なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
自然・景色

世にも珍しい「三角形」の2ドル硬貨…流通してるのはどこ?

世界に流通している硬貨のほとんどは円形です。ときどき多角形のものがあったりしますが、なんと三角形の硬貨を使用している地域もあるとのこと。 どんな形で、どこで使われているのでしょうか。 続きを読む

メキシコのサッカースタジアムが「世界一すばらしい眺め」だと絶賛される理由

こちらはメキシコ北東部モンテレイにあるサッカースタジアム。 この写真だけではピンと来ませんが、 「世界一眺めのいいスタジアム」であると、海外サイトで称賛されていました。 その理由はアングルを少し変えてみるとわかります。 続きを読む

「最強のハリケーンが過ぎたら…マイアミがマリオカートのコースになっていた…」驚愕の光景がこちら

こちらはアメリカ・フロリダ州のマイアミビーチの普段の景色。 歴代最強クラスの巨大ハリケーン「イルマ」が上陸したことにより、深刻な被害を受けたのですが……。 その結果「マリオカートのコースになっていた」そうです。現在、どんなことになっているかご覧ください。 続きを読む

「父は毎年、線路全体に太陽が反射するタイミングを待っている…今日がその日だった」

景色撮影で大切なのは天候やタイミング。最高の瞬間を待ち続ける忍耐強さが求められます。 とある人の父親は、朝日が線路に反射するのを見るために、毎年同じ場所で待つのだそうです。 海外掲示板に「今日がその日だった」と投稿した写真が人気を呼んでいました。 続きを読む

「京都の電柱を取り除く計画が進行中だって?」海外の反応

観光地として外国人に人気のある古都・京都。 しかし以前から、「電柱」や「電線」が古き良き景観を損ねていると指摘されてきました。 そのため先斗町(ぽんとちょう)では、電柱や電線の地中化工事が進行中で、2019年に完成予定です。 そのニュースが海外でも取り上げられ、話題となっ

「洪水に襲われた日のスイミングプールを空撮したら…美しかった」

大雨で洪水になると、地面の土や泥が流れ出して茶色の泥水となります。 ヨーロッパのスイミングプール周辺が洪水となったのですが、その状況を空撮したところ……とても美しい写真となったそうです。 続きを読む

ノルウェー人「今、真夜中だけど…明かりなしで自転車に乗ってるところだよ」

北欧などの緯度の高い地域では、夏場は日が暮れることがありません。 白夜としてよく知られる現象ですが、知識はあってもなかなか実感しにくいものです。 とあるノルウェー人が、真夜中に自転車に乗っている写真を海外掲示板に投稿したところ、大きな反響を呼んでいました。 続きを読む

広大なオーストラリアの道路は退屈すぎるので…居眠り防止のクイズ看板が設置されている

領土の狭い日本ではかなり限定されますが(北海道くらい?)、広大な土地の道路を走っていると、何時間も延々と同じ景色が続くことになります。 オーストラリアもそうした国のひとつですが、あまりに退屈な道が続くため、運転手が居眠りしないような工夫が用意されています。 それは道路脇に

「ドローンで撮った5枚の写真を合体させたら…壮大なことになった」スウェーデンの絶景

スウェーデンのネットユーザーがドローン撮影の写真5枚を1枚に合成したところ、ユニークな作品に仕上がったそうです。 「とても奇妙で壮大なことになった」という写真をご覧ください。 続きを読む

「ドローンで撮った5枚の写真を合体させたら…壮大なことになった」スウェーデンの絶景

スウェーデンのネットユーザーがドローン撮影の写真5枚を1枚に合成したところ、ユニークな作品に仕上がったそうです。 「とても奇妙で壮大なことになった」という写真をご覧ください。 続きを読む

「ドローンで撮った5枚の写真を合体させたら…壮大なことになった」スウェーデンの絶景

スウェーデンのネットユーザーがドローン撮影の写真5枚を1枚に合成したところ、ユニークな作品に仕上がったそうです。 「とても奇妙で壮大なことになった」という写真をご覧ください。 続きを読む

「たった16人しか住んでいないヨーロッパの村が美しい…」フェロー諸島の景色が評判を呼ぶ

世界には人口が密集する都市部もあれば、人の少ないへんぴなところもあります。 フェロー諸島のたった16人しか住んでいない村が、壮大かつ美しいと海外掲示板で話題になっていました。 続きを読む

「桟橋のまわりがゴッホの絵みたいになっていた…」その理由は花粉

海外のとある桟橋の写真が、まるでゴッホの作品のように見えたそうです。 花粉が理由だと言うのですが……。 続きを読む

「桟橋のまわりがゴッホの絵みたいになっていた…」その理由は花粉

海外のとある桟橋の写真が、まるでゴッホの作品のように見えたそうです。 花粉が理由だと言うのですが……。 続きを読む

日本を訪れたニュージーランド人「この集落は絶対に来る価値がある…」奈良井宿の景色に感動

日本には数多くの観光名所がありますが、世界的によく知られたスポット以外にも、見ごたえのある場所はあります。 長野県の奈良井宿を訪れたニュージーランド人のwindsywindsさんが「ここは必ず訪れるべき価値があるし、必ず来年も再訪するつもり」と、海外掲示板で紹介していました。

「この『手の平』の写真を見て、気づくことはある?」→よく見ると…

こちらはスウェーデンで撮影された写真。 男性が手の平をかざしているのですが、よく見ると何か違和感はないでしょうか? その答えは……。 続きを読む

スラムの村を丸ごとレインボーカラーにペイントしたら大成功…インドネシア

インドネシアのカンポンペランギ村はダーティなスラムのイメージが強く、人があまり寄り付かない地域でした。 それを払しょくするため、とてもユニークな村おこしプロジェクトが立ち上げられました。 なんと村中の家を、カラフルなレインボーカラーにペイントしたのです。 続きを読む

「ドバイでカヤックを漕いでいたら…『奇跡の1枚』が撮れた」

超高層ビルが立ち並ぶドバイの街並み。 カヤックを漕ぎながら海側からカメラを向けたところ、「奇跡の1枚」が撮れたそうです。 現実感に乏しい写真をご覧ください。 続きを読む

「まるで空を泳いでいる気分だ…」地上152mのガラス底プールが震えあがるほどスリリング

今にも高層ビルの上から落っこちそうなこの状況、なんとプールのガラス底にいるそうです。 アメリカ・テキサス州の43階建て(地上152m)のタワーマンションに設置された、スリリングなプールが話題を呼んでいました。 続きを読む

「山の上でキラキラ光ってるこれって…なんだと思う?」驚かれていた画像

山の上に見えるキラキラしたもの、これはいったい何だと思いますか? 飛行機? それとも未確認物体? 実は……。 続きを読む

「同時に2つの季節を味わえる木を見かけたよ…」偶然が生み出した写真

春は緑が生い茂り、秋は枯葉となって散り、四季折々に姿を変えるのが落葉樹の特徴。 ところが同時に2つの季節を味わえる木を見かけたという人がいました。 写真をご覧ください。 続きを読む

「プラハに旅行に来たら、なぜかマリオがたくさんいた!」意味不明だけど楽しそうな光景

最も美しい都市の1つと言われるチェコの首都、プラハ。 ヨーロッパの伝統的な景観が人気の街ですが、「プラハに来たら、なぜかマリオの集団を目撃した」と紹介している人がいました。 続きを読む

「この場所より日暮れのグラデーションがわかる場所があるだろうか?」感心されていた1枚

夕日はどこで見ても美しいものですが、とある光景が 「この場所ほど日暮れのグラデーションがわかる場所もない」と、海外掲示板で人気を呼んでいました。 カナダのオンタリオ州で撮影された写真をご覧ください。 続きを読む

アメリカには小さな妖精(フェアリー)が住んでいると実感できる街がある

小さな妖精(フェアリー)が住む街と呼ばれる、アメリカ・ミシガン州の街アナーバー“Ann Arbor”。 姿を目にしたことがない人でも、街を歩けば妖精たちが住んでいると実感できるそうです。 なぜなら……。 続きを読む

「湖の上を…歩いてる!?」氷の透明度が高過ぎて浮いて見える写真

先週末にアメリカ・ミシガン州のシャールボイ湖が寒さで凍りついたのですが、あまりの透明度の高さから、そこに立つ地元の男性が浮いて見えると、現在ネット上で話題を呼んでいます。 どんなことになっているのか写真をご覧ください。 続きを読む

外国人「京都の天狗像の鼻が折れてしまったけど…応急処置のしかたがキュート!」

京都の鞍馬駅前には、大きな天狗のオブジェがあるのですが、先日降った雪の重みで、鼻が根元からポキリと折れてしまいました。 補修されるまでの間、応急措置がされたのですが……。 その姿が「なんてキュートなの!」と、外国人に受けていました。 続きを読む

森が割れて見える神秘的な光景「クラウン・シャイネス」…譲り合う樹木

よく見ると隣同士で綺麗な隙間が空いているこちらの樹木。 人為的なものでも偶然でもなく、東南アジアの熱帯雨林に自生するフタバガキの巨木にのみ見られる、「クラウン・シャイネス」(恥ずかしがり屋の樹冠)と呼ばれる現象です。 森がひび割れたような不思議な光景をご覧ください。 続き

「図書館の床に『謎の黒いテープ』が…いったい何だと思う?」

これは北米のとある図書館なのですが、床を斜めに横切る黒い線が引いてあります。 いったいこの黒線、何を意味するものかわかりますか? 続きを読む

「湖でカヤックを気ままに楽しんでいたら…インディ・ジョーンズのような光景を目にした」

ニュージーランド北島のタウポ湖は、カヤックやヨットが人気の観光スポット。 そこで優雅にカヤックを楽しんでいたところ、映画「インディジョーンズ」のような光景が目に飛び込んできたそうです。 どんな景色だったのかご覧ください。 続きを読む

「ほとんどの人が見たことのないタージ・マハルの景色」対照的な2枚の写真

インドの文化遺産として名高いタージ・マハル。 17世紀にムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが愛妃のために建設された、総大理石の墓廟です。 誰もが写真や映像で見たことがあるかと思いますが、 「ほとんどの人が見たことのないタージ・マハル」と題された2枚の写真が、海外掲示板で
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑