なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
SKILL

口ベタでも大丈夫。「うまい質問」のスキルを身につける方法

質問を上手に使えるようになると、世渡りが非常にラクになります。(中略)縦横無尽に「質問」を繰り出せるようになれば、たとえ「口ベタ」な人であっても、コミュニケーション力は劇的にアップします。では、そんな「うまい質問」を臨機応変に繰り出せる“

「なかなか取りかかれない気持ち」を改善する方法

時間を有効活用することは、ビジネスパーソンの必須条件。とはいえ現実的には、なかなか難しいことでもあります。そこで活用したいのが、きょうご紹介する『時短術大全』(生産性改善会議編、KADOKAWA)。スケジュールの管理術にはじまり商談・会議

ウイスキーの風味や香りを堪能する「ノージング」のやり方

ウイスキーのテイスティングをする時に、鼻をウイスキーグラスに近づけて、匂いを嗅ぐことを「ノージング」と言います。グラスによっても匂いは異なりますが、ノージングには決められた方法があります。

ウイスキーの風味や香りを堪能する「ノージング」のやり方

ウイスキーのテイスティングをする時に、鼻をウイスキーグラスに近づけて、匂いを嗅ぐことを「ノージング」と言います。グラスによっても匂いは異なりますが、ノージングには決められた方法があります。

食器洗浄機の乾燥時間を短縮するコツ

食洗機に食器を入れて早く乾かないか待つ時間は案外長いものです。その時間を短縮する方法があれば、ぜひ使ってみたいですよね。CNETによれば、食洗機の乾燥時間を短縮する方法があるというのです。

反応が薄い部下にはどう接するべき? 「部下への言葉がけ」のコツ

マーケティングやロジカルシンキング(論理的な問題解決手法)をおもなテーマとして研修・セミナー講師の仕事を手がけて30年になるというのは、『部下のやる気を引き出すワンフレーズの言葉がけ』の著者。階層別の教育研修を行う機会も多く、管理職向けの

他人軸から自分軸へ。「敏感すぎる人」が自己肯定感を高めるためのコツ

『敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法』(根本裕幸著、あさ出版)の著者は、心理カウンセラーとして17年間にわたり、のべ2万人におよぶ人々の心と向き合ってきたという人物。ところが社会人になったばかりの20年前には、自己否定感に苛

大勢の人前で話す人は「とにかくマイクを使いやがれ」です

講演やスピーチをする人が舞台上で一番言わないほうがいいのは「マイクなしでも私の声が聞こえますか?」という言葉。聴衆のなかには、声が聞こえにくい人がいるからです。補聴器を付けていたとしても、万能とは言えません。どのように対処すべきでしょうか

小学生でもわかる。問題解決のための考える型「SCAMPER」とは?

『10歳でもわかる問題解決の授業』(苅野進著、フォレスト出版)の著者は、経営コンサルティング会社を経て、小学生向けに「問題解決力」「論理的思考力(ロジカルシンキング)」を高めるための「考え方」を教えてきたという人物。経営コンサルタントが数

アイデアは天才でなくても生み出せる。考えるための基本フレーム「リボン思考」とは?

東大の教養学部で学生が殺到する授業が、「ブランドデザインスタジオ」(通称:考える力の教室)。「過去を知る学び」を得意とする東大生に「新しいものを生み出す思考法」を体系的に学ばせたいという思いから、2011年にはじまったのだそうです。きょう

これからの時代に「独学術」が重要である理由

『最強の独学術自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」』(本山勝寛著、大和書房)の著者は本書の冒頭で、貧しい家庭に育ったことを明かしています。高校時代は親が家におらず、収入はゼロだったため毎日アルバイトを続けてきたのだとか。しかし自

イラストでわかる! 誰でも実践できる「プレゼンのテクニック」

しっかり準備して抜かりはないはずのプレゼンテーションなのに、聞き手を飽きさせてしまったり、会議が盛り上がらなかったり、あるいは企画がなかなか通らなかったり…。誰しもが経験する悩みかもしれませんが、それはきっと「ジェスチャー不足」のせいだと

テキストを読む時間がないなら、斜め読みするといい

突然ですが、教科書や資料を読むのって、なかなか大変ですよね。すみからすみまでしっかり読めるのが理想ですが、もっと現実的な方法「斜め読み」をご紹介します。素早くテキストを読めるようになりますよ。

新人マネジャーが抱きがちな「5つの誤解」とは

本書は、マネジャー(管理職)に昇格したばかりの人、マネジャーとして孤軍奮闘している人、マネジャーの職務の壁にぶち当たって困惑している人、そうしたマネジャーを指導する立場にいる経営層、そして将来のマネジャー候補の人向けに、世界の俊英が書いた

「生産性」に取り憑かれた男は、そこからなにを学んだか?

『世界一の生産性バカが1年間、命がけで試してわかった25のこと』(クリス・ベイリー著、服部京子訳、TAC出版)とは、なんともインパクトのあるタイトルです。著者は高校生のころ「生産性」に関心を持ちはじめたそうで、以来この10年の大部分に生産

5年後にリーダーになる人と、部下のままの人の違いとは?

ご存知のとおり、『君を成功に導く49の言葉〜5年後リーダーになる人5年後も部下のままの人』(岩田松雄、大和書房)の著者は、スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップでCEOを務めてきた人物。2013年にリーダー育成のための(株)リ

「言えない」では何も解決しない! 言いにくいことを伝えるトレーニング法

「人間関係のつくりかた」がわからず、自信が持てない人が増えていると指摘するのは、『言いにくいことを伝える技術〜もう振り回されない!ストレスフリーな人間関係を一瞬で手に入れるスキル〜』(大野萌子、ぱる出版)の著者。産業カウンセラーとして、長

移動中でも耳から情報をインプットする。ChatCastを運営するiDEAKITT代表・藤田遼平さんの

敏腕クリエイターやビジネスパーソンに仕事術を学ぶ「HOWIWORK」シリーズ。今回は、チャットを使った会話型コンテンツを作れるサービス「ChatCast(チャットキャスト)」などを運営する、株式会社iDEAKITT(アイデアキット)の藤田

日本マイクロソフトのエバンジェリストが教える「資料作成」のコツ

資料を作成する際、「どうすればわかりやすくできるのか」と頭を悩ませることは少なくありません。そこでぜひとも活用していただきたいのが、『実例で見る!ストレスゼロの超速資料作成術』(西脇資哲著、あさ出版)。日本マイクロソフト株式会社業務執行役

キャリア好転につながる「自信のある話し方」をするためのコツ

自信があるように見せる(ただし傲慢にならない程度に)ことで、キャリアは好転します。上司との1対1の面談でも、チームを前にしたプレゼンでも、自信を示すうえで重要な役割を果たすのが、声。そこで、あなたの発言に影響力を持たせるための声の出し方を

暗い場所で写真をうまく撮る秘訣10選

暗闇は写真の敵。でも、ホラーファンである私はずっと、薄暗くて気味の悪い場所でうまく写真を撮る方法を探していました。そこで、専門家に聞いて学んだことをご紹介します。大口径のレンズを使う光の少ない場所での撮影には、道具が重要です。特にレンズ。

「目に見える世界」だけを見て、結論を急ぐべきではない。本質を導き出すために重要な「検証力」とは?

ウェブを検索して情報を集め、ロジックをつくり込み、パワーポイントの資料に落とし込んで企画書が完成。その時点では充実感があるものの、いざ「成果が出せるのか?」と問われると急に自信がしぼんでいくことに…。そんな経験は、誰にでもあるのではないで

外国語を早く習得するための、5つのヒント

Inc.:数々の研究により、第二言語を学ぶことで、問題解決能力や集中力が高まり、年齢による脳の衰えが抑えられることがわかっています。もちろん、仕事や私生活において、より多くの人々と話せるようになり、より多くの国々で旅行が楽しめるというメリ

最愛の夫を亡くしたFacebook COO シェリル・サンドバーグが学んだ、人生を打ち砕く経験から回

『OPTIONB(オプションB)逆境、レジリエンス、そして喜び』(アダム・グラント著、櫻井祐子訳、日本経済新聞出版社)の著者であるシェリル・サンドバーグは、Facebook(フェイスブック)のCOO(最高執行責任者)。慈善活動家、ビジネス

上司から意味なくキレられたらどうすべき? 「異情」な人に向き合う時の心がまえ

きょうご紹介したいのは、『「異情」な人々』(和田秀樹著、フォレスト出版)。「異情」とは聞きなれない言葉ですが、これは精神科医である著者による造語です。「異情」は、「他の人と異なる感情」という意味ではありません。私が「異情」に込めた意味はこ

不快な人に対処するための4つの心がまえ。鍵は「共感力」?

最近の「マインドフルネス」ブームでは、マインドフルネスという心構えがもたらす、実にさまざまなメリットがうたわれています。よく眠れるようになった、生産性が上がった、無駄な間食を我慢できるようになった、といった話はよく耳にしますが、さらに、も

「Web担当者」になったらまず知っておきたい、サイト運営の基本

Web制作会社としての立場から、業種業態を問わずさまざまな企業と仕事をしてきたと明かすのは『「あるある」で学ぶ右肩上がりのWebマーケティング』(山道正明著、インプレス)の著者。特筆すべきは、そのような環境に身を置くなかで、「Web担当者

プレゼンやスピーチでの箇条書きはNG:研究結果

多くの専門家が指摘しているように、プレゼンやスピーチにおいて、箇条書きはあまりオススメできません。過剰書きの資料は、脳の一部にしか訴えかけないようです。

「脳」の作業効率を高めるには、いつなにをすべきなのか?

『いつもの仕事が倍速で進む活脳スイッチ』(西多昌規監修、永岡書店)の監修者は、脳科学に関する多くの著作を持つ人物。本書では「活脳」をテーマに、脳科学に基づいた125種もの“活脳テクニック”を明かしています。それは、脳をマネジメントすること

Googleスクリプトを使って、スプレッドシートから自動でメールを送信する

Googleスクリプトを使って、GoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントから自動でメール送信が行える方法をご紹介します。
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑