なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
スタディ

都会に住むか、地方で暮らすか? 「移住」についての大切なポイント

きょうご紹介するのは、『いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図』(米田智彦著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)。いうまでもなく著者は、本サイト「ライフハッカー[日本版

世界が変わって見える「ベルギーから日本に出張する」暮らし方

海外への移住に憧れはあっても、見知らぬ地での暮らしに不安を覚える人は多いと思います。ですが、仕事で頻繁に日本を訪れる機会があるとしたらどうでしょう。だいぶ不安が解消されるの

「デジタルノマドになりたい」なら考えておくべきポイント集

あなたの仕事はリモートで回せる仕事ですか? もしそうであれば旅をしながら働くという自由を謳歌することができます。米LifehackerのライターであるStephanie L

「リモートで働く人が1日1000円で滞在できる」という新しい取り組みを始めた街、富山県南砺市に行って

格安で移住体験施設を貸し出している自治体は多くありますが、富山県南砺(なんと)市は「同市に滞在してリモートで働いてみたい人たちにも市の移住施設を貸し出す」という点が特徴的で

19年間勤めた博報堂を辞めて、私がオランダに移住した理由

2016年3月、19年間勤めた博報堂を退職して、私はオランダへ移住しました。広告の仕事を通じて多くの人と出会い、貴重な経験をさせてもらったこの19年間は広告界では激動の時で

19年間勤めた博報堂を辞めて、私がオランダに移住した理由

2016年3月、19年間勤めた博報堂を退職して、私はオランダへ移住しました。広告の仕事を通じて多くの人と出会い、貴重な経験をさせてもらったこの19年間は広告界では激動の時で

アジアで活躍する起業家・ウミガメを育てるために活動する「エンジェル事業家」加藤順彦さん【アジア×ビジ

これまで本連載で取り上げてきた起業家とも親交を持ち、実際に出資もしている投資家・加藤順彦さん。シンガポールに移住するまでの経歴から、アジアで活動する若者にかける想いまでたっ

2016年米ライフハッカー編集スタッフの仕事術:ステファニー・リーの仕事術

敏腕クリエイターやビジネスマンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ番外編。米Lifehacker編集スタッフが、それぞれの仕事術を紹介します。今日は私、ステファニー

日本を捨てる決心なんて要らない。私が選んだ「オランダに完全移住しない」という道

日蘭通商航海条約によって日本国籍者はオランダで労働許可なく就労できるようになり、海外移住先として熱い視線が注がれるようになりました。そんな中、フリーランスの編集者・ライター

都内在住だけど、東京でAirbnbに宿泊してみた

今すぐ旅に出たい! と無性に思うことはありませんか? 私は東京在住なのですが、浅草を観光して、そのまま浅草の旅館に宿泊したり、都内のテーマパークで遊んだあとそのまま近くのホ

「神戸」という選択肢。無料住宅付きのお試し移住がスタート!

年々、若者を中心に「地方移住」がちょっとしたブームになっています。都会では味わえない大自然や、おいしい郷土料理が魅力ですよね。「神戸市」という選択肢はいかがですか?

留学生向けの魅力的な物件を探せるサービス「Student.com」

「Student.com」は留学生向けの魅力的な物件を探し出せるサービスです。留学生が利用できそうな物件だけを取り扱っています。部屋の設備から周辺の環境まで紹介されているの

人口701人の離島「大島」でリモートワークした結果...

今回は、離島での「リモートワーク」を実践している同社社員の方の手記を取り上げます。 記事を読む

世界中の旅行者が選ぶ、評価の高い空港トップ10:2015年版

旅行者が選ぶ、世界中で最も優秀な空港トップ10を紹介します。 記事を読む

社会人必見! 本当の意味でグローバルに活躍するための英語学習法

世界を舞台に、グローバルに働くスタイルを確立するには英語力は必須の技能。社会人が英語を習得するには、仕事のスキルを磨き、実績を積みながら勉強するのがグローバルに活躍するため

新卒ブランドを捨て、いきなり海外フリーランサーになった私。〜その経緯と実際の生活

はじめまして。2015年4月よりドイツ・ベルリンに滞在し、フリーランスのライター・日英翻訳家として活動している藤沢祐子(ふじさわ・ゆうこ)です。今回は私がどうやってベルリン

旅するように世界で働ける9つの職業

世界中で旅をするように仕事ができる職業を紹介します。 記事を読む

「まちづくり」に携わりながら週3回だけ東京で働く~僕が長野県富士見町に移住した理由

はじめまして、津田賀央(つだよしお)と申します。僕は2015年5月から八ヶ岳の麓にある長野県の富士見町に移住し、東京と長野の両方を拠点にコミュニティデザインに取り組んでいま

土地の重力から自由になってリモートでやっていくために必要なこととは?「あたらしい移住」イベントレポー

「あたらしい移住~脱東京->福岡行 スペシャルナイト」と題するイベントが開催されました。登壇者の発言からは「人や土地と縁をつなぐこと」が移住者に強く求められているということ
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑