なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
Science

輪っかを変形させてコロコロ進むロボット

Screenshot: ギズモード・ジャパン/YouTube 超シンプル、でも大活躍の予感!? 私たちにポケットにすっぽり収まるスマートフォン。どんどんハイテクで複雑な作りになってきています。一方、ロ... 続きを読む

発見された新種は「陸上最大のメガ恐竜」だった

Image: Eden, Janine and Jim/Flickr 史上最大の陸上動物決定! アルゼンチンで4年前に発見された6体の恐竜の化石。ついに科学者たちがこの謎の化石についての調査結論を発表... 続きを読む

古代類人猿の頭蓋骨の化石が見つかったけれど...

Image: Fred Spoor 研究とは異なる見方にも注目。 1300万年前の幼い類人猿の頭蓋骨が北ケニアの地層から発見されました。ほぼ完全な状態の頭蓋骨を発見したのはニューヨーク州立大学ストーニ... 続きを読む

珍しい青い花は科学の力で作れるか

Image: Science Advances 自然の中に存在する「青」色は意外に珍しいものなんです。もちろん天気が良い日は空は青いですし、海だって青いですよね。でも大多数の植物や動物は青い色素を作れ... 続きを読む

「社会的順位」がうつ病の原因になってしまうらしい

Image: Pixabay 社会的に地位が低いと、うつ病になるかもしれないって…!? もはや現代病と言っても過言ではないくらいに、メジャーな病気となったうつ病。年々患者数は増えており、自分がうつ病を... 続きを読む

バイブがある絶滅危惧種を救う

Image: Courtesy of Donald McKnight カメは約2億1000万年前の三畳紀後期から存在する生物ですが、淡水に住む約半分の種が絶滅の危機にひんしています。それを喰いとめるに... 続きを読む

「世界最小のチップ型衛星」が衛星軌道上に送られる

Image: Zac Manchester 大きな夢に近づく、一歩。 理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士とロシアの実業家ユーリ・ミルナー氏率いる地球外知的生命体探査計画「Breakthroug... 続きを読む

超クール! 低温物理でメビウスの帯を浮かびながら走り続ける超伝導体

Image: Ithaca College Physics/YouTube グルグルグルグル…永遠に見ていられますね! 帯の片側だけを180度ヒネって繋いだメビウスの帯 。表裏が地続きで帯をなぞると終... 続きを読む

海の底に恐ろしく長生きな生き物がいた。その姿は…

Image: The Chemo III project, BOEM and NOAA OER 深海の生き物は不老不死。みなとてつもなく長生きです。 水深30mの浅瀬に棲む魚は生きてもせいぜい12年が... 続きを読む

iPS創薬がついに実現へ。京大病院が世界初の治験を近く実施

Image:Pixabay ついに、iPS細胞を使って薬が作られるように。 将来、実用化が期待されているiPS細胞。なんと、このiPS細胞を使った治験を、京都大学医学部附属病院が世界で初めて行ないます... 続きを読む

欧米人男性の精子の数がガツンと減っている

Image: mastapiece/Shutterstock.com 男性諸君!聞いてください…男性の体になんだか奇妙なことが起きているみたいですよ。 過去数十年で、欧米人男性の精子の数が著しく低下し... 続きを読む

アメリカが初めてヒト受精卵の遺伝子編集に成功

Image: nobeastsofiere / Shutterstock.com 倫理的物議をかもすデザイナーベイビーの誕生にまた一歩近づいたんでしょうか。 ヒトの遺伝子工学においては、アメリカより中... 続きを読む

犬と暮らせるのは、奇跡なのかもしれない

Image: Shutterstock 初めて飼われたオオカミが人類に永遠の忠誠を誓ったのかも。 はるか昔から人間の良き友である犬。狩猟時代には狩りの仲間として人間を助け、今ではペットとして私たちを癒... 続きを読む

犬と暮らせるのは、奇跡なのかもしれない

Image: Shutterstock 初めて飼われたオオカミが人類に永遠の忠誠を誓ったのかも。 はるか昔から人間の良き友である犬。狩猟時代には狩りの仲間として人間を助け、今ではペットとして私たちを癒... 続きを読む

飛び抜けろ超電導体!高速でメビウスの輪の上を走り続ける姿が未来感ハンパなし

Image: Ithaca College Physics/YouTube メビウスの輪と超電導、もう満腹。 ハイパーループ、空飛ぶタクシー、自動運転車と幼い時に思い描いていた未来の到来を予感させるよ... 続きを読む

本物の心臓にかなり近づいた、3Dプリンターで作られたシリコン製の人工心臓

Image: ETH Zurich 心臓も3Dプリンターで作れる時代に突入です。 チューリッヒ工科大学のNicholas Cohrs氏率いる研究チームは、本物のように動く柔らかい人工心臓を開発しました... 続きを読む

地球の裏側はブラジルだと思ってません? 対蹠地MAPでチェック

antipodesmap via IFLScience 日本から穴を掘るとブラジル。オリンピックでも土管でブラジル行ったしね。 な~んて思っていたアナタは今話題の対蹠地マップ「AntipodesMap... 続きを読む

大腸菌のDNAにGIF画像を保存…してどうするのかって?

Image: Seth Shipman / Harvard University 生きたDNAストレージの可能性。 DNAには、たとえば人間のなら髪の色とか体型とか血液型など、小さな体積に膨大な情報... 続きを読む

地球のコアってどのように動いているか知ってる? 「ダイナモ理論」のシミュレーション動画

Image: N. Schaeffer/ISTERRE via CNRS News ウネウネしてる。 S極とN極を持つ巨大な磁石である地球。その磁場は、私たちを破壊しようとする強力な太陽粒子から守って... 続きを読む

太陽の上を歩いたらどうなる? 専門家とミュージシャンに聞いてみた

Image: Room 76 / Shutterstock.com 聞いてみるもんですね…。 今週7月18日は、Smash Mouthの「Walkin' on the Sun」のリリースから20周年だ... 続きを読む

アメリカが動く。DARPA、脳とコンピュータをつなぐ研究に約74億円の投資

Image: agsandrew/Shutterstock.com 2021年までに、ブレークスルー来る? 昨今、人間の脳とコンピュータをつなごうとする動きがあちこちで起こっています。Facebook... 続きを読む

SFの世界にまた一歩! 中国の研究チームが地上と通信衛星間の量子テレポーテーションに成功

Image: Timm Weitkamp/Wikimedia Commons ついに宇宙にワープできる時代に...? 中国の研究チームが、昨年の夏に打ち上げた量子通信衛星「墨子」を使って、地上と通信衛... 続きを読む

5,000年前の中国では身長約180センチ越えの集団が存在していた

Image: University of Shandong その遺伝子少しわけてほしい…。 中国の山東省で5,000年前のものとみられる、長身の集団の遺骨が発掘されました。彼らは新石器時代に生きていて... 続きを読む

1細胞レベルでガンの転移が確認できる新技術。東大と理研がマウスで実験成功

Image: Pixabay ガンが転移しても、治療できるようになるかも…!? 生涯のうちに、2人に1人は発症すると言われている、ガン。進行すると、ほかの場所へ移って腫瘍を形成する「転移」が起こること... 続きを読む

21世紀の化石ってこういう感じ。3Dプリント中にハエが入り込むと...

Image: Richard Johnston 人間の何気ない行動にハエが巻き込まれることって(ハエにとっても人間にとってもお互いに)、結構ありますよね。 近くをウロウロされただけで落ち着かないという... 続きを読む

カエルは白亜紀最強のサバイバリスト? 隕石も地殻変動もケロリ

Image: KPG_Payless / Shutterstock.com日本でおなじみのアマガエル かわいい顔して恐竜よりタフ? 6600万年前、地球に小惑星が体当たりしてきました。衝突時に放出され... 続きを読む

モノは使いよう。タバコの吸いがらで×××を撃退する鳥

Image: Andy Reago & Chrissy McClarren/Flickr/Ryan F. Mandelbaum- Gizmodo US 鳥だからって、なめんなよ! オレら小さくても... 続きを読む

チャーミングな粒子をCERNが発見、物理学の標準理論に修正を迫るか

Image: Ryan F. Mandelbaum / Gizmodo US 可愛くてレアな粒子の組み合わせ。 スイスの欧州原子核研究機構(CERN)にある大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の研究チー... 続きを読む

小惑星に宇宙船をぶつけて地球を守るNASAの技術、設計フェーズへ

Image: NASA.gov Video / YouTube 核で迎撃よりはソフトな感じ。 太陽系には地球や火星のような惑星以外にも小さな惑星が無数にあり、そこから宇宙の歴史がたどれるなど、我々に夢... 続きを読む

ミツバチの脳が未来のカメラに影響を与えるかも?

Image: satephoto / Shutterstock.com ミツバチの小さな脳が、私たちが使うカメラにそのサイズ以上の影響を与えるかもしれません。 とある研究家のグループが、ミツバチの色の... 続きを読む
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑