なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
歴史

「みなさんの国の歴史で、恥に思うところはどんなことがある?」海外の反応いろいろ

どの国の歴史にも、誇れる面だけでなく負の面があります。 海外掲示板に、 「みなさんの国の歴史で、恥に思うところはどんなことがある?」との質問があり、さまざまな回答が寄せられていました。 それぞれの国の人々が語る、恥じる歴史を抜粋してご紹介します。 続きを読む

世界人口は75億人…では、人類発祥からすべてを合計すると何人?

2017年現在、世界の人口は75億に達しているとのこと。 過去に生まれてきた人類すべての数と比較すると、どのくらいの比率になるのででしょうか。 そもそも人類が発祥からの総数は、何人になるのかというと……。 続きを読む

世界人口は75億人…では、人類発祥からすべてを合計すると何人?

2017年現在、世界の人口は75億に達しているとのこと。 過去に生まれてきた人類すべての数と比較すると、どのくらいの比率になるのでしょうか。 そもそも人類が発祥からの総数は、何人になるのかというと……。 続きを読む

外国人「これが100年前の日本女性の姿…なんて美しさだろう」明治時代に撮影された写真

明治時代の写真家である玉村康三郎さんは、1900年代初頭に日本への観光促進を目的とした、アメリカの出版社向けの写真を撮影しています。 そのうちの1枚が、とても美しいと海外掲示板で人気を集めていました。 続きを読む

カナダ人「家から古い箱が出てきた…ご先祖様はアイルランドの騎士だった!」

カナダ在住の男性が、家の奥底から古い箱を発見しました。何だろうと思って開けてみると、中には書類と印鑑が入っていました。 ご先祖様はアイルランドの由緒ある騎士だったのです。 続きを読む

先人たちへの敬意…古いアメリカ軍人の墓をピカピカに磨き続ける男性

祖国のために戦い、手厚く葬られた軍人も、時間と共にお墓参りをする縁者が減っていきます。 フロリダ州在住のアンドリュー・ルミッシュさんは、そんな忘れられかけた退役軍人たちの墓石を、ピカピカに磨き直す活動をしているそうです。 続きを読む

「自国の歴史を『ひとこと』で説明するとどうなる?」興味深い回答いろいろ

国ごとに長い(あるいは短い)歴史があります。 海外掲示板に、 「あなたの国の歴史を端的に説明してください」との投稿がありました。 母国の歴史をたったひとことで説明した例をご紹介します。 続きを読む

英雄や偉人たちは人生の終わりに何を思うのか…死の間際に残した言葉いろいろ

歴史的な所業を果たした人は、人生の最期に何を思うのでしょうか。 偉人や英雄たちが今際の際(いまわのきわ)に残した言葉をご紹介します。 続きを読む

イタリア各地のお城を希望すると無料でもらえることに…その条件は?

長い歴史を持つイタリア各地には、古代、中世、近代に至るまで、さまざまなお城が残されています。 イタリア政府が、中世のお城を含む103もの歴史的建造物を、希望者に無料で提供するプランを計画しているとのこと。 「でも、おいしい話には裏があるんでしょう?」と思った人はご明察、古城

100歳超えの老人たちが若い頃と同じアングルで写真撮影…どれだけ変わった?

どんな老人にも、当然ながら若い時代があります。 中欧の国チェコの100歳を超えるお年寄りたちが、若き日の写真とまったく同じアングルで写真撮影をしました。 並べてみるとどんな違いがあるのでしょうか。比較写真をご覧ください。 続きを読む

ウサギ穴だと思ったら…数百年前の「テンプル騎士団」の隠れ家に通じていた

こちらはイングランドの西部に位置する、シュロップシャー州シフナルの景色。あちこちにウサギ穴が見える以外は、ありふれた場所に見えますが……。 その先はなんと、数百年前にテンプル騎士団が使用していた隠れ家に通じているとのことです。 続きを読む

「アポロ13号の通信記録に、こんな興味深い会話が残されていたとは…」知られざる宇宙と地球とのやり取り

1970年4月に打ち上げられたアポロ13号は、同名の映画が作られたほどのトラブルに見舞われた有人月飛行ミッションでした。 酸素タンクが爆発する事故により月面には着陸できませんでしたが、危機を脱して乗組員全員が無事に生還したことで「成功した失敗」として知られています。 そのア

マハトマ・ガンディーが語った「7つの社会的な罪」とは

キリスト教における「7つの大罪」“Seven deadly sins”とは、「暴食」「色欲」「強欲」「憤怒」「怠惰」「傲慢」「嫉妬」のことで、人間を罪に導く可能性がある欲望や感情のことを指します。 非暴力・不服従運動やインド独立の父として知られるマハトマ・ガンディーも、それ

史上最強の消防車「ビッグウィンド」はロボットアニメ顔負けのデザイン…湾岸戦争などで活躍

消防車には多くの種類・形態がありますが、最強と呼ぶにふさわしいのはハンガリーで開発されたビッグウィンド“Big Wind”で間違いないでしょう。 「消防車なのに最高ではなく最強なの?」と疑問に思うかもしれませんが、車体を見れば、なぜそう形容されるのか納得できるかと思います。

イギリス最大の英雄が残した名言「わが人生の成功は、たった1つの行動のおかげ…」

イギリス最大の英雄が誰かご存知でしょうか。 フランスの英雄ナポレオンの知名度には及ばないものの、イギリス本国で絶大な支持を受けている人物がいます。 その英雄が、自らの「成功した秘訣」が、たった1つの行動によるものだと言葉に残しています。 続きを読む

ウクライナ美女による伝統衣装いろいろ…花冠のルーツがここに

欧米ではフェスの定番ファッションとなっている花冠(フラワークラウン)。その起源は、ウクライナの独身女性の証として身につけていた花冠“vinok”(ヴィノク)にあるそうです。 近年は失われつつあるウクライナの伝統を盛り上げようと、日常的にこの衣装を着る女性が増えているのだとか。

昔のハロウィンのコスプレは泣いて逃げたくなるほど怖かった…モノクロ時代の写真いろいろ

日本でもすっかり定着してきたハロウィン。10月末になると街中でアニメや有名キャラクターなどのコスプレを目にするようになりました。 しかし、元は悪霊を怖がらせて追い払うための扮装なので、昔はとにかく怖い格好をしていたようです。 モノクロ写真だった時代の、欧米のハロウィン・コ

「歴史があるように見えて、たった100年未満の出来事を教えてください」回答いろいろ

歴史的な物事の古さを実感するのは難しいですが、100年未満の事ならリアルタイムで体験した世代も身近にいるわけで、それほど昔のことではありません。 「歴史があるように見えて、実はたった100年未満の出来事はある?」と、海外掲示板で質問されていました。 回答をご紹介します。

「あの人形やあの製品、昔と今でどれだけ変わっと思う?」比較画像いろいろ

世にある製品のほとんどは、より使い勝手のいい物に改良されたり、時代に合わせたりと、少しずつ変化しています。 昔と今で、それぞれの製品がどう変化したのか、比較画像をご覧ください。 続きを読む

1980年代にブラジルで起きたゴールドラッシュ…10万人が殺到し、毎月60件以上の殺人事件

ゴールドラッシュといえば1848年に始まった「カリフォルニア・ゴールドラッシュ」が最も有名ですが、南北アメリカ大陸やオーストラリアなど各地でたびたび起きており、30数年前にもブラジルでゴールドラッシュが起きています。 1979年、ブラジル人の農夫ジェネシオ・フェレイラ・ダ・

初期の「ミシュランマン」がこんなデザインだったとは…100年前の姿にびっくり

ガイドブックやタイヤメーカーとしておなじみのミシュラン。 マスコットキャラクターの「ミシュランマン」(本名ビバンダム)は、世界で最も古いトレードマークとしても知られ、初登場はなんと1898年。実に1世紀以上の歴史を誇ります。 今でこそ、ゆるキャラのように馴染み深いですが、

「今朝、ロンドンのウォータールー駅はタイムスリップしていた…」歴史の重みを感じる写真

第一次世界大戦における最大の会戦である「ソンムの戦い」は、イギリスの歴史でも最も被害が多く、同時に成果の乏しいものでした。 塹壕(ざんごう)の中で、大勢の兵士がいつ終わるともしれない攻撃命令を待つだけの過酷な生活を強いられました。 7月1日は100周年記念で、ロンドンのウォ

インディアンの10代少女たち…民族衣装を着た100年前の写真いろいろ

今から100年以上前の19世紀末、インディアン(ネイティブ・アメリカン)の少女たちはどんな格好をしていたのか、当時の写真が残されています。 民族衣装に身を包んだ姿をご覧ください。 続きを読む

今もフランスに残されているドイツ軍の砲塔…ノルマンディー上陸作戦の激しさを実感する写真

人類史上、最大規模の上陸作戦と言われる「ノルマンディー上陸作戦」。 第二次世界大戦末期、ナチス・ドイツ占領下のフランス・ノルマンディ地方に連合軍が上陸し、勝利を決定づけた戦いとしても知られています。 サン・マロの街に残るドイツ軍の砲塔(トーチカ)が、凄まじいことになっている

歴代のアメリカ大統領が「人生の最後」に発した言葉いろいろ

一国の元首になるような人物、それも大国アメリカのトップともなれば、カリスマ性や指導力、卓越した知性など、何かしら傑出したものがあることでしょう。 そんな彼らが人生の最後に発した言葉とは、どんなものでしょうか。 アメリカ元大統領たち31人の最後のセリフをご紹介します。 続きを

400年前のドイツ上空で何が起きたのか…謎の飛行物体が飛び交う1561年の木版画

こちらの木版画がドイツで製作されたのは、なんと400年以上も昔の1561年。空には謎の物体が飛び交い、地面は爆発炎上した煙まで描かれています。 「4月14日早朝のニュルンベルクの上空を、球体、三日月、筒状、十字架、さらには巨大な槍のような物体が埋め尽くし、1時間にわたって戦

たった数年でシリアの街並みがどれほど激変したのか…内戦の前後を比較したビフォー・アフター写真

こちらはISISによって破壊された、シリアの古代遺跡(ベル神殿)の前後を比較したもの。 2011年から内戦・紛争が始まったシリアでは、避難生活を強いられる難民の数は1100万人以上(全国民の半数)と言われ、国外に逃れた難民だけでも400万人を超えています。 この数年でシリ

「私はナチスの7つの収容所を体験した92歳です。アウシュヴィッツのタトゥーもあります。何でも聞いてく

第二次世界大戦を経験した世代は減り、当時のことを直接知る人も少なくなりました。 海外掲示板で、ホロコーストの体験者が質問を受け付けていました。(ホロコースト=ナチス・ドイツがユダヤ人などに対して行った大量虐殺) 「私はホロコーストの生存者で、92歳になったところです。腕に

身元を隠していたスターリンの孫娘がネット上に登場…「鮮烈すぎる」と人々を驚かせる

ヨシフ・スターリンは第二次世界大戦でソビエト連邦を勝利に導いた第2代最高指導者であり、「血の粛清」や「大飢饉」など歴史に悪名を残す独裁者としても知られています。 スターリンには息子2人と娘1人がおり、娘のスヴェトラーナ・アリルーエワは、1967年にアメリカへ政治亡命した後に

タイタニック号と現代の豪華客船とを比較すると…こんなに違うんだ

処女航海中の1912年に沈没し、乗員乗客合わせて1513人が犠牲になった豪華客船タイタニック号。 全長269.1m、高さ53 mと巨大なサイズを誇りましたが、現在の最大級の豪華客船と比べると、どのくらいの違うのでしょうか。 わかりやすい比較写真をご覧ください。 続きを読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑