なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
乗り物, サイエンス, 動画,

飛行機の中で人の感情・認知能力・体は変化し、地上とは異なる反応を見せるようになる

格安航空券が登場し、海外旅行がより身近になっていますが、近年の研究によって飛行機でのフライトによって人の体の状態や認知能力、不安、感情が変化することが分かってきています。健康な人々でも飛行機によって何らかの影響を受ける可能性があることを、BBCが解説しています。続きを読む...

「重力のおり」に閉じ込められた地球から脱出する方法を簡単に説明するとこうなる

地球に「重力」があることは今や誰でも知っていることですが、言い方を変えれば地球上の万物はすべて、「重力の刑務所」にとらわれているようなものです。地球の重力から脱出するには、大量の燃料を爆発させて炎を噴射する宇宙ロケットが必要になるのですが、地球になぜ重力が存在するのか、ロケットは

火星への旅が危険にあふれていることを示す7つの理由とは?

すでに月へと到達した人類は次に、火星への到達を実現するべく開発を進めています。2020年ごろにも火星を目指す計画が提唱されるなど、にわかに身近なものになり始めている火星ですが、実はそこには人類が直面しなければいけない問題がいくつも残されているようです。続きを読む...

150秒でわかる「火星へ行って戻ってくる方法」

火星での生活を想定した狭いドームの中で6人の男女が隔離生活を送るNASAの長期ミッションが実施されるなど、人類を火星へと送り込むための準備が着々と進められています。しかし、ひと口に「火星」と言っても、実は月に行くよりもはるかに難しいものとなる火星への往復ミッションについて、TIM

F1レーサーの視線の動きをアイトラッキングカメラで調べるとその超人ぶりがよく分かる

時速300キロメートルを超える高速でサーキットを駆け抜けるF1ドライバーには、常人とはかけ離れた身体能力が求められます。F1ドライバーがサーキットを走行する中で一体、どこを見ているのかをアイトラッキングカメラで検証する以下のムービーを見れば、高速で過ぎ去るさまざまな情報を、わずか

宇宙へ行くにはどうすればいいのか超簡単に説明するとこうなる

「ロケットが発射して宇宙に飛んでいく」ということはわかっていても、具体的にどうやってロケットが宇宙までの推進力を得ているのか説明するのは難しいかもしれません。そんなロケットが宇宙に飛んでいく仕組みや、ロケットを操縦する宇宙飛行士になるためにどうすればいいか、ということをごく簡単な

「国際宇宙ステーション」15周年記念、軽妙なカントリーソングをNASAが作成して公開中

地上約400kmの高さを飛ぶ国際宇宙ステーション(ISS)は、1998年に建設が始まり、2000年10月31日に宇宙飛行士の長期滞在が開始して以来15年が経過しました。これを記念して、NASAがISSの実績内容を軽快なカントリーソングに乗せて紹介するムービーが公開されています。続
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑