なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
DETR

シリコンバレー在住の起業家が語る「生活コストが米国最高クラスの街に家族とともにビジネス進出するという

Apple、Google、Uber...世界の最先端企業が集う街、シリコンバレー。米国でもトップクラスの地価を誇るこの街での生活にはとにかくお金がかかります。 しかし、デ

家族の幸せのためにスウェーデンに移住したエンジニアが実践した「海外企業へ転職するための具体的なステッ

私はストックホルム在住の35歳、自動車部品メーカーÖhlins Racing ... 記事を読む

空き家リノベの夢が膨らむ。ひろしま空き家バンク「みんと。」

ROOMIEより抜粋:空き家をリノベーション......。 憧れはあるけれど、... 記事を読む

「地方」ならではのメリットとは? 「小商い」で生計を立てるという選択肢

きょうは『「小商い」で自由にくらす 房総いすみのDIYな働き方』(磯木淳寛著、イカロス出版)という書籍をご紹介したいと思います。が、そもそも「小商い」と聞いて、どのような商

幸福度日本一の街に居を構える。4つの観点から振り返る福井の生活

ROOMIEより抜粋:日本総合研究所の『都道府県別幸福度ランキング2016年版... 記事を読む

幸福度日本一の街に居を構える。4つの観点から振り返る福井の生活

ROOMIEより抜粋:日本総合研究所の『都道府県別幸福度ランキング2016年版... 記事を読む

都会に住むか、地方で暮らすか? 「移住」についての大切なポイント

きょうご紹介するのは、『いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図』(米田智彦著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)。いうまでもなく著者は、本サイト「ライフハッカー[日本版

オランダの育休は日本より短いのに「子育て」は圧倒的にしやすい

2016年の終わり頃から、日本でも大きく話題になっている「働き方」。みなさんは納得できる働き方ができているでしょうか? 記事を読む

フランス政府公認の「スタートアップ向けビザ」が始動。外国人起業家にチャンス

イギリスのブレグジットという大変動の結果、ロンドンの次にはヨーロッパのどの都市がEUにおけるスタートアップの拠点になるのか、多くの人が知りたいと思っています。その有力候補の

家族でオランダへ教育移住。日本の教育と比較して気づいた違い

近年、「教育移住」ということが日本でも盛んになってきています。グローバルで活躍する人材になるためには、英語を早くから習わせ、人口減少が進む日本の将来を見越すと、早くから多様

アウトドアの聖地ニュージーランド南島で挑戦!「バンライフ」が人生を4倍面白くする

バンライフとは、キャンパーバン(ハイエースなどのワンボックス車を寝泊まりできるように改装したキャンプ用の車)で移動しながら暮らす自由でミニマルなライフスタイル。メジャーリー

18年間日本のホテルで働いた私がマカオ移住を決めた理由

皆さんこんにちは。現在マカオのWynn Palace Hotelで勤務している浅田資継と申します。2016年の1月から、香港で開業準備を行い現在はマカオに移住しており、ホテ

日本人には真似できない? 「休むほどクリエイティブになる」メルボルニアンたちに聞いた話

前回の記事では、60日間の世界一周旅行を通してアラサーの私とパートナーがライフプランを学ぶことになったいきさつを書きました。今回からは、訪れた各都市のローカルに触れて考えた

仕事はブログから調達。イチゴの専門家として世界を飛び回る宮﨑大輔インタビュー

「農業に関わる仕事」と聞けば、ドメスティックで退屈そうで、間違っても海外出張する機会なんてない仕事なんだろうな、という印象を持つでしょうか? 記事を読む

オランダ在住16年の日本人が語る「異文化が交わる場所」のつくりかた

こんにちは。フリーランスの編集者・ライターの水迫です。オランダと日本を行ったり来たりしながら、オランダに関する記事を書いています。 記事を読む

家族とオランダ移住して5カ月。私が感じた一番大変だったこと

前回の記事では、なぜオランダに移住したのか? ということを書きました。今回は、それに引き続き、具体的にどのようにして、オランダへ移住したのか? 何が一番大変だったのか? 

「リモートで働く人が1日1000円で滞在できる」という新しい取り組みを始めた街、富山県南砺市に行って

格安で移住体験施設を貸し出している自治体は多くありますが、富山県南砺(なんと)市は「同市に滞在してリモートで働いてみたい人たちにも市の移住施設を貸し出す」という点が特徴的で

第2のベルリン?ヨーロッパの移住先として「ライプツィヒ」がオススメな理由〜なぜ私がベルリンから引っ越

こんにちは、2015年の春からドイツの首都ベルリンに在住していたライター・翻訳家のwasabiです。ライフハッカー[日本版]の過去記事でも日本人フリーランサーが過ごしやすい

生活の質を飛躍的に向上させる10個の習慣

ありきたりな言葉はなんの役にも立ちません。私も何回それらを取り入れようとして失敗したことか。 「やってみよう!」「今日を精一杯生きよう!」「やる気を起こそう!」 まっ

言わずと知れた航空券の比較検索サイト「スカイスキャナー」が世界中の旅行者に愛され続ける理由

今年の夏も本番に入り、旅行に出るのが待ち遠しい、という人も多いでしょう。仕事が忙しくてまだノープランでもご心配なく。「探し方」さえ知っていれば、安い航空券を手に入れるチャン

子どもが世界でいちばん幸せなオランダ。現地で子育てをする日本人の母親が語ったこと

自分らしくいられることは、子ども自身が感じる幸福感にも関係しているはずです。個人主義の国とはいえ、他者と自分の区別がまだ曖昧な幼い頃から育まれているらしい圧倒的な自己肯定感

日本人がオランダで働く条件はどうなる?移民法の専門家ルーロフス弁護士、緊急インタビュー

6月23日付けの速報記事でお知らせしたように、オランダにおける日本国籍者の労働許可の条件が変わる可能性があります。 記事を読む

30代までに社長になる方法。僕らの時代の社長論──2016.5.27 Night School

「社長になってみたいですか?」 そう聞かれて、あなたならどう答えるでしょうか?  記事を読む

オランダ政府、日本人に認められた特権の見直しを発表

寝耳に水のニュースが入ってきました。2016年6月20日、オランダ政府移民局は、これまで認められてきた「日本人がオランダで就労する際には労働許可が不要」という判断を変更する

実は肥満大国? 渡英した日本人妻が見た、イギリス人の食生活

『イギリス毒舌日記』(ウィルトモ著、ワニブックス)は、2007年からスタートし、いまでは月間180万PVを突破しているという人気ブログを書籍化したもの。 30歳を過ぎるまで

ロンドンの次はライプツィヒとリスボンがアツイ?!その理由を紹介したドキュメンタリーを解説!

新卒でフリーランスとなりベルリンに移住したブロガー・翻訳家のwasabiさん、2016年7月からライプツィヒに引っ越すそうです。彼女のブログ「WSBI」にそのライプツィヒが

オランダ移住から2カ月。我が子の順応性を見て気づいた「子どもは小さいうちから海外に出たほうがいい理由

こんにちは。オランダ移住者の吉田和充です。3月末にそれまで勤めていた広告代理店を退社して、オランダに移住してあっという間に2カ月が経ちました。 記事を読む

政府が無条件で月27万円支給。スイス大使館で聞いたベーシック・インカム実現の可能性

2016年6月5日、スイスでベーシック・インカムの導入をめぐる国民投票が行われます。 記事を読む

大人は立ち入り禁止!子どもだけが入れる秘密の公園「Kolle37」

私の固定観念を覆した独創的な公園「Kolle37(コレ37)」をご紹介します。 記事を読む

知らないと損する、引越しがはかどる10のコツ

引越すのは楽しくても、荷造りは最悪です。 記事を読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑