なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
スタディ

恐れや不安、イライラを感じにくい状態をつくるために有効な3分間の「マインドフルネス瞑想」

日常生活のなかで、イライラしたり、ムカッとくることはあるもの。そんなときは「怒... 記事を読む

記憶力=暗記力ではない。伝えたいことを相手の「記憶」に残す4つのポイント

「記憶」という言葉を耳にすると、もしかしたらそれだけで「暗記」を思い浮かべるかもしれません。しかし、それは記憶という機能のほんの一部にすぎないのだと主張するのは、『記憶力が

「WIN-WIN」など目指さない? 相手を納得させる「バリュークリエイト交渉術」とは?

『なぜあの人が話すと納得してしまうのか? ―価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』(大森健巳著、きずな出版)の著者は、伝説のマーケティングコンサルタントであるジェイ・

本が苦手な人が「読書習慣」を身につけるために。作家・書評家の印南さんが考える「わがまま読書」とは?

時間がない、集中できない、そもそも本が苦手...。そんな人が、習慣的に本を読め... 記事を読む

「やらなければ!」と思い込んでいたことを、あえてやめてみることで心が強くなる?

今回紹介するのは、『やめる勇気 「やらねば! 」をミニマムにして心を強くする21の習慣』(見波利幸著、朝日新聞出版)。 記事を読む

できる社員はここが違う? ビジネスパーソンが心がけるべき基本姿勢とは

『研修では教えてくれない 会社で働く人の常識110』(アラン・ションバーグ著、弓場 隆訳)の著者は、世界最大の人材紹介会社であるマネジメント・リクルーターズ・インターナショ

「Love You To」は訳せない? ビートルズの楽曲タイトルから「英語」を学ぼう

ビートルズの関連書籍は星の数ほどありますが、そんななかでも『ビートルズの英語タイトルをめぐる213の冒険』(長島水際著、あさ出版)はかなり画期的。なにしろ公式録音楽曲全21

1日10分の「じぶん会議」を習慣化して、思考を整理しよう

今回紹介するのは、『1日10分 「じぶん会議」のすすめ』(鈴木進介著、WAVE出版)。 記事を読む

「あがり症」でも緊張せずに話すための超基本テクニック

『明日から会社で使える説明力』(ひえだともあき著、秀和システム)の著者は、あがり症や緊張しやすい人のためのスピーチ練習会「キンスピ」代表を務める人物。かつては自分自身が、極

貧乏は生活習慣病である。「隠れ貧乏」にならないための考え方

『貧乏は必ず治る。』(桜川真一著、CCCメディアハウス)の著者は、本書の冒頭で「隠れ貧乏」という聞きなれない言葉を持ち出しています。 記事を読む

いきなりパワーポイントを立ち上げてはいけない? 「資料作成」で気をつけなければいけないこと

「資料作成は総合格闘技」だと主張するのは、『できる人が絶対やらない資料のつくり方』(清水久三子著、日本実業出版社)の著者。外資系コンサルティングファームで、コンサルタントと

偏差値35から合格した現役東大生が実践した、「ゲーム式暗記術」とは?

『現役東大生が教える 「ゲーム式」暗記術』(西岡壱誠著、ダイヤモンド社)の著者は、タイトルからも想像がつくとおり東京大学の2年生。とだけ聞くとエリートを想像してしまっても当

偏差値35から合格した現役東大生が実践した、「ゲーム式暗記術」とは?

『現役東大生が教える 「ゲーム式」暗記術』(西岡壱誠著、ダイヤモンド社)の著者は、タイトルからも想像がつくとおり東京大学の2年生。とだけ聞くとエリートを想像してしまっても当

若き日本人ターンテーブリストが、世界的な成功を収めるまでにやってきたこと

『BREAK!「今」を突き破る仕事論』(川内イオ著、双葉社)は、ビジネス系ニュースアプリ『News Picks』の連載「世界王者の風景」を加筆修正したもの。「絶対王者」と呼

「論理コトバ」を使って学びなおしをすれば、数学についての苦手意識が減っていくかも

今回紹介するのは、『「伝わらない」がなくなる 数学的に考える力をつける本』(深沢真太郎著、講談社)。 記事を読む

上司に頼まれた仕事を、角を立てずに断るコツは? 上司や部下との接し方のマナー

マナーは、ビジネスパーソンにとって非常に重要。とはいえ、ともすると堅苦しく面倒なものだと考えてしまいがちでもあります。しかし、そう難しく考える必要はないのだと主張するのは、

親は子どもの性格を意外と知らない? 我が子の防犯のために覚えておきたいこと

『子どもの防犯マニュアル』(舟生岳夫著、日経BP社)の著者は、セコム株式会社IS研究所リスクマネジメントグループ主務研究員。子どもを狙う犯罪が多発する社会状況のなか、子ども

現在の雇用の49%がロボット・AIに奪われる。「日本3.0」時代の企業に求められる7つの主要機能とは

『日本3.0 2020年の人生戦略』(佐々木紀彦著、幻冬舎)の著者は、経済ニュース共有サービス「NewsPicks」編集長としての立場から、日本の未来を危惧しています。経済

眠るのにベストな時間帯は午後10時〜午前2時。最高のコンディションをキープする「睡眠」の技術

今回紹介するのは、『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』(ショーン・スティーブンソン著、花塚 恵訳、ダイヤモンド社)。 記事を読む

実際の通貨とどう違う? いまさら聞けないビットコインの基礎知識

『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』(大塚雄介著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者は、仮想通貨交換取引所「Coincheck」、そしてビットコイン決

「スベること」は怖くない? TVリポーターが明かすコミュニケーションのコツ

『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』(鈴木あきえ著、かんき出版)の著... 記事を読む

「売れる営業」の鉄則は、説明ではなく「質問」に徹すること

今回紹介するのは、『売れる営業の「質問型」トーク 売れない営業の「説明型」トーク』(青木 毅著、日本実業出版社)。 記事を読む

「地方」ならではのメリットとは? 「小商い」で生計を立てるという選択肢

きょうは『「小商い」で自由にくらす 房総いすみのDIYな働き方』(磯木淳寛著、イカロス出版)という書籍をご紹介したいと思います。が、そもそも「小商い」と聞いて、どのような商

それは本当に必要なモノか。「片づけ上手」の基本事項は、捨てる・残す・譲る

『捨てる 残す 譲る 好きなものだけに囲まれて生きる』(フランシーヌ・ジェイ著、弓場 隆訳)の著者は、「好きなものに囲まれて身軽で優雅に暮らす」をモットーにしているというエ

インターチェンジでラップする? イラストでイメージして英単語を覚える方法

今回紹介するのは『イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880』(吉野邦昭、永井堂元著、佐藤文昭監修、あさ出版)。 記事を読む

「通る」プレゼン資料を作るには、「6W2H」を意識しよう

「先輩がつくった資料をまねてみてもOKがもらえなかった」とか、「本や講座を通じて資料のつくり方を勉強してきたのに、自分の提案が選ばれない」など、資料作成について悩んでいる方

「スヌーズ」を押すのは負け? パワフルに1日をスタートするための「モーニングメソッド」とは

『朝時間が自分に革命をおこす 人生を変えるモーニングメソッド』(ハル・エルロッド著、鹿田昌美訳、大和書房)の著者は、劇的な体験の持ち主です。なにしろ20歳のとき飲酒運転のト

「フリーランス」になりたいなら知っておきたい基本的なこと

『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』(前田めぐる著、日本経済新聞出版社)というタイトルを見ると、主婦に向けたものだと思われるかもしれません。しかしこれは、著者

自分は「なんのために働きたいのか」は、上司にこそ知ってもらうべき

今日紹介する本は、『1割の「できる人」が大切にしている仕事の「基本」』(中尾ゆ... 記事を読む

「運のいい人」の言葉の使い方とは?

『運のいい人のマナー』(西出ひろ子著、清流出版)の著者は、国会議員などの秘書職を経てマナー講師として独立したという「マナーコンサルタント」。 記事を読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑