なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
乗り物, メモ,

空港に届く2万件の騒音苦情の半数以上はたった10人から寄せられている

空港と騒音問題は切り離せないもので、ロンドン・ヒースロー空港では2017年7月~9月の3カ月間で2万642件もの苦情が寄せられています。しかし、データの内訳を見てみると、苦情を申し立てたのは1190人で、特にその中でも苦情件数の多いトップ10の人たちだけで1万3038件、全体の6

「自動車に住む」ことを選ぶ若者がアメリカでは増えつつある

アメリカの住宅は、庭付きで日本とは比べものにならないほどゆとりのあるスペースを持っているというのが一般的な認識です。しかし、アメリカでは近年、自動車や狭小アパートに住むという人が若者を中心に増えているそうです。続きを読む...

「100%自動運転カーには乗りたくない」という人がまだ全体の半分以上いることが調査で判明

2020年ごろの実用化を目指してGoogleやUber、そして名だたる自動車メーカーが開発を続けている自動運転カーですが、IT関連調査会社ガートナーの調査によると、社会の半分以上の人は、操作がまったく必要のない完全自動運転カーには乗りたくないと感じていることが明らかになりました。

「ドライバー要らずの自動運転カーはインドで走らせない」とインドの交通大臣が発言

GoogleやUberなどのIT関連企業やメルセデスベンツ、フォードといった主要自動車メーカーが開発にしのぎを削っている自動運転カーについて、インドの道路交通・高速道路大臣が「インド国内では走らせない」とする旨の発言を行っています。続きを読む...

ニューヨークからワシントンDCまでを30分で結ぶ「ハイパーループ」の建設承認を取り付けたとイーロン・

実物大の施設での走行実験が開始されて実現へ向けて大きく一歩を進めた超音速輸送手段の「ハイパーループ」に関して、この構想の提唱者であるイーロン・マスク氏が政府関係者から建設に向けた承認を取り付けたことをツイートで公表しています。続きを読む...

ツール・ド・フランスを走るライダーが投稿した「2700km走ってきた後の脚」の写真がSNSで話題に

2017年大会は3500kmを走破する世界三大自転車レースの1つ「ツール・ド・フランス」に出場し、16ステージ・2700kmを走ってきたあるライダーがSNSに投稿した自身の脚の写真が反響を呼んでおり、いかにこのレースが過酷なものであるかを物語る内容となっています。続きを読む...

テスラが中国国内に工場を建設してEV生産に乗り出す計画が判明

2018年には新型EV「モデル3」の一般向け納車をスタートして普及価格帯への攻勢をかけるとみられているEVメーカー「テスラ」が、これまでのアメリカ国内工場のほかに新たに中国に工場を建設し、主に現地向け車両の生産を行う準備を進めていることが明らかになっています。すでにイーロン・マス

飛行機のオーバーブッキングで搭乗できなくなることを避けるための対策とイザという時の対処方法

シカゴ現地時間の2017年4月9日に起こったユナイテッド航空が乗客を手荒く引きずり降ろす出来事は瞬く間に世界中に拡散され、激しい非難の声が挙がっています。報道によると、ユナイテッド航空は自社の社員4人を移動させるために搭乗後の乗客を引きずり下ろしたとも見られており、通常では考えに

少女が「レギンスを着替えないと搭乗できない」と対応されたことに大きな反応、航空会社が「レギンス大歓迎

デンバーからミネアポリスへのアメリカの国内線フライトで、ユナイテッド航空の係員がレギンスを着用していた少女に「レギンスの上になにか着用しないと搭乗できない」と対応したことが、銃規制派団体「Moms Demand Action for Gun Sense in America」のシ

ノートPC・タブレットなどの航空機内持ち込みが一部の路線で制限される方向へ

アメリカ運輸保安局(TSA)とアメリカ国土安全保障省(DHS)が、航空機内へ持ち込める電子機器について、UAE・エジプト・サウジアラビア・トルコなどへの路線で一時的に制限を行う方針であることが明らかになりました。イギリスもこの動きに同調しています。続きを読む...

ドライバーが運転中にメールを打ちすぎるから車の保険料が上がる

自動車のハンドルを握る際に携帯電話・スマートフォンを操作することは日本の道路交通法でも禁止されている行為ですが、ついにと言うべきか、自動車保険の保険料率が引き上げられる事態がアメリカで起こっているようです。続きを読む...

中国の新疆ウイグル自治区ですべての自動車にGPSシステムの搭載が義務づけられる

中国・新疆ウイグル自治区では、ウイグル族と漢民族間の対立を背景にした暴力事件が頻発しており、数年間で400人以上が死亡しています。この動きに対する抑止的措置として、中国当局は数百人もの中国治安部隊を集めた軍事パレードを行ったばかりですが、この軍事パレードの直後に中国当局は、中国・

世界の1000以上の都市の交通渋滞の劣悪具合を示すランキング「INRIX Global Traffi

都市化が進めば進むほど「交通渋滞」の問題は避けて通れなくなります。世界38カ国の1064都市について交通渋滞のひどさをランク付けしたデータ「INRIX 2016 Global Traffic Scorecard」が公開され、交通渋滞に悩まされる都市がどこなのかが明らかになってい

「EVを普及させるために自動車メーカーに必要なこと」をまとめたマッキンゼーの報告書が公開される

世界的に自動車の排気ガス規制が高まる中、ガソリンなどの石油を燃やす内燃機関の自動車を作ってきたメーカーにもEV(電気自動車)へのシフトが余儀なくされる時代が訪れています。しかしEVはまだまだ「生まれたて」の世代の乗り物であるため、十分な利益を生みだしている状況とはいえません。そん

Amazonが約1700億円かけて40機の貨物機が駐機可能な航空貨物ハブを建設へ

Amazonが世界的な輸送需要の拡大に伴い、40機の貨物機を格納可能な航空貨物ハブの建設を計画していることがわかりました。続きを読む...

Uberのアカウント削除を促す「#DeleteUber」がトレンドになった理由とは?

ドナルド・トランプ大統領がイスラム教圏の7カ国の入国と、シリア難民の受け入れを停止する大統領令を出したことで、ニューヨーク州のジョン・F・ケネディ国際空港に数千人の抗議者が詰めかけ、新しい移民政策に対するデモが行われました。この時Uberが「ジョン・F・ケネディ国際空港付近のUb

105歳のおじいちゃんライダーが自転車で「1時間で22.547km走行」の世界記録を樹立

105歳のフランス人男性ロベール・マルシャン氏が、自転車で1時間に走れる距離を計測する「アワーレコード」で22.547kmという世界新記録を樹立しました。100歳を超えるライダーが記録に挑戦したことも驚きですが、マルシャン氏は3年前に続いて2度目の世界記録樹立という偉業を成し遂げ

MacBook AirやiMacの生みの親がAppleの自動車開発プロジェクトに参加

Appleで「MacBook Air」や「iMac」「iPad」などのハードウェアエンジニアリングを手がけてきたボブ・マンズフィールド氏が、自動車開発を手がけているプロジェクト「Titan」の責任者になったことが明らかになりました。続きを読む...

フランス・パリで古い自動車を締め出す措置、1997年以前の車は市内を走行できない法律が施行へ

パリでは2016年7月1日を境に、1997年以前に登録された自動車は週末を除いて市内を走行できなくなる法律が施行されることになりました。歴史ある街並みが残るパリで意外ともいえる法律が施行されることになった背景には、一刻を争うレベルの環境問題が存在しています。続きを読む...

アルプス山脈を貫く全長57kmの「ゴッタルド基底トンネル」がついに開通、青函トンネルを超えて新世界記

2016年6月1日、スイス南部で建設されていた「ゴッタルド基底トンネル」が正式に開通しました。アルプス山脈を縦貫するこのトンネルは最も深い場所でアルプスの山頂から約2000メートルもあり、日本の青函トンネルが持っていた記録・53.9kmを超える57.1kmという世界最長トンネルと

2025年までに電気自動車以外の販売を禁じる世界初の法案がオランダで提出・可決の見込み

再生可能エネルギーの普及に積極的に取り組んでいるオランダで、2025年までに電気自動車以外の車両の販売を禁止する法案が可決される見込みである、と報じられました。これが実際に可決されて法案化されることになると、従来のガソリン車やディーゼル車、さらにはハイブリッド車さえも販売ができな

VWの「ディーゼルゲート」事件の不正ソフトウェアはアウディが1999年に開発していたものと報じられる

2015年に北米で発覚したディーゼルエンジンの排ガス規制逃れソフトウェアの存在、いわゆる「ディーセルゲート」事件でフォルクスワーゲン・グループが使用していたソフトウェアは、同グループ傘下のアウディが開発したものであると報じられています。続きを読む...

「テスラの墓場」と呼ばれるAppleが「電気自動車開発プロジェクト」のためテスラの元幹部を雇用

自動車メーカー・テスラを去った人材がAppleに流れていくことが多発したことから、イーロン・マスクCEOはAppleに対して「テスラの墓場(The Tesla Graveyard)」というニックネームを付けています。社内ジョークにされるほどテスラの人材を雇い入れているAppleで

閉鎖された地下鉄のトンネル内に謎のベッドルームが発見される

ドイツの首都であるベルリンの使われていない地下鉄のトンネルから、隠された謎のベッドルームが発見される事件が発生しました。「芸術作品である」「放棄された映画セットだ」「Airbnbで貸し出すため」などさまざまな意見が出ていますが、ベッドルームを秘密裏に設置した人物は判明しておらず、

「機内のネットが遅い」ことを理由にアメリカン航空がサービス提供企業を提訴

いまや飛行機に乗っていても上空でインターネットが使えるようになり、文字どおりいつでもネットにつながっている時代が到来しています。ひと昔前のことを思うと想像もつかなかった夢のような充実っぷりですが、そんな機内Wi-Fiのスピードが遅いとして、アメリカン航空は機内Wi-Fiプロバイダ

自動車メーカーからの脱却を目指すフォードのキーマンは創業家出身の元CEOビル・フォード

自動車ビッグ3の1つであるフォードは、Amazonと提携して開発する自宅から自動車のエンジンをかけてエアコンを入れられるという遠隔操作技術や、アフリカなどの道路整備のおぼつかない場所をデータマッピングするバイク、カーシェアリングシステム「GoDrive」、そして開発を進める自動運

信号ナシ・速度無制限でブッ飛ばせる「自転車ハイウェイ」が誕生へ

欧米諸国では自動車用道路の側道に自転車専用レーンが設けられており、自転車が重要な交通手段の1つとして扱われています。そんな自転車を歩行者も信号も気にせずノンストップで走行できる「自転車用高速道路」のアイデアが、ドイツで始動しています。続きを読む...

何千億円もの価値ある金銀財宝を積んだ307年前の幻の沈没船が発見される

海底に沈んでしまったものの中で「最も引き揚げる価値のあるもの」と考えられてきた、307年前に金銀財宝を積んだまま沈没したスペインのガレオン船「サンホセ号」の残骸が発見されました。続きを読む...

何千億円もの価値ある金銀財宝を積んだ307年前の幻の沈没船が発見される

海底に沈んでしまったものの中で「最も引き揚げる価値のあるもの」と考えられてきた、307年前に金銀財宝を積んだまま沈没したスペインのガレオン船「サンホセ号」の残骸が発見されました。続きを読む...

飛行機で手荷物を預けるときの料金は実は破格の値段になっている

日本で国内線の飛行機に乗るとき、チェックインカウンターで航空会社に預ける受託手荷物は、日本航空(JAL)や全日本空輸株式会社(ANA)の場合だと、座席のクラスにもよりますが基本的に20kgまで無料で預けることができ、格安航空会社の場合だと、運賃に含まれていない限り別途料金を支払う
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑