで自分以外の人や物に危害を加えるということで日本でも問題になっています。イギリスでも、ブレーキなしの自転車にはねられた女性が死亡したことをきっかけにブレーキなし自転車への批判が沸

まるで宇宙船? 難破船内をカヤックで探索する映像が未知の世界

Image: RM Videos/YouTube 映画のセットみたい。 世界にはいろんな秘境があるけれど、なかなか行けないのが現実。だからこそ、自分がその秘境を探索しているような気分になれるネットの世... 続きを読む

まさにコント。スマホに夢中でシンクホールに気づかず、バイクがそのまま突っ込む

Image: Gaurdian Wires/YouTube いい教訓。運転中のスマホ、やめましょう! 運転中にスマホを見ていいことなんか起こりません。スクリーンを見ていて子どもが飛び出してくるのに気づ... 続きを読む

懐かしのワーゲンバスが2022年にEVで登場。バック・トゥ・ザ・フューチャー!

Image: Motor1.com via Volkswagen スタイリッシュで未来的。でもコレじゃない感も? 50年代からヒッピー&サーファー御用達、フォルクスワーゲンのバス「トランスポルター」... 続きを読む

Appleの「プロジェクトTitan」は結局、自動運転シャトルバスに落ちつくかも

Image: alphaspirit/Shutterstock.comイメージ画像 二転三転。 なにやら最近ツチノコのようにその存在が発見された、Apple(アップル)による自動運転技術。その運用は、... 続きを読む

ルクセンブルクで警察車両にテスラの「Model S」を導入

Image: Taina Sohlman / Shutterstock.com あら、いいですねぇ。 ルクセンブルグで警察車両にTesla(テスラ)の「Model S」を導入予定だということがわかりま... 続きを読む

テスラが発表間近のEVトラックは1度の充電で320km~480kmの航続距離を狙っている

乗用車タイプのEVに加え、テスラは化石燃料を使わずに完全に電気だけで走行できるEVトラックを2017年9月にも発表するとみられています。多くの荷物を引っ張って運ぶトラックの場合は乗用車よりも走行可能距離が重要となってくるのですが、関係者の間ではテスラのEVトラックは1回のチャージ

イギリスの航空母艦に一般人の無人ドローンが着陸したけどだれも気づかなかった

Image: Roger Clark ARPS / Shutterstock.com これはとんでもないことだ…。 先月、英新空母クイーン・エリザベスのデッキに一般人のドローンが着陸してしまったそうで... 続きを読む

原爆の部品を極秘輸送した後に沈没した重巡洋艦「インディアナポリス」をポール・アレン氏らが深海で発見

第二次世界大戦の時期にアメリカ軍が運用し、1945年に旧日本軍によってフィリピン沖で撃沈された重巡洋艦「インディアナポリス」が水深5500メートルの海底に沈んでいる姿が、Microsoftの共同創業者ポール・アレン氏らのチームによって確認されました。続きを読む...

ジェット動力式ウィングスーツで飛ぶ人

Image: Jarno Cordia/YouTube あの大空に翼を広げ、飛んで行きたいなー。...行けます! 翼を広げて鳥のように身一つで大空を悠々と飛べたらなって誰しもが一度は考えたことがあるは... 続きを読む

スマホの音楽をカーステレオで再生できるBluetooth FMトランスミッター。現時点の最強はこの子

Image: オウルテック スマホをカーステレオ代わりに使いたい! そんな人にオススメなのが、シガーソケットに接続するBluetooth FMトランスミッターですね。シガーソケットに接続してカーステの... 続きを読む

叱られて伸びるUber、またも叱られる。ユーザーとドライバーのデータ管理がめちゃくちゃだった

Image: 360b/Shutterstock.com 以後、気をつけます。 Uberが、連邦取引委員会(FTC)の求めに応じて、プライバシープログラムを改善することがわかりました。そもそも、なぜ連... 続きを読む

飛行機から落ちたGalaxy S5、一部始終を動画で記録していた

Image: Robert Ryan/YouTube まるでドキュメンタリー映画のよう。 スマホを落としてしまうって悪夢ですよね。画面バリバリに割れて...なんて想像するだけで悲しくなりますが、飛行機... 続きを読む

新興EVメーカーFaraday futureの新社屋のデザインがまるでSFの世界

Image: MAD SFっぽい建造物の中で、未来のクルマは作られる。 今年のCESで初の市販モデルをお披露目したロサンゼルスの新興EVメーカーFaraday Future。先日、同社の新社屋のデザイ... 続きを読む

Google発「Waymo」の自動運転車、衝突したときに車体がクッションになる特許を取得

Image: Martial Red / Shutterstock.com カンガルーバーやアイアンバンパーと真逆の発想。 Google(グーグル)の親会社であるAlphabetの傘下で、自動運転車の... 続きを読む

交通事故の衝突時にやわらかくなって通行人のダメージを減らす自動運転カー特許をGoogleのWaymo

Googleの自動運転カー部門から独立した「Waymo」は、ハンドルもペダルもない自動運転カー「Firefly」の開発を終了しましたが、新しい自動運転カーの開発は続けています。そんなWaymoが事故の衝突を検知して、バンパーなどを柔らかくして通行人のダメージを軽減するという特許を

基盤を走る世界最小の電車セット「TeenyTrack - PS-200A」

Image: Laughing Squid/YouTube ゴマ粒サイズじゃないと乗車できません。 1951年からの歴史を誇り、世界最小のモーターを作るIDL Motors社が、「TeenyTrack... 続きを読む

エンジンで発電、モーターで駆動するEVがスポーツカーになったら?

Photo: 野間恒毅 EVは単なるエコカー? いやいやそうじゃないんです。 「ノート e-Power」は、エンジンで発電しモーターで駆動するシリーズハイブリッドEV。発売直後、月間売上台数No.1を... 続きを読む

1/24スケールのGoogleストリートビューカーを作った猛者現わる。ちゃんとカメラ付き!

Image: Briziozdotcom/Reddit via 9to5Google Googleミニチュアワンダーランドに、ぜひ! Google(グーグル)が提供しているGoogleマップの中でも、... 続きを読む

アメリカで最も混雑するニューヨーク地下鉄は電車遅延が電車本数を減少させる手詰まり状態

アメリカで最も混雑している地下鉄の路線はニューヨークのIRTレキシントン・アベニュー線であり、特に朝の通勤ラッシュ時は電車が来ても満員で電車を見送らなければならない状態とのこと。The New York Timesがこの現状を調査した結果、レキシントン・アベニュー線の電車は予定通

「自律システムはAIの母である」ティム・クックが進行中の巨大プロジェクトについて普及

Image: Laura Hutton / Shutterstock.com ほう。 自律システム(autonomous systems)。あれこれ外から注文されるでなく、自分で考え、ゴールへの道をた... 続きを読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑