なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
DIY

ハンド…じゃなくて巨大顔面スピナーおじさん

Screenshot: Rob Cockerham/YouTube こんなおじさんが、向こうから歩いてきたら爆笑してしまいますね。超巨大スピナーに顔をはめた笑顔のおじさんです。回転しながら近づいてくる... 続きを読む

レーザーポインターの光で模様を作るプラスチック装置の裏には、ガチな数式が!

Image: Yertle Vert / YouTube 照射されるバットマンもびっくり…。 それにしても光って不思議ですよね。私たちが夜に見上げている星の光も、ずっと昔の星の光がようやく地球に到達し... 続きを読む

自宅で手軽にアイスを作ろう! ハイアール「アイスデリ」でアイス&シャーベットを作ってみた

Photo: 三浦一紀 アイスシーズン到来! 梅雨の季節になりましたが、意外と雨が降らず、暑い日が続いていますね。そうなると、ついつい食べてしまうのが、アイスクリーム。今はコンビニでも毎週新製品が発売... 続きを読む

世界一やさしい車のクラクションをDIY

Image: Mark Rober / YouTube ポパン! 車のクラクション。車社会に必要なアイテムではありますが、時にうっとおしくイライラと、もしくはとても恐ろしいものに聞こえます。でも、クラ... 続きを読む

クレヨンの常識を変える、水彩絵の具のように透き通る「透明くれよん」

Image: コクヨ クレヨンに新しい素材と塗り方を。 みなさんクレヨンって、上手に描けます? 絵を趣味としている方や専門職の方ならば、クレヨンの味を使った絵を描けるのでしょうが、僕としてはベターっと... 続きを読む

新型iMac 21.5インチモデルを早速分解。メモリとCPUは頑張れば交換可能

Image: Apple ただし難易度は非常に高し。 先日のWWDC 2017で華々しく発表された、新型iMacとiMac Pro。iMac Proは年末まで発売を待たないといけませんが、すでに出荷が... 続きを読む

初展示のWindows Mixed Reality HMDほか、世界最大級のIT展示会「COMPUT

photo: ギズモード・ジャパン VR、AR、MR、ゲーミング、音声UI、FABから小型ガジェットまで。 台北で5月末から先週の土曜日まで開催されていた世界最大級のIT展示会「COMPUTEX TA... 続きを読む

消費者 vs Apple。自分の端末を修理する権利を巡る争いは続く…

Image: Justin Sullivan/Getty Images/ゲッティイメージズ Apple(アップル)のプロダクトの特徴の1つは、修理・改造が自分でできない(非常に難しい)こと。新製品がで... 続きを読む

とてつもない完成度! アツすぎるホットウィールのレーシングバトル

Screenshot: Mark Rober/YouTube いやー、実にオチがヒドイ。 さまざまなアクション映画やアニメなどに出てきたオリジナリティ溢れる名車の数々。主人公たちをサポートする道具とし... 続きを読む

手作り感がスゴイ「ジェンガ・ロボット」

Image: Mathiaskhoda/YouTube これ、レゴでも作れるかも…。 ジェンガってありますよね。あの棒をたくさん積みあげていって、いつかバターンって倒れるやつ。大人になって遊んでも結構... 続きを読む

映画『エイリアン:コヴェナント』のフェイスハガーをコスプレ天使アンヘラさんが手作りアクセサリーに!

凶悪なフェイスハガーが、美しいアクセサリーに大変身。 コスタリカが誇る美人コスプレイヤー、アンヘラ・ベルムデスさん。彼女はコスチュームを手作りするだけでなくペインティングや立体造形なども器用に作る腕... 続きを読む

バイオニックスキンで、ロボットは「触れる」ことを知る

ロボットとスキンシップする時代へ。 人工知能が発達し、ロボットの会話や行動がより人間らしくなりました。残る問題は何かと問われれば、「触る」という感覚ではないでしょうか。人間が触感から得る情報は大きい... 続きを読む

ネズミ捕りの罠1,000個が仕掛けられたトランポリンにダイブ

いろーんなことをスローモーション撮影でチャレンジする世界的に人気のYouTuber、The Slow Mo Guys(ザ・スローモー・ガイズ)。今度は、ネズミ捕りの罠を1,000個敷き詰めたトランポ... 続きを読む

DIYガジェットの夢広がる。何でもタッチパネルにできるスプレーペンキが登場

壁一面タッチパネルも作れる。 タッチスパネルのスマートフォンやタブレットは操作も直感的に行なうことができるため、赤ん坊でも簡単に使いこなしてしまいますよね。まだ言葉も覚えていない2歳の甥っ子が、巧み... 続きを読む

カメラのレンズをゼロから作る

自分で作れるの? 自作大好きという人たちは結構います。ギターをゼロから作ったりする人もいますし、家とか車とか作っちゃう人もいますね。 今回ご紹介するのは、カメラのレンズをゼロから作る様子です。製作者... 続きを読む

NASA、3Dプリントによる「宇宙用チェインメイル」を開発中

すごく強そう。 チェインメイル(鎖帷子)といえば中世の騎士が羽織っていた防御用の服…ですが、カリフォルニアにあるNASAジェット推進研究所のRaul Polit Casillas氏が率いるチームは、... 続きを読む

現地のゴミでものづくり!3Dプリンターは火星でこそ真価を発揮する?

月や火星のダストから3Dプリンターで作られたツールやブロック 火星にある塵やホコリが、その星では大切な資源になるのかもしれません。 火星を植民地化するにあたって解決すべきたくさんの課題の1つは、地球上... 続きを読む

「目が、目がぁ~! 」目を追尾してレーザーを照射する装置

うぉ、まぶし! 世の中には、その存在意義を疑ってしまうような発明がありますな。トランプ米大統領のツイートをわざわざ印刷して燃やすロボットとか、M&M'sを色ごとに分けるマシーンとかね。そして、このた... 続きを読む

爆走!チェーンソー三輪車

大人だからこそ三輪車を楽に乗りたい! 子どものとき、はちゃめちゃな名案を思いついて実行しようとして親に阻止されたり、怒られたりってありましたよね? でも私たちはもう大人! はちゃめちゃなことを実行で... 続きを読む

「日本からハードウェアが生まれなくなる」危機に瀕した町工場、復活のカギは3Dプリンター?

ニッポンの技術者魂。 下町の工場がロケットを作る、なんてドラマがありましたが、実際、日本の町工場は長年に渡って世界のハイテク産業を支えていました。 今回の舞台である墨田区もその1つ。その工場の数は、... 続きを読む

IKEAのクリップ付きカーテンフックで、リネンカーテンを安く作っちゃう方法

ライフハッカー[日本版]の兄弟メディア「ROOMIE」の人気連載「マイ定番スタ... 記事を読む

髪まで3Dプリントのふさふさライオン。キーアイテムは「ドライヤー」です

3Dプリンターで髪の毛を再現する…という話は2年前からありました。でも、今回はひと味ちがいますよ。 ユーチューバーの3D Printing Nerd(和訳:3Dプリントオタク)さんが完成させたのは、... 続きを読む

レゴ×IoTで、部分的に動作する「Macintosh Classic」をつくろう

Jannis Hermanns - Flickr レゴとラズベリーパイで、ミニミニマッキントッシュを作ってみないかい? レゴで1990年代のマッキントッシュを組み立てて、そのかわいさとノスタルジックさ... 続きを読む

レゴ×IoTで、部分的に動作する「Macintosh Classic」をつくろう

Jannis Hermanns - Flickr レゴとラズベリーパイで、ミニミニマッキントッシュを作ってみないかい? レゴで1990年代のマッキントッシュを組み立てて、そのかわいさとノスタルジックさ... 続きを読む

練り込んだ香りが虫除けにも。アウトドアでも使えるマスキングテープ

ライフハッカー[日本版]の兄弟メディア「ROOMIE」では、アイデアが光る便利... 記事を読む

サンドイッチになったヴィン・ディーゼル

…。 映画『ワイルド・スピード』でお馴染みのヴィン・ディーゼル氏を、ハムとチーズで再現するなんて、一体誰がやるんでしょう。もちろん、YouTuberがやります。 レーザーカッターを使ってアレコレする... 続きを読む

新スパイダーマンの「目の動き」を再現したコスプレ用マスクが登場!

親愛なる隣人が目を細めます。 コミックスで描かれるマーベル・ヒーローたちは、顔の表情に変化をつけるため目の縁取りが細くなったり太くなったりします。 実写で再現するのは難しいと思われるこの目の動きです... 続きを読む

1日以下でできる、3Dプリンターで作った100万円のお家

災害時にもよさそう。 ますます活躍の場所を広げる、3Dプリント技術。当初は小さな部品製造に主に利用されてきましたが、なんとサンフランシスコのスタートアップ企業は3Dプリントにて一軒の家を建ててしまっ... 続きを読む

これは惚れるDIY力。俳優トム・レンクの妙再現度セレブパロ写真シリーズ

アメリカのドラマ『バフィー 〜恋する十字架〜』などに出演する俳優トム・レンクのInstagramがザワついてます。 レッドカーペットのセレブに彼自身が扮したパロディ写真が大人気なんです。ガムテープや... 続きを読む

誰も要らないプロダクトを開発する「馬鹿ハッカソン」のクリエイティビティが完全に明後日の方向に向かって

今年も開かれました「Stupid Hackathon(馬鹿ハッカソン)」。「誰も必要としない馬鹿なガラクタと劣悪なアイデアのためのハッカソン」という正式名称のもと、2013年から世の中に下らないユー... 続きを読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑