なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
取材, 生き物,

カマキリやダイコクコガネをまるで本物並みの忠実度で再現した「可動昆虫フィギュア」

世界最大のガレージキットのイベント「ワンダーフェスティバル 2017[夏]」では、当日版権が許諾されたさまざまな漫画・ゲーム・アニメなどの作品のキャラクターが立体化されていますが、実在する昆虫までも可動フィギュアとして超絶リアルに再現されていました。続きを読む...

キュートなニャンコがなぜか体内に荷物を詰め込める猫バッグに変身、リアルすぎて猫じゃらしを持ち出しそう

ワンダーフェスティバル 2017[冬]は、18万円もする純金箔フィギュアや歩き茸などさまざまなものが立体化する国内最大の造形イベントです。そんなイベント会場を歩いていると、1人のディーラーさんが猫と戯れているところに遭遇しました。続きを読む...

台湾の「猫村」には人と猫が共存する優しい世界が広がっていた

猫島、猫カフェ、猫パブ、ぬこでら、ねこあつめ。空前の猫ブームにわく日本のみなさん、台湾には「猫村」がありますよ。コンビニすらない片田舎の集落が、猫を主役に地域おこしに成功していました。ごついカメラを携えた観光客が足を運ぶ人気の観光地となっています。続きを読む...

鳥なのに飛べないあの「ダチョウ」が日本最大の造形イベント会場に乱入

鳥類としては地上最大級で、鳥なのに飛べず、地上の二足歩行動物の中では最速のスピードを持つというあの「ダチョウ」が、日本最大級の造形イベントが開催された幕張メッセのホールに乱入していました。続きを読む...

ヒョウ柄の猫「ベンガル」・長毛種・短足の猫など、珍しい猫たちと遊べる「猫の爪痕 にゃんつめ」に行って

猫たちに囲まれてゆったりと過ごせる「猫カフェ」は、アフタヌーンティーと融合した猫カフェがイギリスにオープンするなど世界的に人気を集めています。大阪・道頓堀の猫カフェ「猫の爪痕 にゃんつめ」では、希少なヒョウ柄の猫や、ふわふわの毛を持つ長毛種の猫と触れあえるとのことで、癒やしを求め

イケメンなタカやハヤブサを動物園より間近で見られる「鷹匠茶屋」に行ってきました

ウサギや猫などかわいい動物とふれあえるカフェが登場し、猛禽類のフクロウやは虫類など珍しい生き物を取り扱うカフェまで登場しました。「鷹匠茶屋」は凶暴そうなイメージがあるタカやハヤブサといった猛禽類を間近で見られるカフェで、実際に行ってみるとイケメンなタカやキュートなハヤブサを動物園

「猫は寒くなると太る」疑惑を暑い国と寒い国の猫で比べてみた

童謡「雪」に「猫は火燵(こたつ)で丸くなる」と歌われていますが、ヨーロッパへ行くと、こたつの代わりに温水暖房(ラジエター)が登場し、猫はこの上で寝そべっていたりします。エジプトやリビアが起源とも言われる猫だけに、寒さにはあまり強くないのかもしれません。続きを読む...

悶絶するほどカワイイ動物たちの世界にお邪魔できる「ニフレル」の新体験ゾーン「うごきにふれる」

ダイオウグソクムシやワニ、カブトガニなど水辺の生き物を工夫をこらした展示で楽しめる「ニフレル」は、実は「水族館」ではなく「ミュージアム」という位置づけ。水辺以外の生き物たちも存在し、「うごきにふれる」ゾーンではカピバラ・モモイロペリカン・ワオキツネザルなど、生き物たちが自由気まま

暗闇に無数のアクアリウムが浮かび上がる幻想的な「ニフレル」は単純な展示ではなく「作品」と言えるレベル

2015年11月19日(木)にオープンする、海遊館プロデュースの「魅せる」空間にこだわったミュージアムが「ニフレル」。スタッフのことを「飼育員」ではなく「キュレーター」と呼ぶことからも、ただの水族館ではないことが分かるのですが、「すがたにふれる」ゾーンの展示はまるでアート作品のよ

お魚に自分の皮膚を食べてもらえたりサメに触れたりする「ニフレル」の「わざにふれる」ゾーンはこんな感じ

海遊館がプロデュースした、「感性にふれる」をコンセプトとした生きているミュージアムが「ニフレル」。生き物たちのオリジナリティあふれる「わざ」を間近に見られる展示が並ぶ「わざにふれる」ゾーンでは「水を噴く」「皮膚を食べる」などの生き物たちの技を体感できるという、独特の方で展示が行わ

生き物を「魅せる」展示にこだわりまくった海遊館プロデュースの「ニフレル」に一足先に行ってきたよレポー

「感性に触れる」をコンセプトとし、海遊館プロデュースのもと、生き物たちの色や行動を「魅せる」ためのディスプレイを行っている「生きているミュージアム」が「ニフレル」です。2015年11月19日(木)に万博公園でオープンするニフレルのプレス向けイベントに参加できたので、一体どんな雰囲

世界には「猫密度」の高い国や都市がある

振り返れば猫がいる。「ニャー」っと、世界各地で猫の姿を見てきました。忍び足でスルーっと、人通りを抜けていく背中。そんな猫の写真ばかりを撮ってきたのですが、まれに猫密度の高い国があります。そういう所は、街を歩くと猫でいっぱい。続きを読む...
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑