なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
NASA/宇宙モノ

冥王星の地下には流れる海が眠っている?

冥王星からまたサプライズ。 太陽系のはるか辺境にある冥王星からは、近ごろ驚きの発見が続いています。氷の火山や青い空、そして窒素にあふれた平原などいろいろな現象が見つかっていますが、今回さらに地面の下... 続きを読む

生まれてすぐに消えてしまう星。さようなら200万歳のホット・ジュピター

死にゆく惑星のイメージ 遠くの星系に生まれたばかりの「ホット・ジュピター」を天文学者たちが発見しました。でも定めは残酷、この赤ちゃん星が粉々に引き裂かれてしまうのは時間の問題なのです。 1,100光年... 続きを読む

今の技術じゃカーボンナノチューブで宇宙エレベーター作るの難しいかも

やっぱり宇宙エレベーターは作れないの...? 宇宙エレベーターを作る素材ための魔法の素材、カーボンナノチューブ。なんていわれているものの、最新の研究では、カーボンナノチューブの持つ顕微鏡サイズの構造... 続きを読む

衛星は小さいほどよい。付箋サイズで宇宙探査する「Sprites」

目指せ、ケンタウルス座アルファ星! もっとも太陽系から近い位置(4.4光年)に輝く恒星のケンタウルス座アルファ星は、光の速さで移動するならば、わずか4.4年で到達可能です。つまり、もしも光速の5分の... 続きを読む

216億円の爆発から2年。アンタレスが最初のテストを無事通過

次こそは! ロケット発射後わずか6秒で爆発炎上、その被害額216億円といわれたアンタレスの事故から2年。製造された新たなロケットが、無事最初のテストを通過したとのことです。 こちらは別角度からの映像... 続きを読む

アメリカで宇宙切手発売! 久しぶりに手紙書きたくなりました

宇宙切手という響きがいい。宇宙に手紙をだす気分、まだ見ぬ火星のキミへなんてね。 アメリカで宇宙をテーマにした切手が発売されました。デザインは2種類。「Views of Our Planets」と名付... 続きを読む

まるで冥王星を飛んでいるみたい! ニューホライズンズが冥王星の地表を鮮明に捉えた映像

48億km離れた星を飛ぶように。 無人探査機の「ニュー・ホライズンズ」は今ごろ冥王星から何百万kmも離れ、カイパーベルトへと飛んでいることでしょう。そうしながらもニュー・ホライズンズは、奇妙な氷の惑... 続きを読む

11年ぶりの大接近。今晩、火星が近づくスーパーマーズ

火星って近づくものなのですね。 天体ショーは日食や月食といった派手なものだけではありません。実は知らないだけで、大小様々な不思議でロマンチックな現象が起こっています。本日は火星が大きく見える「スーパ... 続きを読む

生き物がいるかも…。衛星エウロパの海は地球の海に似ている

地球以外で海水浴するならば? エウロパという星を聞いたことがありますか? エウロパは木星の衛星。木星は多くの衛星を持っていますが、まぁ、地球でいう月のような存在です。エウロパは生命が存在する可能性が... 続きを読む

手の中、口の中に宇宙を! リアルな惑星キャンディ

夜空を見上げて舐めましょう。 宇宙はラム酒のような香りで、ラズベリーのような味がするなんていう話もありますが、ネタ元ThinkGeekで販売されている宇宙は、とっても甘く、口の中で溶けます。このとて... 続きを読む

ジェフ・ベゾスのロケットで、宇宙からの地球帰還を体験してみよう

こうやって見ると宇宙って近い。 民間による宇宙開発といえば、すっかりおなじみになったイーロン・マスク率いるSpaceX。海上ターゲットや静止トランスファ軌道からの垂直着陸など、すでに何度もロケットの... 続きを読む

ハッブル望遠鏡からの贈り物。天の川銀河の中心へズームイン(動画あり)

再確認:私ちっぽけ。 太陽系、大きいよってよく取り上げられることがありますよね。「就職とか進学で悩んだ時は広い宇宙に浮かぶ小さな小さな地球を思い浮かべてごらん、そしたら小さな悩み事なんてバカバカしく... 続きを読む

SpaceX、Falcon 9の洋上着陸にまた成功! 今度はさらに高高度から

成功率がどんどん高まってる気がする。 イーロン・マスク率いるSpaceX社が開発するロケット、Falcon 9。日本時間の6日14時頃より、日本のスカパーJSAT社の人工衛星「JCSAT-14」の打... 続きを読む

行方不明になっていたX線天文衛星「ひとみ」に何が起きたのか

310億円が宇宙の塵と消える…。 制御不能な高速回転が始まって1カ月。ブラックホールなど宇宙の謎解明の鍵を握るX線天文衛星「ひとみ」の復旧をJAXAが正式に断念しました。 事故原因を調べた結果、当初... 続きを読む

まさに臨場感。SpaceXのロケット海上着陸を360度動画でどうぞ

Falcon 9が目の前に降りてくる…! 今年4月、SpaceXが5回目の挑戦で、ロケットの海上着陸を成功させました。その現場の興奮は当日のライブストリーミングでも伝わってきたんですが、今度はそのと... 続きを読む

光とオーロラの共演。ヨーロッパの夜を宇宙から撮影

ありきたりながら、人間なんてちっぽけ。 こちらは、宇宙飛行士のティモシー・ピークさんがISS(国際宇宙ステーション)から撮影した写真。上部に見えるのがイギリスで、中央部にひときわ輝いているのがパリで... 続きを読む

ざっと66億円から。SpaceXがロケット打ち上げの価格帯を発表

そのうちAmazonとかに並んでたりして。 日に日に宇宙を身近に感じさせてくれる、イーロン・マスク率いるSpaceX。2年後には火星に宇宙船を送り込むと宣言したのはつい先日のことでしたが、この度、ま... 続きを読む

日本とNASAが撮影した地球の熱放射画像295万枚データが無料公開

1999年より、NASAの地球観測衛星テラは日本の経済産業省のために地球表面の熱放射を捉え続けてきました。その画像がようやく一般公開されるようになりました。 撮影された画像は合計295万枚。特にすご... 続きを読む

ロシア、新基地でのロケット打ち上げに成功。しかし怒れる男プーチン

詳細がいちいちロシアっぽくて良いですね。 ロシアは新しい宇宙基地ボストーチヌイからのロケット打ち上げに成功しました。しかし24時間の遅れがあったそうで、これを観るだめだけに約5,500キロを飛んでや... 続きを読む

10個以上の巨大ブラックホール、なぜか同じ方向にエネルギー放出

宇宙の巨大構造が垣間見える? 宇宙のはるか遠くの空間で、謎の現象が起きています。1ダースほどの超大質量ブラックホールが、そろって同じ方向に大量のエネルギーを放射しているんです。それは偶然かもしれませ... 続きを読む

SpaceX、2年後には火星に無人宇宙船を送ると発表

相変わらず展開が速い。 幾多の失敗にもめげず、先日ついにロケットの海上着陸に成功した、イーロン・マスク率いるSpaceX。しかし、それで満足するような男ではありませんでした。現地時間28日、同社は「... 続きを読む

ティモシー・ピークさん、フルマラソンの「宇宙新記録」を樹立

さすがの身体能力。 現地時間24日、ロンドン・マラソンが開催され、ケニアのエリウド・キプチョゲ選手が世界歴代2位となる好記録で優勝しました。しかし時を同じくして、世界どころか「宇宙新記録」が生まれて... 続きを読む

日食で見えた太陽系の「目」

3月は、日本でも部分日食を観察することができました。見る場所によってはこんな面白い見方もありました。が、この日食の画像もかなりパンチが効いています。 まるで目のように見えるこの画像は、2つの日食画像... 続きを読む

世界最大馬力のロケットテスト施設、これまたデカイ

しっかりテストしてください。 NASAのロケットが宇宙に行く前にやること、それはありとあらゆるテストを受けることです。アメリカはアラバマ州にあるマーシャル宇宙飛行センターのビルディング4619にはロ... 続きを読む

宇宙エレベーター、実現したらいったいどうなる?

人類史上最大の建造物になるでしょう。 YouTubeチャンネルのKurzgesagtがある問いについて思案しています。その問いとはずばり、宇宙エレベーター! はたして宇宙エレベーターの建設は実現する... 続きを読む

準惑星ケレスの光る塩を捉えた写真。水分が存在する可能性もみえてきましたよ!

これ、ニキビじゃないですよ。 準惑星ケレス(セレスとも)、謎の光る点がエイリアンの秘密基地ではなくて塩だったというニュースが夢見るSFボーイたちをがっかりさせてしばらく経ちました。 しかしそこはNA... 続きを読む

太陽系外への探査計画を発表したホーキング博士のインタビュー映像

話を聞くだけでもワクワクしてきます。 理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士とロシアの実業家ユーリ・ミルナー氏が、太陽系に最も近い恒星に超小型の探査機「ナノクラフト」を打ち上げる計画を発表しまし... 続きを読む

粒子加速器、木星恒星化…人類が太陽系を破滅させる12の可能性

どれも良かれと思ってのことなんですが…。 人類はより豊かで快適な生活を求めて文明を発達させてきましたが、その結果地球環境を破壊していて、認めたくないけどところどころ本末転倒です。だから現代の最先端、... 続きを読む

NASAが火星のために開発したガス探知センサー、ドローンとセットで地球にて役立つ

マーズもいいけど、アースもね。 人類はいずれ火星へと移り住むかもしれませんが、まぁ、大多数の人にとってまだまだ地球での生活が最優先事項です。なので、NASAが火星のために開発したセンサーが地球で役に... 続きを読む

1つで体中のトレーニングが可能。NASAが開発した超コンパクト運動器具

「NASAが開発」っていうワードに弱いんです。 宇宙空間に長く滞在すると、無重力の影響で体中の筋力が落ちるといわれ、ISS(国際宇宙ステーション)に滞在する宇宙飛行士の方は、毎日およそ2時間をトレー... 続きを読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑