なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
DETR

「学んだことを忘れてしまう」を「過剰学習」で防げるかもしれない

Popular Science:音楽では音階を学び、柔道や合気道では型の反復を... 記事を読む

科学が証明:超シンプルなあることで子どもの創造性が伸びる

Inc.:2歳になったばかりの私の娘は、ちょこまか動きっぱなしで、突進したり、... 記事を読む

ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタ... 記事を読む

科学が推奨する「記憶力の低下を防いでくれる食品」

残酷なようですが、誰でも年を取ります。そして老化するにつれて、頭脳の明晰さは失われていきます。知り合いの名前が思い出せなくて困ることもありますよね。 記事

冬の憂鬱は、こうやって乗り切ろう

Inc.:短い昼、どんよりした天気。冬が憂鬱という人は多いかもしれません。そん... 記事を読む

65歳を過ぎても脳機能は20代、「スーパーエイジャー」たちが習慣にしているアクティビティ4つ

Inc.:一生絶好調に回転してくれる脳があったらどんなにいいでしょう。しかし、... 記事を読む

つらい思いをせずに「恐怖症を克服する方法」を日本の神経科学者が開発中

新たな研究から、恐怖を簡単に取り除く別の方法があるかもしれないことがわかりました。 記事を読む

神経科学が実証:ランニングは体だけでなく脳も鍛えている

Inc.:集中力、高度な思考力、認知能力といった脳の機能を高めるには、頭脳戦の... 記事を読む

今日からできる、「知性と脳を育てる」18の習慣

Inc.:賢くなるのは素晴らしいことですが、一晩で賢くなることはできません。今... 記事を読む

キーボードの入力よりも、手書きの方が「脳に良い」3つの理由

Inc.:いわゆる"頭が良くなるサプリ"や"脳トレ"のようなゲームのことは知っ... 記事を読む

神経科学が推奨する「IQを23%高くする」習慣

Inc. : 知能には「結晶性知能」と「流動性知能」という2つのタイプがあります。 「結晶性知能」とは、情報、スキル、経験など基本的に脳に蓄えられた知識を活用する能

チョコレートを食べると賢くなる?:研究結果

身体と心をもっと健康にしたいと思っている人に向けた、科学的なアドバイスはたくさんあります。「もっと運動をしなさい」ということは、無数の研究で主張されています。「マルチタスク

「脳の若さ」を保つ「運動」はこれ! : 研究結果

Inc. : 運動によって向上するのは、肉体の健康だけではありません。 頭の働きもよくなるのです。信じられないかもしれませんが、体を動かすことが思考力の向上につながる

科学的に実証された「お金をかけずに頭の働きを良くするツール」

「頭が良くなる薬」とか「記憶力を高めるコンピューターゲーム」があると聞いたことがあるかもしれません。コンピューターやスマートフォンのおかげで誰もがクリエイティブな才能を開花

科学が語る、本当に効果がある休憩のとり方

99u:締切が迫り、電話が鳴り続け、受信箱がメールで溢れている。そんなときは、... 記事を読む

瞑想が苦手な人でもできる、「身体性」を高めてマインドフルネスになる方法

人間の身体はホモ・サピエンスが登場した20万年前からあまり進化していないと言われています。しかし、近年ではデジタルツールの発達により、人類が誕生した頃には誰も予想だにしなか

ストレスによる脳のダメージを回避する7つの方法

Inc.:ストレスが多い生活をしていると、精神的にも肉体的にも深刻な状態になり... 記事を読む

運動をしないことで脳が受けるダメージ

禁煙したい?それなら自分の肺の中を想像すると良いでしょう。もっと懸命に勉強したい? これから先の人生でつまらない仕事をしている自分を思い浮かべましょう。ジム通いを始めたい?

「知能を最大限に活用」するための5つの習慣

Inc.:ある研究によれば、小学校でIQテストを受けた人が大人になってもう一度... 記事を読む

嫌な人と一緒にいると自分も嫌な人間になる:研究結果

不平不満を言う人の近くにいるとその否定的な考えに影響されることは、誰しもご存知でしょう。 記事を読む

週130時間労働が、私の家庭をどう変えてしまったか

Inc.:YahooのCEO、マリッサ・メイヤー氏が、労働時間の長さと企業の業... 記事を読む

人はなぜ悲しい音楽を愛するのか

音楽は私たちの脳に、あらゆる形で影響を与えています。アップビートな音楽はワーク... 記事を読む

「ひとりの時間」を増やすのは外向的な人にとってもメリットがある

自分自身のことを内向的な人間だと自認していれば、研究成果をわざわざ持ち出すまでもなく、ひとりで長い時間を過ごすことにどれだけメリットがあるか知っているでしょう。

幼いうちから「人への思いやり」を育む方法

「他人を気遣うこと」を子どもに教えるにはどうすればよいのでしょう。相違や対立、敵意に満ちたこの時代、両親や教師はこのように思い悩んでいるかもしれません。

大人になってからでも、脳を鍛えれば記憶力はアップするかもしれない

「覚えたはずなのに、すぐ忘れてしまう」「なかなか頭に入らない」という方は決して少なくないはずですが、もし記憶力を高めたいなら『「覚えられる」が習慣になる! 記憶力ドリル』(

集中できない原因は脳疲労!仕事や勉強で集中力が切れたときの対処法ほか〜木曜のライフハック記事まとめ

10月になりました。来週から気温もぐっと下がり秋めいてきそうですね。年末にかけて仕事が忙しくなり始めている方も多いのではないでしょうか。『集中できない原因は脳疲労!仕事や勉

心理学者が語る「先延ばし魔」への特効薬

プロジェクトをやり遂げたいが作業を先延ばししてしまう、というのは、誰もが経験していることですね。プロジェクトを重視していないことが原因でやらない、というパターンもあれば、非

EQが高い人が実践する「知的コミュニケーション術」10個

照れ、自意識、不信感、プライド、競争意識、嫉妬心、傲慢さ。そんなお荷物を放り出せたら、誰とでも知り合いになれます。そのお荷物をまだ手放せないでいる相手とも。今回は、出会う人

脳は疲れるのではなく退屈するだけ? 「なりたい自分」になるための脳強化トレーニング

今回紹介するのは、『いつもパフォーマンスが高い人の 脳を自在に操る習慣』(茂木健一郎著、日本実業出版社)。 記事を読む

人間の脳が持っている3つの残念なクセ

人間の脳は自然の驚異です。脳は呼吸を維持し、良いアイデアを定期的につくり出し、体の動きを連係させ、複雑な人間関係のもつれに対処し、謎に満ちた「意識」を生み出してくれます。
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑