なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
乗り物, サイエンス,

月の軌道近くに宇宙基地「ディープスペース・ゲートウェイ」を浮かべて火星を目指す2030年の探査計画を

民間のSpaceXとは別に独自の火星探査計画を進めているNASAは、2030年までに火星に人類を到達させて探査を行うための具体的プランを発表しました。この計画によると、NASAは月に近い軌道を飛ぶ宇宙基地「Deep Space Gateway」に物資や燃料、人員を運び込み、そこを

19世紀に人類史上初めて気球で1万メートル上空に昇った男たち

どんな世界であれ、それまで人類が経験したことのない未知なる世界に最初の一歩踏み出した先駆者がいて、その勇気ある行動によって人類の可能性が広げられてきました。上空1万メートルというとてつもない高度に到達したのは19世紀の二人の英国人で、この二人の命がけの行動によって宇宙へつながる「

燃料なしで宇宙船を半永久的に航行させる常識破りの推進装置「EMドライブ」と、謎だった原理を解明する新

従来のロケットのように推進用の燃料を必要とせず、太陽光などで発電した電気をもとにしたマイクロ波で推力を得る推進装置「EMドライブ」は、未来の宇宙開発を飛躍的に進化させるテクノロジーとして注目を集めています。その原理については不明な部分が多く、物理学の常識を覆すほどの謎とされてきた

コンコルドを超える新たな超音速旅客機「Quesst」

唯一の超音速旅客機だったコンコルドが2003年に全て退役したことで、民間人が簡単に乗れる超音速旅客機が存在しない時代が続きましたが、近い将来に再びチャンスが巡ってくるのかもしれません。アメリカのNASAは民間企業と共同で次世代の超音速旅客機「Quesst」の開発を開始しようとして

アポロ月面着陸の際に撮影された貴重な高解像度画像がFlickrで無料ダウンロード可能に

1961年から1971年にかけて実施されたNASAのアポロ計画では12人の宇宙飛行士が月の大地に降り立ち、人類が地球以外の天体に到達した偉業として知られています。そんなアポロ計画で撮影されたとてつもない数の写真が写真共有コミュニティのFlickrで公開され、誰でも自由に閲覧できる
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑