なまぽ なまけものぽーたる

自分好みのニュースを好きなだけ。休日や暇な時間をなまけて過ごす「なまけものぽーたる」
SKILL

「SNSで仲間はずれにされちゃった感」を上手に回避する方法

FOMOという言葉を知っていますか? Fear Of Missing Outの略で、ソーシャルグループで自分だけ仲間はずれにされているのではないかという不安を意味します。多かれ少なかれ、あなたも感じたことはありませんか? この記事ではその

「うまくなる人」になるために、自分の行動を1つ1つ「分解」してみよう

私が提唱している行動科学マネジメントとは、アメリカのビジネス界や教育界などで大きな成果を挙げている行動分析学・行動心理学をもとにしたマネジメント手法を、日本人に最適な形にアレンジしたものです。すでに多くの企業に導入され、組織の現場を変えて

初心者にもiPhoneで綺麗な写真を撮る方法がわかるサイト

スマートフォンのカメラは、自撮りをするためだけのものではありません。iPhoneできちんとした写真を撮ることもできれば、使い込んでいけば映画を撮ることもできます。実際、本当に良いものであれば、スマートフォンで撮った写真でお金も稼げます。

インスタントラーメンにかける価値のある「ひと手間」4選

先週読者の皆さんからインスタントラーメンのアレンジの仕方を募ったところ、嬉しいことに、面白いアイデアがたくさん寄せられました。 とても興味深いアイデアがたくさんあり過ぎて、残念ながら全部をご紹介することはできないのですが、私が実際に作っ

自分の言動で後悔したり引きずらなくなる「7秒間ルール」

自分の発してしまった失言に対して、7秒以上考え込むのは時間のムダなので、くよくよせず7秒そのことに対して考えたらそれ以上考えないようにしましょう。

ビジネスシーンでは思った以上に「見た目」が大切。「どう思われたいか」の戦略を持とう

『ビジネスという勝負の場は一瞬、しかも服で決まる』(木暮桂子著、ダイヤモンド社)の著者は本書の冒頭で、アメリカの文献のなかから見つけたという「面接で、面接官が不採用にした理由のトップ10」を紹介しています。□ 個人の外見が貧弱□ 横柄、過

暴走するトロッコを止めるか止めないか。「思考実験」によって身につく大切なこと

有名なものからオリジナルまで、33種もの「思考実験」を掲載しているという『論理的思考力を鍛える33の思考実験』(北村良子著、彩図社)は、いわば誰にでも試すことができる思考実験の入門書。しかし、そもそも思考実験とはなんなのでしょうか?なんだ

「ダメ出しメール」を上手く書くコツ

褒め言葉も含めつつ、改善点を提示することによって相手にとって有益なフィードバックメールを書くことができる。

「本当に学ぶ価値のあるスキル」の見分け方

「これから習得するとしたら、ベストなスキルは何ですか?」 これは、ユニークな洞察力を持つ人物が質問に回答する情報共有ネットワーク『Quora』に掲載された質問です。 今回の回答者は、SafeGraph社とfmr LiveRamp社でC

相手をイラッとさせないために意識しておきたい「ビジネスメール」の注意点

・ お願いのメールをしたら、相手からなかなか返事が来ない・ 返信が来たと思ったら、なぜかずいぶん怒っている・ メールをした取引先が、その後よそよそしい態度を取る(「はじめに」より)誰しも少なからず、メールに関して上記のような経験をしたこと

会議のファシリテーションに使えるフレーズ集

退屈な会議を少しでもまっとうなものにしたいという思いは、すべてのビジネスパーソンに共通するもの。そこで近年脚光を浴びている「ファシリテーション」のスキルに注目すべきだと主張するのは、『【実用のことば】会議を変えるワンフレーズ』(堀公俊著、

歴史上の英雄たちに学ぶ「リーダーシップ5カ条」

歴史に残る有名な戦略家たちがどのような「リーダーシップ」を発揮したか、5人の英雄を元に説明。

世界に注目される日本人の英語教師に聞いた「イノベーティブな英語の学び方」

2017年1月25日、世界的な教育企業であるピアソンが「ELTTeacherAward」の受賞者を発表しました。この賞は、イノベーティブな英語教育を実践している英語教師に贈られるもので、世界108カ国から集まった、1300名を超える応募者

Wordが突然クラッシュしても、バックアップファイルを使ってファイルを復元できる

MakeUseOf:やったはずの仕事をもう一度やらなければならないのは最悪です。何時間もかけた資料作成がもうすぐ終わるというところで、マイクロソフトのWordがクラッシュしてしまったら、すべて台無しです。もちろん、保存のショートカットキー

元司令官が教える「部下を不安にさせないリーダーのあり方」

部下たちを不安にさせないために、上司は前線で実際に何が起きているか見るべきである。また、チームがミッションに集中できるように上層部とチームの緩衝材になるように働くべきだという。

力尽きたときのためのレシピ 〜超簡単に作れるズボラ飯〜ほか〜木曜のライフハック記事まとめ

6月になりました。じめじめとした梅雨の季節が始まろうとしています。最近疲れて自炊が手に付かないといった方は『力尽きたときのためのレシピ 〜超簡単に作れるズボラ飯〜』をチェック!簡単に作れるレシピが並んでいますよ。

人の「表情のクセ」は3種類。自分がどのタイプかを見極め、心の負担を跳ねのけよう

世の中にはいろいろな職種の人がいて、それぞれの環境で、それぞれのストレスを感じているもの。しかし、いちばんストレスを受けるのは宇宙飛行士だと指摘するのは、『「心の負担」を跳ねのける方法』(川口祐吾著、フォレスト出版)の著者。NASA(アメ

上司に仕事を「丸投げ」された時の対処法

サイボウズ株式会社のオウンドメディア「サイボウズ式」のこちらの記事より転載いたします。サイボウズ式編集部より:チームワークや働き方に関するコラム「ブロガーズ・コラム」。先月、読者のみなさまからご相談を募集したところ、たくさんのお悩みが届き

そのタスクが本当に重要なタスクか見極める質問

生産性に関するあれやこれやの情報、アプリ、システム手帳がいくらでも手に入る昨今、最優先事項を把握するのは難しくないはずです。しかし、その日にやるべきタスク、たとえば、記事を書く、プレゼンの概要を書き出す、ワークアウトをするなど、がすべて最

TEDトークに学ぶ、プレゼンテーションを短時間に収める唯一の方法

Inc.:先日、今年のTEDカンファレンスで目立っていたスピーカー2人と直接話す機会がありました。2人とも、ディープな科学に関する著書がある大学教授です。TEDは時間制限が厳しいことで有名であり、彼らが短時間に情報を詰め込むテクニックは、

長時間労働をやめれば成果は上がる

Inc.:ビジネスの目標をすべて達成できるとして、しかもそのために多くの時間を割く必要がないとしたら、あなたはそのチャンスに飛びつきますか?大半の人が、Yesと言うでしょう。でも実際は、多くの起業家が反対のことをしているのが現状です。がん

「早稲田塾」創始者が教える、世界のエリートの目のつけどころと考え方

『世界のエリートが実践している目のつけどころものの考え方』(相川秀希著、キノブックス)の著者は、大学2年生だった1979年に「早稲田塾」を設立した人物です。早稲田塾といえば、一般的な塾とは異なるアプローチを実践してきたことで有名。もっとも

あらゆるビジネスシーンで使えるメソッド「ルール・オブ・スリー」とは?

ルール・オブ・スリーは直訳すると「3の法則」。これは、考えを「3つ」で整理する、そして、その考えを誰かに伝えるときも「3つ」で伝える、という極めてシンプルなコンセプトを表現する言葉です。(「はじめに」より)『ルール・オブ・スリー「やるべき

ドラマを見る感覚で英語リスニング力が身につくアプリ

『究極の英語リスニング』は、英語のリスニング力を磨くためのアプリです。日常生活、ビジネスでの会話から、海外旅行での会話など多種多様な場面に対応できるリスニング力を厳選された英単語から構成されたスキット(寸劇)で身につけていくことができます

就職に有利なお勧めのプログラミング言語16選

「ソフトウェアが世界を飲み込んでいく」――ベンチャー・キャピタリスト、マーク・アンドリーセン(Marc Andreessen)氏の有名な言葉だ。 ソフトウェアには、(当たり前だが)プログラミングする人が必要だ。あなたもチャレンジしてみては

「自分を実際より賢く見せるテクニック」9つ

遺伝的なことは変えられませんが、実際より賢く見せる効果が実証済の戦略がいくつかあるので、以下にご紹介します。中には「え、ほんと?」と思わせるものもありますが、実践するとかなりの差が出ます。誰かを自分の考えに引き寄せたいときは、ぜひ実行して

“小さすぎて失敗すらできない”ことを習慣化することが、やがて大きな結果につながる

小さな習慣とは、毎日これだけはやると決めて必ず実行する、本当にちょっとしたポジティブな行動です。“小さすぎて失敗すらできない”ものなので、気軽に取り組むことができ、それでいてびっくりするほど効果があるため、新しい習慣を身につけるには最適な

仕事ができる人は「走り方」も違う? 「3Sメソッド」を活用して自分の能力をフルに発揮しよう

『仕事ができる人の「走り方」』(青山剛著、日本実業出版社)の著者は、ランニング、トライアスロン、クロストレーニングのプロフェッショナル・コーチとして活躍する人物。競技者のみならず初心者、子ども、タレント、経営者まで、さまざまな人々に指導し

自分の強みを知ることができる「ストレングス・ファインダー」とは?

分野に関係なく、自分の「強み」を伸ばす機会を持つことは、職種や肩書、そして給料の額よりも、成功するために重要なことなのである。能力重視の傾向が強まっている今日の社会で自分が何に適しているかを把握するためには、自分の「強み」を知り、それを伸

実用的文章においては「新聞記事のような文章」はNG? 文章を読みやすくする接続詞の重要性

『文章が一瞬でロジカルになる接続詞の使い方』(吉岡友治著、草思社)の著者は、駿台予備学校、代々木ゼミナール講師を経て、現在はインターネット講座「VOCABOW小論術」の校長を務める人物。本書の冒頭では、テーマとなっている接続詞について次の
http://folivora.me/は、管理人が普段見ているサイトの更新情報を自動でまとめたサイトです。
はてなブックマーク、FACEBOOK、Twitter、livedoorClip、Yahoo!Bookmark、Tumblr、FC2Bookmark、Google+の共有ボタンがついています。各ブックマーク・共有サービスを使って、ジャンル毎に記事をブックマークしていくと、後で読むのに便利です。
PAGE TOP ↑